0000286access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ
デイトナ メーターバイザー
名西カワサキオリジナル チップストップエンジンプロテクター

コメント

購入動機・用途・比較車種 沖縄をツーリングするにあたり、W800を4日間レンタルした。その経験から年齢が上がったらこのようなバイクで走れたらいいなと思っていたが、2016年にファイナルエディションを最後に生産終了になるとの報を見て、この機会を逃したら手に入れられないと思い、ショップに展示してあったファイナルエディションを購入した。
長所・満足な点 何より下道を60~70kmくらいの速度(回転数にして2000~2500回転)をキープして走っているのが一番気持ちよい。耳に聞こえる排気音が心地よく、このバイクの性格が一番発揮されている状態だと思う。スタイルは誰もが納得の空冷バーチカルツインのトラディショナルモーターサイクル。エンジン右側のべベルギアもWのオリジナリティを誇らしく表しており、雰囲気満点。フェンダー他のメッキパーツもキラキラして、ファイナルエディション独自のペイントも美しく、乗ってよし、眺めてよし、磨いてよし、の満足度の高いバイク。
短所・不満な点 下道走行の満足度が高いが、スピードが上がるにつれ安定感が失われていく感じで、800ccの割には高速道路や流れのはやい自動車専用道の走行は楽しくない。
また、山道を流す程度ならいいが、ペースが上がるとブレーキが頼りない。
細かい点として、ステップの形状が丸くて滑りやすいのと、ガソリンが少なくなると警告の「FUEL」の文字が給油するまで点滅し続けるのがうっとうしく感じる。
これから買う人へのアドバイス トラディショナルタイプが好きな人は、そのスタイルと雰囲気だけでも買って後悔は無いでしょう。車格的には400ccクラスと変わりなくビギナーやリターンライダー、年齢が上のベテランにも取り回しはしやすいと思います。
新型はフレームが強化されフロントフォーク径も太くなり、リアブレーキもディスクとなるなど、走行性能もよりアップしたようですので、雰囲気だけでなく走行性能も重視する人は新型のほうがよいのかもしれません。
今後のカスタムプラン

カワサキ W800の価格情報

カワサキ W800

カワサキ W800

新車 4

価格種別

中古車 57

本体

価格帯 119.9万円

119.9万円

諸費用

価格帯 ―万円

5.38万円

本体価格

諸費用

本体

92.95万円

価格帯 60.8~131.8万円

諸費用

6.87万円

価格帯 3.2~6万円


乗り出し価格

価格帯 119.9~127.49万円

125.28万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

99.83万円

価格帯 64~137.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー KAWASAKI
バイク車種 W800
年式 2016 年式
排気量 800 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 昔乗っていたバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
特にここがすごい サウンドが心地よい

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 85点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング