新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000129access

1490656426632M.jpg

団鬼七さん

ステータス

日記投稿件数
26件
インプレ投稿件数
19件
Myバイク登録台数
3台
ウェビ友
0人

逆排気量マウント

車種名
YAMAHA トリッカー
Myバイク
自転車バイク

VTR1000Fからトリッカーに乗り換えて早2年半は経つだろうか。その間に思った事の雑記。
トリッカーは一言で言うなら、「バイクを育てながらバイクに育てられることで、お互い成長できるバイク」

こやつは簡素で非力だ(18馬力)。皆この18馬力という寂しげな出力を見て目もくれないだろうが、しかししかし、これらが愛着を抱く上での最大のメリットなのだ。

整備、カスタムに関して言えば、どこを取ってもシンプル機構でカスタマイズし放題。自分色にマフラー、ハザード、グリップヒーター、USB、燃料計などもプラモデル感覚でつけていくことができる。オイルやパッド整備は言わずもがな。この、「初めから全部入り」ではなく「必要に応じて自分で追加」という余地があるところが大きな魅力だ。

これらはライディングにおいても影響を与えるところで、どんなバイクであっても構造そのものを理解しているものに乗るのと、構造がわからないブラックボックスなものに乗るのとでは乗車時の安心感も格段に違う。

大きなバイクでは右手首を捻れば好きなだけ速度が出るだけかもしれないが、トリッカーにいたってはこの非力な18馬力をいかにして早く走らせるか、ということは全て操縦者に委ねられる。整備同様、オーナーに委ねられる範囲が大きく、そこがとても退屈しない所以なのだと思う。

あと超軽量(130キロ弱)なので、通常のバイクでは怖くてできないようなあらゆる実験ができる。ジャックナイフ級の急ブレーキ、スライドターン、雨の日のマンホールなどを使った急ブレーキ実験など。アホっぽいかもしれないが、これらの限界値を知ったうえで乗るバイクとそうでないものとではライディングスキルが変わってくるのは当然のことといえる。

トリッカーは馬力こそないが遅くはない。遅いとしたら乗り手の問題。これは前述のライディングスキルが上がっていくことに起因すると思うが、限られた力の中で最大限のパフォーマンスを出す技術も身に着けることができる。

私も大型に乗っていたけど、大型に跨っているライダーのどれ程がいっぱしのライディングができているのかなんて知れている。自分の引き出しを増やす意味でも、一定デカいバイクに「跨がってるだけ」の方々には、あらためて小排気量車に乗ってみることを強くオススメする。
  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ヤマハ トリッカーの価格情報

ヤマハ トリッカー

ヤマハ トリッカー

新車 0

価格種別

中古車 82

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

43.98万円

価格帯 26.8~76.78万円

諸費用

4.09万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

48.07万円

価格帯 32.3~74.07万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す