きたきつねさんのHONDA CRF125F ツーリング日記 「雪に挑め!雪と戦え!ハードアタッカー」

0000229access

きたきつねさん

プロフィール

誕生日
1月 11日  
血液型
B型  
都道府県
新潟県  
活動エリア
東北ほか気の向くまま 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
263件
インプレ投稿件数
13件
MYバイク登録台数
11台
友達
37人
(13)
きたきつねさん きたきつねさん   2018年01月14日

雪に挑め!雪と戦え!ハードアタッカー

日記写真
ツーリング期間
2018年01月14日 ~ 2018年01月14日
車種名
HONDA CRF125F
Myバイク
ハードアタッカー

全国的に爆弾低気圧が吹き荒れたこの一週間。寒さもハンパないですが、日本海側の積雪がスゴかったです。
とくにここ新潟は、ピンポイント爆撃の如く雪が降り積もり、電車は埋まるは、道路は大渋滞するわの大騒ぎでした。
そして俺ですが、じつはこの大雪のタイミングを待っていたのです。
これだけ積もれば、ハードアタッカーでの雪山遊びが楽しめます。
今年は新アイテムの導入で、どんな走りになりますやら。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  
Chapter 1.

毎年この季節になるとやってくる新発田の山間地、赤谷集落。
ちょっとした空き地にトランポを停めて、ここからマシンを降ろして出発です。
・・ふふふ。昨年はチェーンでしたが、今回はタイヤに樹脂ネット(自動車用を流用)を装着してみました。
どのくらい雪道で使えるのでしょうか。実走してみますよ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

現地での道路状況はアイスバーンと無雪部分とが交互になってる状態です。
ええー。ウチのまわりはみんなアイスバーンになってたのに・・
この辺は除雪が行き届いてて、道路状況がむしろイイ感じになっちゃってますよ。
これって、テストにはイマイチだなあ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

加治川の上に架かる橋の上にて。
この橋の前後には、けっこうな角度の勾配があってとくに下りはヤバそうです。
実際、一番下のカーブには車が止まりきれずに雪壁に刺さった跡が付いていました。
そんな下り坂で敢えてブレーキをかけてみます。
ギュッ、ググッとしたタッチで路面を捉えて不安なく減速できました。
おお!樹脂ネットのグリップ、いいね。期待通りです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

加治川上流部の雪をかぶった渓谷が、モノトーンの景色となってきれいです。
澄み渡った空気のなか、じっと遠くの山々をここから眺めていました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

滝谷集落を通過。
この集落は新発田で一番雪深いところで、住人の皆さんはこの晴れ間を捉えて屋根の雪下ろしをしていました。
俺も今朝は自宅前の雪かきをしてから出てきたので、雪の大変さはよく分かります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

赤谷集落の付近。積雪は1.8メートルくらいでしょうか。
道路はアイスバーンにシャーベットがうっすら乗っている状態で、ノーマルタイヤでは到底走ることができない感じです。
でも樹脂ネットに埋め込まれているピンが、アイスバーンにガリッと刺さるため、見事にトラクションしています。
重心をシートの中心に置けば、不意にスリップすることもありません。これは安心感がありますね。
・・・ところが!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

ひとたび無雪路面へ来ると、強烈な振動に見舞われました。
ハンドルがひどくガタガタ揺すられて、手が痺れてきそうな刺激。
なにこの状態?

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

振動はどうも5ミリほど突き出している金属ピンが原因のようです。
アイスバーンの上ではあれだけ頼りになったピンも、舗装路ではかえって乗り心地サイアクの状態へと。

まあ、使ってみてこういった長所、短所が浮き彫りになったことは収穫です。
これをベースに、今後さらに改良を加えてみたいと思いました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 9.

ちなみに新雪の上では、さすがと言える推進力を発揮。
柔らかい雪の中をモクモクと進んでいけます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

樹脂ネットの性能が分かったところで、一度トランポまで戻ってきました。
ここでお茶とおにぎりで昼食。
遠くの山並み、小鳥のさえずりを楽しみながらパクパク食べるおにぎりは最高です。
昼食後、今度は樹脂ネットを外した状態で、路面に雪の無いルートを進みました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

・・・なんでこの山奥なのに、道路の雪が無いんだろう。
あまりにきれいに跳ね上げられた雪。
路面の状態が良すぎです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

道路脇の切り立った崖には沢山のつららが下がってキラキラ輝いています。
今日はそれでも気温が高めで、この辺でも4℃くらいありそう。
このくらいなら、走っていても辛くないですね。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 13.

赤谷集落の入り口付近にある、「景勝清水」までやってきました。
こんな雪の中だから、誰も汲みに来たりしないんだろうな、と思いきや、人が入った跡が付いています。
ここの清水のファンがいるんですね。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 14.

一年中こんこんと湧き出す清水。
夏は冷たく感じますが、この時期だとむしろぬるく感じます。
以前にも何度か飲みに来たことがありますが、少々ミネラルのクセのある味。後味に微かないがらっぽさを感じます。
ここで汲んだ水でコーヒーを出す茶店が赤谷にはあるのですが、個人的にはあまり好きではないですね。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 15.

「景勝清水」の名の通り、正面には雄大な焼山が、大パノラマで楽しめます。
俺は湧き水よかここの眺めが目的だったりして。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 16.

トランポへ戻る道中、道路上になにやらうごめく影が。
ハードアタッカーのエンジンを止めて、惰性で静かに前進。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 17.

おおー。いましたね。サル。
ここのルートでよく出会いますが、冬はどう過ごしているんだろうと思っていました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 18.

山藤の豆をたぐり寄せて、さやを剥いて中の豆を食べていました。
なるほど。越冬中のサルにとって、これがご馳走だったんだ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 19.

周囲を歩いて見て回ると、小猿がキャッキャとじゃれ合いながら雪の上を走ってたり、ひたすら木の芽を食べていたり。
子猿の半数は、越冬中に死んでしまうのだとか。
普段は作物を喰い荒らすため憎々しいサルですが、サルなりに生きることに必死なんだね。
サルたちを眺めながら、そんなことを思案する俺。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 20.

路肩の雪の壁でお茶目なイタズラしたり。
色々遊んできました。
白銀の世界にしばらく居ましたので、目が「雪目」になってチカチカします。

日記でこんな雪遊びをご紹介しましたが、あくまで俺個人の感想です。
ふつうこれだけの悪条件をバイクを走るというのは他の通行車両の迷惑になるとか、リスクが高すぎます。どうしても挑戦してみたい人は、それなりの装備が必要であることを申し添えて、この日記を終わりとします。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全21件)

さとぺさん
きたきつねさん、こんばんは!
新潟も北陸も今回の雪は凄かったですね。金沢でも平年の4倍もの雪が一気に降って、雪かき三昧でしたよ。ひー!ひー!
今日は青空で絶好の雪遊び日和でしたね。ワクワク感が伝わってきましたよ( ´艸`)。車の樹脂チェーンとはナイス!ザクザク走って、楽しそう〜(≧∇≦)キャー♪
キム(morph)さん
きたきつねさん、どうも!
実は、お猿が大好きですね。(爆)
車のネットとはいい案ですが、固定はどんな感じでしてるんでしょうか?
きたきつねさん
さとぺさん:コンばんわ。さっそくのコメ、ありがとうです。
金沢も大雪だったんですか。以前小正月に金沢-能登までセガレと旅行へ行ったことがありましたが、新潟より全然雪が少なくて羨ましいくらいでした。今年はひと味違いますね。一晩で積もる雪の量がスゴかったです。
俺も連日の雪かきで筋肉痛ですが、バイクは別腹(別肉?)。雪への憂さ晴らしとばかりに山まで出かけましたが、かえって山のほうが除雪が行き届いていたため肩すかしを食らった格好です。
樹脂チェーンは20年以上前に試していた方法で、雪道での効果をよく知っていました。しかしその振動のすごいこと。これは想定外でした。
きたきつねさん
キムさん:コンばんわ。このところ恒例みたいになってきた雪山ツーリングですが、自宅からの移動は交通量の多い市街地を通過しなくてはいけないので安全策をとって人気のないところまでトランポ移動でした。
お猿:イヤイヤイヤ・・やつらの生き死にについて理解はしますが、同情はしません。それが野生の掟なのだから。
樹脂ネット:この取り付けこそが最大の難関です。種明かしをするとチェーンリングで連結された部分をすべてグラインダーで切断。分割したネットもそのままだとタイヤサイズに全然合っていないので途中を切ったり繋げ直したりと。それをタイラップの太いヤツで固定しましたが、上のTSと違ってハードアタッカーはタイヤのクリアランスが少ない!あちこち当たらないようにホイールを何度も回して点検する必要がありました。
モンスタータートルさん
こんばんは。
今年は各地で物凄い雪の量ですね!
裏山しい・・。
沖縄でもアラレが降っていると言うのに小田原はな~んにも降りませんww
初めフロントのチェーンは要らないのでは?っと思いましたがブレーキングで有効なんですね。フムフム

冬枯れの枝にエテ公がイイ感じに散りばめられていてクリスマスツリーみたいでGOOD!

バイクチェーンを頑張って極めて下さい。(^。^)
国士越59さん
ニュースにもなりましたが、そちらの積雪は大変そうですね。
こっちの僕が言っても軽々しいですが、お疲れ様です。
青空が見えてますね。 それにしても雪景色がすんばらしい~。
こういう良いところを見ると、雪国巡りなんかしてみたいなと思ったり。
タイヤネット流用は軽そうでイイですネ。 なにより見た目がグッドです!
きたきつねさん
モンスターさん:雪が降るとどこでもオフロード状態です。ウチの周辺は所々穴ぼこになったアイスバーン状態で、むしろそのほうがハードアタッカーを楽しめます。昔走ってた雪上モトクロスを思い出しました。
フロントのチェーンは必須です。これを着けていなければコーナーでフロントが変な方向へと流されてゆき転倒しちゃいます。
それにしても、アイスバーン上ではある程度リヤを滑らせて車体を曲がらせるという意識があるためか、これだけグリップするとむしろ気持ち悪かったです。
エテ公:木の下で見ていると、時折サルが揺らした枝の上からぼさっと雪の塊がなだれ落ちてきます。それを勝手にサル雪崩と呼んでますが、それを目安に木々を探すとサルが簡単に見つかりました。
雪とバイクは本質的に相性が悪い乗り物です。先般もあの大雪の中をノーマルタイヤのツーリングセローでよろよろと走っている中年ライダーを見かけましたが、無謀としか言いようがありません。周囲の車への影響を考えると大変マズイ状態でした。それを十分知っていながら、それでも雪に挑みたい、と思う俺でした。
きたきつねさん
ちなみに雪上エンデューロ、こんな感じです。今でも長岡市の中山間地で行われている名物イベントです。
きたきつねさん
国士越さん:新潟県三条市でJRの電車が雪にはまって14時間立ち往生した話は全国ニュースで放送されていました。この日、新潟市内の駅でくだんの電車を見送ったあとに、俺がかなり遅れて出発した新発田行き電車に乗り込んだので、俺もそうなっていた可能性がありました。
電車は満員状態だったため、立ったままの人は相当厳しかったと思いますが、それでも譲り合いなどで辛抱強く乗り切ったという話でした。同じ新潟県民として誇らしいエピソードです。
このように雪は敵でもありますが、同時に愛すべきものでもあると言うこと。ものが雪だけに・・アイスべき・・なんて。
チバアヒルさん
バイクで雪遊び...千葉の人間には想像できません(^^;

今年は、特に日本海側で雪が多いみたいなので、日常生活にも支障が出ているのでは無いでしょうか。

以前日記に上げていた、湯沢のスノーモービルをいつかやってみたい(*^^*)
パンダさん
きたきつねさん(。^ω^)ノ゙ コンニチワ!

この間のニュース見ました!
電車が埋まるようなスゴイ雪だったようで、新潟の皆はどうしてるだろう?
大丈夫かな~?と心配しましたが、いらぬ心配だったようです。

さすがきたきつねさん!やってますね~。(。ゝω・)b
昨年のチェーンは覚えています。あれも良い工夫でしたが、今年は自動車用の
ネットですか。見るとこちらの方が、脱着に手間取らずに済みそう。
雪でも色々と工夫して、バイクを楽しむきたきつねさん。さすがです!(。^ω^。)v

あ、サル。
先日私も今年初のツーリングに、千葉に行ってきたんですが、
その時にサルの大軍を見ました。19の文を読むと考えさせられますが、
基本的になじみが無いもので...。(。-`ω-)ウーン
大軍の中にいた子ザルを見て、単純に可愛いと思ってしまいました。(*≧ω≦)アッハッハ!
杉さん
こんにちは
冬でも元気に活動していますね。
アイスバーンは無理ですが、新雪の中は走ってみたいですね。
昔、雪が降ると車にチェーンを巻いて近所を走りまわっていました。
意外に寒くなかった記憶があります。雪原なのに。
でも無理は禁物ですよ。
Refereeさん
チャレンジャーきたきつねさん!! こんばんわ。
今年も何かにチャレンジしそうな予感がありましたが、樹脂ネットでしたか。
見ていたら、文部省唱歌の「雪」が思わず浮かびました。

  きつねは喜び山駆け廻り、〇〇はこたつで丸くなる

なお、雪国以外で、わざわざ挑戦する人間はいないと思いますよ(多分ですが)。
次に何をするのか楽しみな処もありますが、怪我をしないように楽しんで下さいね!!
きたきつねさん
チバアヒルさん:コンばんわ。そちらと違ってメチャメチャ荒れまくった天気、さすがの新潟県民もうんざりという感じです。朝のコンビニに立ち寄ると商品配送の遅れで棚がスカスカ。電車やバスの遅れは慢性化。道路渋滞もひどいものです。
しかし日曜から天候が回復傾向となりまして、やっと普通の冬のような状態に戻りつつあります。
スノーモービルは2月10日に湯沢のスノーモービルランドへ走りに行ってきます。
まだ配車に余裕があるそうなので、いかがですか。
きたきつねさん
パンダさん:雪は一段落付いたところですが、今朝の冷え込みがスゴかった!車の車外気温計がなんとマイナス15度を表示しており、「壊れちゃったかな」と思っていた矢先道路脇の気温表示計も同じマイナス15度を示していました。そして道路脇に現れた霧氷の風景。写真はピンぼけでしたが幻想的な景色が楽しめました。
この極低温、まるで蔵王の山頂みたい。
樹脂ネットは昨年春先に、某ネットオークションで「試着しただけ」という格安中古品をポチりました。遊びで使うだけなので、本格的なスパイクタイヤとかお金がかかるのはNGです。アイスバーンでの走破性を見せてくれましたが反面舗装路での振動が出たりとかありましたので、改良の余地ありです。
きたきつねさん
杉さん:700Xはさすがに土曜日には車庫内で冬眠に入りました。かたやハードアタッカーはこの雪のためもう一暴れできるかな、と出番を待っていました。
この日はバイクでの雪遊びを終えて帰宅したあとにも子供達と近間の自然公園でソリ遊びやかまくら作りなど雪遊びを楽しんで来ました。
雪国の暮らしも、あながち悪くないですよ。
きたきつねさん
Refereeさん:ご承知のとおり雪が降ったからと、じっとしている俺じゃないです。むしろ積極的に雪を楽しまないと。
次のチャレンジは、またまたスノーモービルです。新雪をまき散らしながら雪原を突っ走る爽快感!これはバイクとは違った楽しさがありますよ。
おー(山に住む人) さん
ネットはやはり走行性能的にはGoodなのですね!
取付方法と干渉が懸念されましたが、上のコメントでその苦労を知りました。
ちょっと間違えばチェーンやらフォークブーツやら色々なものと干渉してしまうので、取り付けにはかなりの苦労があったと容易に想像できます。
いつもながらキタキツネさんの発想と行動力には脱帽です!
はらぐっちょさん
こんばんは♪ はじめまして

どの写真も、素敵な写真ばかりですネ♪
特に雪景色とバイクの写真が見慣れないもので新鮮です
樹脂ネットをタイヤに巻いたCRF125最高です
しかもトリコロール♪
買いたくなりました…
めちゃカッコイイなぁ

ではでは…
きたきつねさん
おーさん:はや雪上走行経験も数十年、初めの頃は化繊ロープ、ゴムバンドなどで試し、現在に至ります。
樹脂ネットはチェーンより複雑なパターンになっているのと、飛び出したスパイクのおかげでアイスバーンでがっちり食いつき、これならフロントアップも可能です。
しかし問題はあの強烈な振動。上のTSで使用したときはこんな振動がなく、さすが樹脂ネットと思わせるなめらかな走りを感じたのに、今回試したヤツはひどいものでした。金属ピンの突出長と、ネットのパターンなんかが問題なのでは、と感じています。まだまだ実用に向けた改良途上ですね。最初からバイクのホイールに合わせた専用樹脂ネットがあると嬉しいです。でも、そんなの買う人、いないだろうな・・
今日、仕事中にこの辺の郵便バイクでもチェーンを装着しているものを見かけました。スノータイヤにチェーンを巻かなければ配達に行けないなんてのは10数年ぶりです。
きたきつねさん
はらぐっちょさん:コンばんわ。ようこそです。
お褒めのコメント、ありがとうございました。先般はらぐっちょさんの真冬の北海道風景の紹介を拝見してましたが、真冬の北海道未経験の俺としては新鮮でした。
この時期の北海道ツーリストとか究極マニアックな人なら迷わずスパイクタイヤをチョイスするところですが、新潟では使用場面がかなり限られるため現実的ではないですね。
真っ黄色の樹脂ネット、見た目のインパクトも大きいようで、すれ違う車はみな振り返ります。(ていうかアイスバーンの山道を走ってくるバイク自体が怪しすぎ)
ちなみにCRF125は公道性能サイアクですよ。窮屈なポジション、ノーマルではトップスピード50キロそこそこ・・少しづつ公道化カスタムを繰り返してやっと現在の状態へとなりました。

ホンダ CRF125Fの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

4台

全国平均:34.29万円

価格帯: 30.78~41.8万円

全国平均:万円

価格帯: ―万円

全国平均:万円

最安:万円、 最高:万円

中古車

2台

全国平均:12.4万円

価格帯: ―万円

全国平均:万円

価格帯: ―万円

全国平均:万円

最安:万円、 最高:万円