0000589access

コメント

購入動機・用途・比較車種 以前所有していたバイクの始動性が悪化したので、FI車かつ維持費の安い原付二種で検討。その中で、剛性が高く走りを楽しめるこの車種を選びました。
長所・満足な点 一般道では流れの速いバイパスでも問題ないです。マフラーを変えると加速が良くなります。ただ、上り坂での追い越しは辛いところがあります。これは排気量的に仕方ないところです。

ABSがついてますが、よほど強く握らないと作動しません。作動するとガッと振動?が伝わってきます。一般道でABSを作動させる場面はまだありません。前後ディスクなので制動力は十分です。

純正サスペンションはギャップを拾って体が突き上げられることが何度もありました。交換したことで衝撃が緩和されて乗りやすくなりました。

燃費は夏50、冬45くらいでした。270~280kmくらい走ると燃料メーターが点滅します。これは乗り方によって変わるので参考程度にしてください。ツーリングメインで短距離で乗ることはまれです。
短所・不満な点 1 ヘルメットをロックする場所がない
キャンペーンでワイヤープレゼントがあるがリアボックスをつけたほうがいい。

2 シート下にフルフェイスが入らない
ホムセンで買った古いceptooならギリギリ入る。GT-Airは確実に入らない。

3 ヘッドライトが暗い
夜の峠道はブラインドコーナーに気付きにくいことがある。ハイビームも点のように光るだけであまり明るくならない。
これから買う人へのアドバイス 次期モデルには電源がつくらしいので一つの不満な点は無くなると思います。フルフェイスで乗る方はリアボックスをつけるほうがいいし、あって損はないです。快適セレクションなら定価の半額でキャリアベース、リアボックス、スクリーンを揃えられるのでそちらをお薦めします。
サブタンク付きリアサスペンションをつけると、リアタイヤ交換がやりにくくなるので、整備性を考えると一体式がいいです。
今後のカスタムプラン リアキャリパーを赤く塗装 or RCBに交換

ヤマハ NMAXの価格情報

ヤマハ NMAX

ヤマハ NMAX

新車 119

価格種別

中古車 72

本体

価格帯 24.49~40.92万円

33.51万円

諸費用

価格帯 2.25~6.36万円

2.34万円

本体価格

諸費用

本体

25.83万円

価格帯 19.8~33.8万円

諸費用

2.81万円

価格帯 1.9~2.2万円


乗り出し価格

価格帯 30.85~43.17万円

35.86万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.64万円

価格帯 22~35.7万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 NMAX
年式 2018 年式
排気量 125 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費 およそ 50 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング