新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000127access

1717935452178M.jpg

チバアヒル(令和の馬笑)さん

ステータス

日記投稿件数
1056件
インプレ投稿件数
33件
Myバイク登録台数
2台
ウェビ友
101人

狩株twins☆de新緑の棚田めぐり...(*^^*)*


5月22日 ハンターカブで新潟上中越エリアの棚田めぐりをしてきました。♪

今回は、現地までハンターカブをトランポして、ハンターカブの機動性を生かしての新緑の棚田めぐりです。

最近ハンターカブを導入したMaxさんに声を掛けたら参加したいということで、現地合流しました。

 

今の時期、魚沼スカイラインが開通し始めるので、魚沼スカイラインの展望駐車場にトランポカーを置いて、狩株をここで下ろして、魚沼スカイラインを走りながら十日町に向かいます。

今日は、雲一つない快晴で、魚沼平野を一望しながら魚沼スカイラインを快走します。...絶景♪絶景♪そして気温も湿度も快適で、これ以上のハンターカブ日和はありません(^o^)

 

今回の日記はヒミツのルートなので、地図はなしです。...うそうそ、広域農道の走りつなぎなので、マップにルートが正しく反映しないので地図省略しました。

十日町を過ぎて松代駅で小休止です。

ここは鉄道駅舎と道の駅とファミマの3つの機能が併設されています。

松代から少し寄り道して、地元で「美人林」といわれるブナの保存林に来ました。

新緑のブナの緑と透けて見える空の青が清々しいです。

まさに“翠滴る”とはこのことですね(*^^*)...ではなくです♪

美人林から人気スポット「星峠」の棚田群にきました。

朝の雲海の時間帯はアマチュアカメラマンがたくさん押し掛けます。

 

次のルートに向かう途中にある「日本一うまいトコロテン」のお店に来ました。

ひと突きしたトコロテンを酢醤油で食べるのですが、ここのお店はツルツル滑る塗り箸1本で食べるのが作法です。(笑)

割りばしの2本箸だとガバっと食べてしまうので、「日本一うまいトコロテン」をよく味わうために塗り箸1本で食べるのらしい。...ほんとか?

私はこのお店は何度もていますが、今回は時間帯が早くて開店前でした。

頸城広域農道を走りつなぎながら、先に進みます。

妙高山や黒姫山を、木々の間、棚田の向こうに眺めながら、延々と広域農道を走り、昼食場所の妙高市関山を目指して走ります。

しかし、この頸城広域農道は過去に何度も走っていますが、本当に絶景です。

道も広くて車もほとんどゼロ、こんな辺鄙なところに立派な広域農道を、農家とライダーのために整備してくれたことに感謝です。

惜しむらくは、広域農道の出入口表示が少なくて、何度かコースミスしました。(笑)

今日のランチは、新潟の上越のご当地ラーメンをいただきます。

入口で順番待ちの行列ができていましたが、約10分ほどで席に案内されました。

このお店のウリは、ニンニクのガツンと効いた味噌ラーメン+ランチセットのミニカツカレーでした。

女性客も多くて、このボリュームを老若男女がワシワシと食べています。

もうマンプク...ε=(∇^*) ゲプッ

ランチ後は帰路になります。

関山から飯山に抜けて、国道292.117で十日町に向かいます。

今回は朝も早かったので、「いいやま温泉」の立寄り湯でまったりして、仮眠にしました。

この少しの時間の仮眠が元気回復、気分シャッキリでリフレッシュしますね。♪

十日町まで戻ってきたので、帰路のトランポ道中も長いので、早めの夕飯にしました。

今回は、私にとっても久しぶりの「田麦そば」さんでへぎ蕎麦をいただきます。

以前と場所が変わっていたので、移転したのか、違うお店なのか、ちと不安でしたが、お店の人に聞いたら数年前に移転したとのことでした。

 

私個人としては、十日町でヘギ蕎麦を食べるなら、「由屋」か「田麦」がイチオシです。

有名どころでは、「小○屋」もあるんですがね。

へぎ蕎麦に、この時期だけの山タケノコ(ネマガリダケの別称)の天ぷらをサイドメニューで追加しました。

お店のご主人がタラの芽の天ぷらまでサービスで出してくれました。♪ありがとうございました。

山タケノコやタラの芽の天ぷらは、塩でいただきますが、もう言うことないほどおいしいです。そして、シコシコ・ツルツルした歯触りと、噛むほどに口に広がるへぎ蕎麦のおいしさ...やはりご当地の美味しいものはご当地で食べるのが一番ですね(^^)

 

この後は、トランポカーを置いた魚沼スカイラインの駐車場まで戻って、ハンターカブを積載して、現地解散となりました。

 

いゃぁ~~~疲れたけど、延々と続く新緑の山々と棚田を快走して、美味しいグルメを堪能して、温泉も楽しめて、楽しい狩株ツーリングでした。♪

 

そうそう、最近は私の地元のバイク仲間も次々とハンターカブやクロスカブに乗り換えていて、地元カブクラブが結成できそうな勢いです。(*^^*)

  • 都道府県:
  • 新潟県
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全28件)

Maxさん
こんにちは
素敵なコースありがとうございました。
私のツーリングの中でも、渋滞なしは最高の幸せです。
感動も次から次へと、景色等、、、、。温泉も41度ベストでした。
また遊んでください。地元の株主会、茨城から遠征します。お誘いお願いします。
では、また
  • (2)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
お疲れさまでした。(^^)
私はトランポカーで往復約500km+狩株約230kmで、さすがに疲れました。年寄りの冷や水(==)
頸城広域農道は、ほとんど紹介されることのない道なので、空いているし景色も良いしで楽しかったですね。♪
  • (0)
  • 返信
matsuさん
以前,自撮棒で遊んだ場所に近いですね。
美人林はきれいでした。
  • (0)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
以前に自撮棒飛ばすのに行ったのが美人林と星峠ででしたね。
あの時の美人林は星峠だけで頸城広域農道には足を踏み入れませんでしたが、頸城広域農道は遥か延々と妙高市まで続く長大な広域農道です。
機会があったらトランポしてスイッシュ君で走りますか?片道で120-130km近くありますが...(^^)
  • (0)
  • 返信
KAWIさん
私の活動エリアまでおいでになられたのですね!
松代駅、美人林、星峠、ラーメンのニューミサ、何処も行ったことがある場所ばかりで、日記を拝見しながら感慨に浸ってます。
ところてんをお箸1本のお話しは、私の地元でも有名ですよ!

何故お箸1本で食べるようになったの?
これには、基本的に3つの説があると言われています。
■諸説(1)
1つめは、お箸がとても高価で貴重だった時代に、とある東京のお店でお箸を揃えることができず、仕方なく1本で食べてもらうことになった、という説です。このことから、お箸1本で食べることが、江戸っ子としての粋な食べ方として広まったと言われています。
■諸説(2)
2つめは、お箸2本でところてんを食べると切れてしまうから、というもの。力が入りすぎると切れてしまうため、1本だとちょうどよい力加減になり、都合がよかったと言われています。
■諸説(3)
3つ目は、ところてんは和菓子と同様、黒文字と呼ばれる楊枝で食べるため。江戸時代、高級菓子だったところてんは、楊枝で食べられていました。その楊枝が、1本の箸に置き換わったという説もあります。

食べ方一つでもさまざまな歴史を持つ日本食の文化は、やはり魅力を感じます。
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
今回は、KAWIさんのお膝元まで遠征しました♪
1本箸のトコロテンは、会津の1本ネギの蕎麦に匹敵する謎の食べ方です。(笑)
  • (1)
  • 返信
伊勢の旅人・・・ハンターじいさん((笑)さん
こんにちは、お疲れさまでした
トランポcar有ると遠出も楽ですね
カブ仲間も増幅中だとか裏やしい限りです、倶楽部出来たら私も三かは無理ですがお仲間に入らせていただきたいものです(笑)
ミニカツカレーもへぎ蕎麦美味しそうですね
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
原2でも、トランポがあると行動半径がぐっと広がりますね(^^)
私のまわりでもなぜかこのところカブブームです。
  • (0)
  • 返信
杉さん
十日町周辺は絶景の宝庫ですね、魚沼スカイラインから見下ろす町並みも棚田もお気に入りです。今度は実りの秋に行ってみたい、コシヒカリが黄金色に輝いているでしょうね。
気になるのはトコロテンとヘギ蕎麦です。
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
上中越エリアの棚田は、5月中下旬の田植えが終わったばかりの水鏡に新緑が生えるいまの季節と、9月下旬の稲刈り直前の棚田が黄金色に輝く季節が最高ですね。(^^)
へぎ蕎麦もトコロテンもおいしいですよ♪
  • (1)
  • 返信
シェフさん
今は無きうちの別荘が有ったので親父は清津川の漁業権まで持っていたぐらいで
平成時代の出来たほくほく線もわざわざ乗りに行きましたよ・・・
湯沢の駅周辺もにぎやかな時代も有って・・・今はもう行きませんが
別荘に原付を置いておいて夏休みは遊んでいました!
松の山温泉も好きだし?秋山郷も大好きでしたよ・・・
トランポで原付いいですね・・・
  • (2)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
秋山郷~松之山エリアは、観光的には知名度も低くて手付かずの自然も多くてよい所です。
いいやま温泉の立寄り湯で私たちに声をかけてきた高齢のご夫婦は、旦那さんが若い頃はオフロードバイクで奥志賀~秋山郷~野沢温泉あたりをツーリングしていたと言ってました。「今はほとんど舗装されてつまらない」とも言ってました。
乗ってきた軽自動車のナンバー見たら「所沢」でした。(^^;
  • (1)
  • 返信
TOMTOMさん
あれー、ところてんは、黒蜜じゃないの??
なんちゃって。(猫)
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
私の中では、葛切りは黒蜜、トコロテンは酢醤油、です。(^^)
  • (0)
  • 返信
toshiさん
棚田って此方ではまず見ないですね。
やはり平野が少ない地方はそうやって土地の有効活用してるんでしょうかね。
私が見ていて飽きないのは棚田ですわ。( ^ω^)

また旨そうなものを食べてるw
  • (2)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
千葉も山がほとんどなくて、棚田と言えるものはないので、新潟の棚田の景色は新鮮です。(^^)
私のツーリングは、ご当地の美味しいものを食べるのが半分目的です(笑)
  • (0)
  • 返信
パチ10(天剣一刀雲切!!!!! )さん
晴天の中カブで良い景色を見ながら走れたんですね~♪
ハンターカブ日和だったんですね^^

お昼のニンニクラーメンとカツカレー?のセットはお腹壊して
しまいそうだね・・・・私じゃ(笑)
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
新潟は意外とご当地ラーメンが多いです。寒い土地柄かニンニクや背脂なんかのパンチの効いているラーメンが多い気がします。(^^)
  • (0)
  • 返信
おっぺけさん
カブ主道 まっしぐらですね!
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
カブでポテポテ走るのは楽しいですよ。♪
大きいバイクでバビューンと走るツーリングは飽きてきました。北から南まで大型バイクで何度も行って、全国を走りつくしたので、そうじゃないツーリングスタイルに面白さを感じてます。
  • (0)
  • 返信
ぎんペーさん
おはようございます!
早速CT125でのランデブーツーリングですね♪
新旧のCTはやはり走りに違いはありますか?
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
JA55.JA65...細かく見ると変更点も多いですが、基本は一緒なので、走行性能も実燃費もほとんど同じです。d(^^)
オイルフィルター追加、サイドスタンド面積拡大、リヤショック5段階調整とか、使いやすさ向上に振った感じですね。
  • (0)
  • 返信
たかぴーさん
カブ+トランポだと冒険の旅もできそうですね〜(^^)
しかしカブこちらでも増殖気味です(^^;
かなりの人がカブ主に(^^;
  • (2)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
トランポ+原2の組み合わせは、最強のツーリングスタイルです(^^)♪
  • (0)
  • 返信
きたきつねさん
コンばんわ。こちらへのツーリング、お疲れ様でした(笑)。この日はスゴく気温が高くなった日でしたが、十日町や妙高など標高の高い場所なら爽やかで良かったと思います。
ニューミサは平日でも行列ができるんですよね。ましてやスキーシーズンは駐車場待ちくらいの大混雑。ジモティはかえって入りにくいくらい。
それにしても、千葉からの日帰りとは。。。弾丸ツーリングですね。トランポの機動力、たいしたものです。
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
今回は、きつたつねさんの赴任先までお邪魔しました。(^^)
頸城広域農道エリアは、道路と景色は良いのに交通量はほぼゼロなので、私の中でも好きなルートペスト5には入ります。♪

新潟は意外と濃い味コッテリ味のご当地ラーメンが多いですね。寒い土地柄なのでしょうか。
ニューミサは、店構えやメニューを見ると洋食系のお店でしょうが、圧倒的に味噌ラーメンわ食べている人が多いですね。
次回は洋食系もチャレンジしてみようかしら。
  • (1)
  • 返信
ゴリフさん
実家のお隣もBMWからテネレを経て、今ではレアな中華製の角目カブ110になりました。
不評モデルだから新車同然のバリもので乗り出し15万くらいだったそうです。
  • (1)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
カブも、リトルと鉄カブ70.90は値上がり気味ですね。
ホンダも50cc生産はやめるとのもっぱらの話なので、上タマのリトルを資産形成(笑)のために仕入れようか悩んでます。(^^;
  • (0)
  • 返信