kurokuさんのツーリング日記 「奈良井宿とソースカツ丼ツーリング」

0000549access

プロフィール

誕生日
10月 11日  
血液型
A型  
都道府県
静岡県  
活動エリア
本州 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
日常的 
整備スキル
初級 

ステータス

日記投稿件数
45件
インプレ投稿件数
38件
MYバイク登録台数
8台
友達
3人
(4)
kurokuさん kurokuさん   2019年08月18日

奈良井宿とソースカツ丼ツーリング

日記写真
ツーリング期間
2019年08月18日 ~ 2019年08月18日
走行距離
480km
都道府県
長野県 山梨県

お盆休み最後の休日にツーリングに行ってきました。
木曽路の奈良井宿の古い街並みを訪れます。
道が混むのがイヤだったので、2時半に出発しました。
相変わらず退屈で真っ暗な富士川沿いを北上します。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 1.

国道20号を北上して、途中の道の駅はくしゅうで最初の休憩をしました。
早朝でしたが湧水を汲みに来ている方が数人いました。

都道府県
山梨県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
道の駅  関東甲信越
Chapter 2.

国道19号に入り、塩尻市内で給油と簡単な朝食を済ませます。
混雑する松本市内をショートカットするために、県道25号を走ります。
沿道にはリンゴやブドウなどの果物畑が多いです。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 3.

国道158号に入り、梓川沿いを遡ります。
有名観光地である上高地や高山市に通じる道なので混雑するかと思いきや、ガラガラ状態でした。
珍しいトンネルの中にある交差点を通過し、大きな奈川渡ダムに着きました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 4.

奈川渡ダムから県道26号を走ります。
梓湖畔のクネクネ道を快適に走り、ながわ山彩館で休憩しました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 5.

休憩を終え出発し、少し走ると分岐が現れます。
真っすぐ行くと野麦峠ですが、今回はこのまま県道26号を走り木曽へと抜けます。
野麦峠には行ったことがないので、またの機会に訪れるつもりです。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 6.

緑の中の爽やかな登り坂が続きます。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 7.

境峠(1486m)に到着です。
木曽川の源流地帯です。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 8.

境峠を一気に下り、目的地の奈良井宿に到着です。
奈良井宿は中山道の宿場町で今も当時の面影が色濃く残っていて、国選定の重要伝統的建造物群保存地区になっています。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 9.

早い時間に着いたので観光客は皆無です。
地元の方達がのんびりとしていました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 10.

風情のある建物がたくさん並んでいます。
コチラは食堂です。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 11.

青空と街並みです。
本当に観光客が見当たりません。
夏休みなのに、どうしたんでしょうか?

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 12.

コチラは伝統工芸の御土産屋さんでしょうか。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 13.

なんと火の見櫓を発見しました!
鐘はスピーカーに代わっていますが、櫓は健在です。
子供の頃、小学校の近くに火の見櫓があったのを思い出して懐かしい気持ちになりました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 14.

コチラは文化財の民家です。
扉がまるで時代劇のようです。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 15.

宿場町の中には、何か所か水汲み場がありました。
とても涼しげで良いですね。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 16.

古い街並みを独り占めです。
じっくりと見学することができました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 17.

最後に地元の神社に参拝しました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 18.

鎮神社です。
御朱印をいただき、奈良井宿を後にします。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 19.

ちなみに、奈良井宿の近くには大きな木製の橋が架かっています。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 20.

宿場町の雰囲気をたっぷり楽しんだので出発します。
国道361号の権兵衛トンネルを通って、伊那市にソースカツ丼を食べに行きます。
画像は伊那谷の風景です。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  関東甲信越
Chapter 21.

40分程で目当ての店に着きました。
肉のたけだです。
右側は精肉店で、左側が食堂になっています。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
グルメ  関東甲信越
Chapter 22.

来ました、お得ソースカツ丼(1590円)です。
物凄いボリュームです!
カツは分厚くて200gもあります。
噛み切れるか心配でしたが杞憂でした。
とても柔らかく揚がっていて、独特なソースの風味で思わずガっついてしまいました。
美味しく、お腹いっぱいになり大満足です。
メニューには250gのジャンボバージョンもあるみたいでした。
私は食べきれないでしょう。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
グルメ  関東甲信越
Chapter 23.

昼食を終え、次は諏訪大社上社前宮にむかいます。
クネクネが楽しい杖突峠を越えて、到着です。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 24.

諏訪大社は4社あって、ここだけ来たことが無かったので今回寄ってみました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 25.

駐車場から本殿目指して坂を登ります。
ソースカツ丼で満腹の身には少しキツイです。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 26.

舞台の様な建物がありました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 27.

5分程で本殿に着きました。
汗ダクです。
無事帰れるようにお祈りしました。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 28.

本殿の脇には清水が流れていました。
水の流れる音を聞くと気持ちが涼しくなりますね。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 29.

そして諏訪大社と言えば、御柱です。
清水を入れて撮影してみました。
最後に御朱印をいただき、帰ります。

都道府県
長野県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 30.

茅野市内で給油と水分補給をし、朝来た道を帰ります。
国道20号を南下し国道52号に入り、道の駅富士川で最後の休憩をしました。
あまりの暑さに水をガブ飲みです。
休憩を終えて出発し、途中でゲリラ豪雨に遭いましたが、なんとか17時に無事帰宅しました。
走行距離約480km、14時間半のツーリングでした。

都道府県
山梨県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
道の駅  関東甲信越

コメント(全2件)

杉さん
こんにちは
信州から木曽路へと旅情を感じるいいコースですね。
奈良井宿は当時の様子がそのまま見られる貴重な日本の遺産ですね。そんな風景を見てまわるのが好きです。
野麦峠は工女たちが飛騨から信州岡谷へと歩いたところですね、山並みも見られますので是非お勧めです♪
kurokuさん
杉さん、こんばんは。
奈良井宿は情緒たっぷりで素敵なところでした。
中山道沿いには他にも宿場町があるようなので、そちらも行きたくなりました。

野麦峠は昔の文学作品の舞台でもありますよね?
古くからの歴史ある街道だと聞きました。
峠には当時の面影を残す茶屋もあるみたいですね。
杉さんのお勧めならば間違いないでしょうから、是非訪れてみたいです!