ねっちさんのKAWASAKI ZEPHYR1100 [ゼファー] バイクいじり日記 「暖機について」

0000596access

ねっちさん

非公開です

プロフィール

誕生日
血液型
都道府県
活動エリア
カテゴリ:バイクいじり
(0)
ねっちさん ねっちさん   2012年12月06日

暖機について

車種名
KAWASAKI ZEPHYR1100 [ゼファー]
Myバイク
ZEPHYR1100 [ゼファー]

暖機について私は間違ったやり方をとっていたようです。

私の暖機
セルを回しアイドリングで油温が40度になるまで待つ。

でしたが、この方法はどうやらカーボン・スラッジなどが溜まるということと、エンジンヘッドまでオイルが回りにくいということらしい。ネットやら整備士さんとかの情報を整理すると・・・

1、エンジンオイルが固い状態だと油圧が低下し不完全燃焼が起こり、カーボン・スラッジが溜まりやすい。
2、エンジンオイルをヘッドまで回さないとヘッド部分で(カムやらなにやら)かじりが起こる。
3、冬場はチョークを引いたほうがいいが、長い時間をチョークを使うとカーボン・スラッジが溜まりやすい。
4、停止状態のアイドリングを続けるようにバイクはできていない。

というものだった。
色々な暖機方法がNet上で紹介されているが、それらも併せて自分なりに愛車を守る暖機を考えてみた。

1、チョークを引っ張る必要がある場合(冬季)は、なるべく長く引き過ぎないようにする。
2、エンジンが始動したら1500rpmを維持してアイドリングで停まらない状態まで暖める。(数十秒位、冬場の油温だと10度を超える位)エンジンを止める。
3、3~5分放置すると、油温が20度近くまで上昇するので、またエンジンを始動し、1500rpmで10秒くらい回す。
4、アイドリングが落ち着き始めるので、乗車して2000rpmを上限として走り始める。(この時、タイヤ、チェーンなども暖めるようにする。)
5、油温が40度を超えたら3000rpmを上限として走る。

油温の適温は80度前後と聞いたことがあるので、高回転は70度以上にならないと回さないようにしています。
しかし、暖機をしてもカーボン・スラッジは必ず発生しているので、一回の乗車で必ず一度か二度高回転を使って、カーボン・スラッジをぶっ飛ばすようにする。

今回学んだのは、不完全燃焼を最小限に食い止めたいが、始動していきなり回転数は上げ過ぎてはいけない。しかし、ある程度回転を上げないとエンジンオイルが上部まで回らない。ということだ。
不完全燃焼を最小限に食い止めつつ、ユックリ上げていこうってこと。

いやはや勉強になりました。
バイクによって暖機方法も変わってくるだろうけど、エンジン音、エキゾーストノートを聞いて、愛機に合った暖機をしていこうと思います。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンジン関連  

コメント(全0件)

カワサキ ゼファー1100の価格情報

カワサキ ゼファー1100

カワサキ ゼファー1100

新車 0

価格種別

中古車 34

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

107.46万円

価格帯 51~329.99万円

諸費用

16.03万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

123.5万円

価格帯 71.1~238万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す