0001054access

コメント

購入動機・用途・比較車種 通勤、買い物、ツーリング、山遊びなどなど、身の回りの全てをまかなう目的で購入。

使用頻度的に街乗りの取り回しを重視したため、軽量な車種(XSR155、KLX150,CRF150,セロー、トリッカーなど)と比較した。
長所・満足な点 ○万能。ガレ場から高速、狭い駐車場までどんな場所へも一緒にいける。
○燃費がよすぎる。下道ならコンスタントに50km/Lをたたきだし、航続距離は400km近い。
○わりと高速道路も走れる。エンジンパワー的には100km/hも余裕があり、法律を守っている限りレブリミットまで回ることはない。同排気量のCRFやKLXより重い分、馬力差はある模様。VVAの効果はよくわからないが、5速80km、6速90KmからVVAが機能する。
○シート高-最低地上高(≒ステップ位置)が大きいので、身長のある人でも膝の曲がりに余裕がある。当方身長180でピッタリという感じ。(セローに跨ったときは膝と足首が痛くなった)
短所・不満な点 ○器用貧乏。(長所の裏返し)オンロードはオンロードバイクに譲り、オフロードのスポーツ走行ではKLX230やWR250に負け、トレッキングではセローに負ける。150ccにしては重すぎ、250ccと比べると非力。
○初期状態では積載性が皆無。フックがないのでキャリアがないと荷物をくくりつけるのにも苦労する。一応WR250のキャリアが付けられるらしい。
○最低地上高の割にシートが無駄に高い。(フラットシートとタンク容量を両立するためと思われる)ハンドル幅や足つきを考えるとガタイの良い人向けという印象。
これから買う人へのアドバイス 端的に言えば、馬力を落として燃費をすごく上げたセロー。
正直XTZ155のほうが適切な名前ではないかと思うくらい、見た目とは裏腹にとても優しい。街乗りから高速までそこそこ使える万能な一台。足つきさえ問題ないのであればセロー難民の受け皿になれるポテンシャルを秘めていると思う。
今後のカスタムプラン

ヤマハ WR155Rの価格情報

ヤマハ WR155R

ヤマハ WR155R

新車 17

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 38.75~48.38万円

43.03万円

諸費用

価格帯 6.33~6.91万円

6.5万円

本体価格

諸費用

本体

31.81万円

価格帯 31.81万円

諸費用

7.16万円

価格帯 7.16万円


乗り出し価格

価格帯 45.66~54.72万円

49.54万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

38.98万円

価格帯 38.98万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー ヤマハ
バイク車種 WR155R
年式
排気量 155 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 通勤・通学
こんな人にオススメ 便利な足バイクを求めている人に
特にここがすごい 燃費が良すぎる

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング