新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000046access

1578138164390M.jpg

アイボールさん

ステータス

日記投稿件数
13件
インプレ投稿件数
348件
Myバイク登録台数
12台
ウェビ友
0人
■車種名
KAWASAKI Z125 プロ
■Myバイク
KAWASAKI Z125 プロ
■難易度
中級

ウオタニSP2装着後のプラグ仕様を色々テストをして、8番レジスターで焼け具合が少し落ち着きました。
そこでウオタニSP2取説にあるイリジウムタイプの推奨からテスト実施です。
Zの仕様は吸気はノーマル戻し、排気はヤマモトレーシングのダブルサイレンサー仕様にしてウオタニSP2のZ125PRO用装着してあります。
レジスター8番電極1.2ミリ辺りがベストのようなので、イリジウムタイプも同様にテスト実施です。
まず、始動時3週間程保管したままでしたが一発始動は流石にイリジウムと感じました、レジスタータイプ電極隙間1.15ミリ以上では同条件で2、3回クランキングして始動していましたので期待出来ます。
テストでは雨天続きの為コースにも雨水が流れて所々がウェットでしたので、あくまでも個人的な感覚違いとなります。
1.2ミリでは低回転、中回転域はほぼレジスタータイプと変化が分かりませんでしたが回転のつき具合はスムーズです。
高回転域では例の一伸びが気持ち長くなる感覚で、レジスタータイプ比ではブレーキ操作調整が必要なコーナーも有りました。

やはり待機中のブレーキ強化品セット?
電極の焼け具合は少し焼け過ぎかなぁと言った感じです。
次に1.1ミリでは同条件での始動はやはり、一発始動です。
このテストも雨天続きの雨水が流れている所々ウェットの同条件でテストが出来ました。
低中回転域ではレジスタータイプと同様にトルク感を強く感じ、変化はないと思いますが?感覚的に中回転域から高回転域の間辺りから上、少し例の一伸びのようなエンジン回転が始まるように感じます。
高回転域では相変わらずトルク感と共に一伸びがスムーズな感じでエンジン回転か綺麗に回る面白い感覚です。
自車の焼け具合は少し改善され1.1ミリが良いのかもしれません、パワー的には隙間が広い方が良いのかもしれませんが、ノーマルインジェクション仕様ではここらが落とし処かなぁと。
SP2のZ専用キットも細かなセッティングではなく、簡易装着とほぼポン着けでの効果を追及したのではと思います。
それでも自分で感じた、SP2の効果は確かに素晴らしいと感じました。
尚、イリジウム電極1.1ミリ隙間でしっかり確認後、最終段階としてノーマル吸気と高効率エアーエレメントでの効果と変化を比較します。

  • 都道府県:
  • 静岡県
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全1件)

アイボールさん
本文中コメント追加しました。
  • (0)
  • 返信

カワサキ Z125 プロの価格情報

カワサキ Z125 プロ

カワサキ Z125 プロ

新車 45

価格種別

中古車 71

本体

価格帯 28.9~37.4万円

34.52万円

諸費用

価格帯 2.5~3.2万円

2.78万円

本体価格

諸費用

本体

29.8万円

価格帯 19~39.49万円

諸費用

3.4万円

価格帯 2~4.98万円


乗り出し価格

価格帯 32.1~39.9万円

37.3万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

33.2万円

価格帯 21~44.47万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す