新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000071access

no_cover.gif
ポッポ長岡店

ポッポ長岡店さん

ポッポ長岡店

todouhoken.svg

京都府 長岡京市長岡 1-27-21

ポッポ長岡店

主に、原付スクーターの販売、整備をしておりますが、時々重量車の整備もしております。

ステータス

日記投稿件数
6件
インプレ投稿件数
0件
Myバイク登録台数
0台
ウェビ友
0人
■車種名
SUZUKI GSX-R400
■作業実施ショップ
ポッポ長岡店

1989年式 スズキ GK73A GSX-R400 走行距離31446km 最近1か月前からエンジン始動困難、エンスト等が多発していたのですが、ついに全く始動できなくなってしまいました。

 

まず、プラグの火花をチェックしたところ、まったく火花が飛んでいません。点火系の診断を進めていきます。

イグニッションコイル一次側のイニシャル電圧測定、メインスイッチONで12Vの電圧あり。次に二次側のピーク電圧。テスターにピークボルテージアダプターを取り付けクランキングして測定。これが異常に低いといより、全く電圧が発生していない。次に、イグナイターへの電圧測定。メインスイッチONで12Vの電圧あり。イグナイターが正常に作動していると仮定すると、消去法で原因はシグナルジェネレーターと考えられます。シグナルジェネレーターのピーク電圧測定。これも全く電圧が発生していないよう。抵抗を、測定しても基準は100Ωに対し、絶縁状態です。ここまでの診断で、シグナルジェネレーターは明らかに故障していると判断。イグナイターも同時に故障している可能性も捨てきれませんが、とりあえずはシグナルジェネレーターを交換してみることにします。

シグナルジェネレーターとクランクケースカバーガスケットのメーカー在庫があることを、確認してから分解してみました。

そして、シグナルジェネレーターのコイルに出来るだけ近い位置で再度、抵抗を測定しました。やはり絶縁状態なので配線部の断線ではなく、コイル部の故障と判断。

シグナルジェネレーターとガスケットを取り寄せ、まずは、新品のシグナルジェネレーターの抵抗が100Ωであることを、確認。

そして取付後に、ピーク電圧の測定。3V程度発生しており、これが正常な電圧かどうか、わかりませんが交換前は、全く電圧は発生していなかったので改善していると判断。

そしてプラグの火花チェック。

無事に火花が飛ぶようになり、エンジン始動できました。

それにしても、この古いバイクの部品が今でも入手できることは、ありがたいですが、パルスジェネレータの当時パーツカタログに記載されてる価格は、3550円。現在の価格は、約3倍の10,300円でした。

今回は、イグナイターは故障していなかったので運がよかったです。

イグナイターは、販売終了となっていますので。

コメント(全0件)