新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000066access

1641127944850M.jpg

一休さん

ステータス

日記投稿件数
110件
インプレ投稿件数
3件
Myバイク登録台数
13台
ウェビ友
0人
  2023年11月12日

NSR250SE サーモスタットバルブの交換とその効果

■車種名
HONDA NSR250R SE
■Myバイク
HONDA NSR250R SE
■難易度
中級

猛暑前の6月の話です、作業写真を撮らなかったので投稿していなかったのですが、作業後に数か月乗ってみて、結果が良かったので投稿することに。
 

2年前にレストアしたNSRですが、レストア作業中は早く乗り出したい気持ちが強く、サーモスタットは交換せずに様子見としていました。
いざ乗り出してみると、エンジンが温まった後でも水温計の指針が1mmしか上がらないという問題が生じ、水温計の故障なのか、水温センサーの不調か、サーモスタットが閉じないのかと思案しながら、気が付けば2年間乗ってました・・。なぜなら冷却水ホースやラジエターを触れば水温が上がっているか判りますので走行に支障はなく、そしてNSRは何一つ故障もせず、気持ちよく乗れていたので。。
ですが、レストア後2年が経過し軽整備の時期が来ましたので、ついでに作業したところ、正解はこれでした。
写真は交換後の古いサーモスタット(おそらく1992年製造)。

サーモスタットを交換し、水温センサーの接点等を清掃して組みなおしたところ、問題解決。(写真は走行後、冷え始めているところ)
 

古いサーモスタットは少し水温が上がっただけでほぼ開きっぱなしになっていたようで、常時水温が低いまま乗っていたことになります。それでもNSRは故障もせず十分楽しく走れていたのですが、燃焼室の温度が適切に制御されると
(1)暖気後は排気煙がほぼ見えない、ナンバープレート等が油飛びで汚れることが、ほぼなくなる。

(2)今まで以上に軽やか(パワフル)にエンジンが回るので、高速道路の車線変更でさえ、楽しい。

(3)燃費が良くなる(高速道路を「楽しみながら走って」最高25km/L、多少誤差あるかも?)。

さすがに今年の猛暑期間中は乗らなかったのですが、先月あたりからNSRで走り始めると、やっぱり全盛期の2ストってサイコーに気持ちいい!

当時の技術的な頂点のひとつであり、ロストテクノロジーだなー、なんて考えていた時ふと「ヤマハの2ストは、どんなだったのかな?」とだれかが脳内でささやきまして、気が付くとヤフオクで写真の品をポチっていました・・。

 

これが、NSRのサーモスタット交換の最終的な効果です、みなさんはお気をつけて。。

  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ NSR250R SEの価格情報

ホンダ NSR250R SE

ホンダ NSR250R SE

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

226.99万円

価格帯 180~266.35万円

諸費用

1.87万円

価格帯 3.84~7.53万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

228.86万円

価格帯 183.84~273.88万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す