新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000465access

1641127944850M.jpg

一休さん

ステータス

日記投稿件数
110件
インプレ投稿件数
3件
Myバイク登録台数
13台
ウェビ友
0人

NSR250SE アンダーカウルの取り付けとステーの制作

車種名
HONDA NSR250R SE
Myバイク
HONDA NSR250R SE

中華カウルの取り付けも、いよいよ最終段階。
全体の組付け精度はいかに?

この作業で問題になったのが、写真のボルトを受けるカウル裏側のステー(ナット部分含む)が、私のバイクでは欠品している事。
前オーナーは、アンダーカウル全体が一体成型された社外カウルを使っており、その場合このボルトは不要ですが、純正カウルと同じパーツ分割が行われている今回のカウルの場合、このボルトが左右のカウルと写真に写っている四角い穴が開いたフロント側のパーツの3点を結合する要となる部品ですので、無しってわけにはいきません。
このボルトがないと、走行中の振動で徐々に3点のカウルの勘合面ががずれていきます。(実験済み)

純正部品同様に、板金で受け側のステーを作るつもりでしたが、もっとシンプルなものでも十分だと考えなおして、写真のものを制作しました。
強度が必要な部分以外をそぎ落とした、ジェネレーティブデザイン?
このパーツに必要な要件は、
(1) 前述のボルトの受け側ナットとしての機能
(2) 前回制作したラジエターブラケットの下端とアンダーカウル下側を結合し、走行時にカウルが下側あるいは前側へ動こうとする引っ張り方向の力に耐えること。
太めの針金であれば、引っ張り方向の力には十分強いので、クリーニング屋さんがくれる針金ハンガーを素材に作ってみました。

自作した針金パーツ取り付け後の、カウルの裏側の写真。
左右のカウルの勘合部には、ステーを差し込むための切り欠きがあり、そこへ制作したパーツの受けナット部分を差し込み、カウルの表側から前述したボルトを差し込みカウル3点を挟み込んで共締めし、しっかりと固定します。

ちなみに、写真に写っている銀色の断熱材は中華カウルに付属のもので、自分で好きにカットして貼り付けてください、というスタイル。
断熱材の大きさは、十分なものが付いてきました。
マフラーの熱からカウルを守るためには必須です。

ちょっとわかりにくいですが、針金部品の上端側は、前回制作したラジエターステーの下端部へ結合して、カウルを支える構造になっています。
このような部品の構成上、アンダーカウルを取り付ける前に、ラジエターステーも自作せざるを得なかったのです・・。

場所が狭く、カメラでもうまく狙えてませんが、実際にナットを絞める時も、工具と手を入れるスペースが狭くて一苦労でした。。

カウルを閉じる前に、ウォーターポンプとオイルポンプにDMRさんの製品に付属していたシールを貼りました。
DMR製ウォーターポンプの樹脂製ギアと、オイルポンプのパッキン「抜けま栓」を組み込んだ証として、貼っときなさいという意味で、この小さいシールが付属しているのだと思います・・。

いつかこのバイクを手放した時に、次のオーナーがこのシールの意味を理解して、安心できればいいなと思います。

一枚目の写真で外してあった、車体右側の点検パネルの裏側にある固定爪は、少し大きめに出来ており、勘合部をやすりで削って調整しました。
小さめに出来ていてガタがあるよりも、合わせ面がきつめに成形されていて自分で調整できる方が助かります。
他のパーツでも、合わせ面がきつめに作られている部分がありましたが、製品公差(ばらつき)を考慮して意図的に大きめ、きつめに作ってあるように思いました。
ABS樹脂製ですから、削ってサイズを合わせるのは簡単ですので。

そしてついに、外装が完成しました!
カウルの合わせもきっちり詰めることができ、いろいろ苦労もしましたが、結果には大満足。

30年前に製造されたNSRのカウルが、レプリカとはいえ新品で購入できるということ自体、すごいことだと思います。
メーカーの中国の方とメールでやり取りしていたのですが、このメーカーのカウルは、コロナ前までは日本以外の国へも輸出していたそうで、中国企業のモノづくりとグローバルな商売の有り方には、ほとほと感心しました。
ま、それもベースとなる日本企業のバイクが、今も世界中で走っているから、ですけど。

不動車だったNSRも、すっかり若返りました。
カウルを作ってくれた中国の職人さんに敬意を払って、今日の晩御飯は中華にします(?)。

ただし、この話にはオチがあります。

私の場合、燃料タンクだけはオリジナルの状態が良かったので、中華カウルセットに付属のタンクカバーは使用しませんでした。

そのタンクカバー、ホンダのウイングマークの位置が明らかに違いますよね。
タンクの中央部背中側に羽が生えていて、飛んでいけそうなデザイン?
天使の羽みたいで、とてもほほえましい気持ちになりますが、そういう意図のデザインではないんだなぁ・・。
  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ NSR250R SEの価格情報

ホンダ NSR250R SE

ホンダ NSR250R SE

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

226.99万円

価格帯 180~266.35万円

諸費用

1.87万円

価格帯 3.84~7.53万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

228.86万円

価格帯 183.84~273.88万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す