リワード機能がリリースされました!
獲得したリワードを確認してみよう!

0000515access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり
ハンドルブレースバー

フレーム
SW-MOTECK クラッシュバー
MOTOFIZZ ツーリングフックバー MF-4504
KAPPA P.VALIGIE LAT.パニアステーKLR3105(GIVI PLR3105互換)

外装
デイトナ(Daytona) スクリーンマウントバーホルダー V-Strom1000(14~18)用 96853

電装
スフィアLED RIZING II(H7、H9/11)
SIRIUS シリウス:LEDフォグランプセット

駆動系

エンジン
DAYTONA デイトナオイルフィラーキャップ 【M20×P1.5】

ラジエーター
ラジエーターグリルガードカバー スズキV-Strom1000用 ステンレス鋼 約390mmx195mm

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ
HEPCO&BECKER  Orbit TC54(610-290-001)
Orbit TC54用バックレスト(700-321)
HEPCO&BECKER ALURACK(トップケースホルダー650-3530-0101 )
アマチュア無線機 DIAMOND FT1XD 144/340デュアルバンド
インカム KTEL-KTM133N
変換アダプタ DIAMOND CT-44
アマチュア無線 ケーブル DIAMOND 2D4SR(4m)
アマチュア無線 アンテナ DIAMOND AZ510FMH(144/430、AM/FMラジオ対応)
アマチュア無線 アンテナ基台 DIAMOND K44L
GIVI E22N(海外仕様のリフレクタ付き)
YUPITERUナビ YPB734(2018年春版マップルナビPRO3) 取付ステー一部自作
SUZUKI スズキ:95700-31860-000 ヘルメットホルダー(チョイノリ用流用)
US SUZUKI 北米スズキ純正アクセサリー:990D0-31JA4-PAD Small Tank Pad Protector
GIVI(ジビ) サイドケース TREKKER ALASKA ALA36A PACK2


装着パーツ合計金額 ¥154,500 (税抜き定価)

コメント

購入動機・用途・比較車種 GSX-S1000Fからの乗り換え。
Ninja250R、GSR750、GSX-S1000Fと来て次はSSと思いつつ心境の変化。
S1000Fは峠、特にコーナリングが楽しいバイク。
十分楽しんだので、今度はスピード控えめで景色でも眺めながら気楽に乗れるバイクが欲しいと思ったから。

次の車検まであと1年あるが、ボチボチ中古車をNETで眺めていた。
Vスト1000の中古は球数そのものが少ないので、選びようが無い(笑)

この子は、オプション充実で付けたいモノはホボホボ付いてる、走行距離4000km、2014年式の2016初年度登録、車検残り1年半。条件は良いが2017年式以降が欲しかったので1週間放置。まだ売れてないみたいなのでバイク屋に出向いて確認。系列店から運んできて戴き細部をチェック、でも凄く綺麗、手入れが行き届いている感じ。
ダメなところを探してもみつからない、、出会いはこんなものか。一目惚れだ。

実は2017以降より、2014-16式の方がフロントウインカーの位置が好み。
2017以降の制御系は、、、いらないかな。

実車を見て跨がってみたら両足の指の根本まで付くので、これなら足付きは大丈夫だと。身長は171cm股下80cmですが大丈夫そう。

下取価格、追い金、納車条件(オイル類交換してね)などなど含め、条件に適合。
GSX-S1000Fは2016年式、乗り換えると2年遡っちゃう。が、、
もう1週間考えて、、、、契約することにした。
長所・満足な点 山登り楽です。急な駆け上がり下りのヘアピンでも、楽に走れます。
燃費も良い感じ、低速ギア使いまくりで100kmの慣らし(私の)で23.7km/L走ってました。2日間200kmでは25.1km/L。普通に使えば26.0km/Lを狙えそうな好燃費です。
およそ10000km/年走っての燃費は、燃費計最高数値28.3km/L、最低21.3km/L(渋滞大ハマり)、満タン法最高27.2km/L(下道のみ)、最低21.0km/L(渋滞大ハマり)です。平均では、満タン法で24.5km/L以上。郊外の下道と峠がメインですが、好燃費です。
ゆっくり走っても似合うバイクなので、ゆとりを持って走れる様になりました。平地より山道のアップダウンが楽しい。
短所・不満な点 足つき性はイイとは言えない。でもそんな程度の短所?と言うのかな。
ライダーの体格の問題だから、バイクの短所ではないけど。
安全優先でローシートにしてみたら足つき性がかなり改善されて、信号停止時は片足踵まで付くレベル、安心が増したので暫くはローシートのままにしてみる。
これから買う人へのアドバイス 跨がってみて問題なければお勧め。大柄の車体を操る楽しみが増えます。
そろそろスピードに飽きた人にもお勧め。バイクで自然や景色を楽しむ楽しみ方も良いですよ。

(1) タイヤの話。不整地は、まず走らないためミシュランのロード5TRAILにした。パターンのせいかロードノイズは聞こえるけど、邪魔にならないレベル。バンクさせても安定してるので安心して走れます。他銘柄よりちょっと高いくらいならリピートですね。10000km走ってもまだ山が十分残っています。タイヤは次回もリピートになると思います。(追伸)13366km走ってタイヤ交換しました。ほぼ満遍なく前後とも減っていましたが、比較的に前輪の方が減っています。特に前輪の右側なので右旋回をもう少し抑えて走れば、もうちょっとライフが伸びそうです。価格は高めでもライフが長いので比較的にお買い得になります。

(2) ローシートはお尻が痛いか?と思いきや。普通の薄手のライディングパンツで4時間程度のツーリングなら全然問題なし。革パンならなおさら。純正ローシート良いよ。

追記(202307)すでに3年10か月乗ってます。距離も30000km以上で、一言で言うとこのバイクはいい。買い替えたいと思わない。
神奈川から長野経由で新潟までのオール下道ロングツーリングもへちゃら。体力があるうちの最後の締めバイクに最適。峠道が楽しいですね。特に急坂ヘアピンなど難所の多い峠が楽です。これからの人生、いろいろなバイクに乗りたい人にはお勧めしません。他のバイクを十分堪能してからVストにすると良いですよ。
今後のカスタムプラン ドラレコ付けたい

スズキ Vストローム1000の価格情報

スズキ Vストローム1000

スズキ Vストローム1000

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

76.49万円

価格帯 69.8~79.8万円

諸費用

7.94万円

価格帯 7.64~12.21万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

84.43万円

価格帯 77.44~92.01万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 Vストローム1000
年式 2014 年式
排気量 1036 cc
購入/試乗時期 2019/9/6
走行距離 およそ 15628 km
燃費 およそ 24 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ オールラウンドなバイクが欲しい
特にここがすごい 走っていて疲れにくい

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 98点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
  • 燃費

    【今回の走行距離】:176.7km
    【給油量】:7.28リットル
    【燃費】:24.2km/リットル
    【総走行距離(オドメーター)】:15628km