新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0001126access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装
ACRY-Point Kawasaki ZX-25R クリアスクリーン

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ

コメント

購入動機・用途・比較車種 4スト250cc4気筒のマシンに乗ってみたくなった為、購入。
現在のメイン通勤号ですが、今後はワンメイクレースにもスポット参戦の予定です。
Team Green Cupにカスタムクラスが新設されたら本格的にレーサー化かな。
長所・満足な点 購入前は低速トルクの細さを心配していましたが、同じ250ccでも2ストのKR-1Rに比べれば十二分に足りていましたね。
特に日常使いで困る事はないと思われます。

少し重ための車体は安定志向でありながら、コーナーではグイグイ曲がっていきます。

鉄フレームは限界を迎える前に「あのー……私そろそろヤバイ、かも……?気を付けて下さいね」とこちらに伝えてくれるので助かります。
(アルミフレームのKR-1Rは「ワリィ!アタシャもうダメだ!ウヒョーッ!」といった趣です)

上まで回すととてもたのしい。
ゆかい!ゆかい!

追記:
ストンプグリップをお探しの方へ。
車種専用品は現状ラインナップにありませんが、ZX-10R(2011-)用の物が流用可能です。
向きを変えてペタッと貼ればアラ不思議、まるでシンデレラフィット!
短所・不満な点 件のTeam Green Cupは、参加の敷居を下げる名目で改造範囲が物凄く狭いのですが、せめてバックステップだけは付けたいかなー……なーんて思います。

ブレーキペダル・シフトペダルをオフ車並に上向きにして、ステップを足裏で畳んだ状態でコーナリングしましたが、鈴鹿サーキットの2コーナーとスプーンでそれぞれのペダルを削ってしまいました。
……もっと身体をインに入れて走れという事かな?頑張りますw

レース指定タイヤのダンロップ GPR300はトラコンを切らなければそんなに滑りません。
レースの周回数によっては後半に熱ダレしてこないか少し心配。

追記:鈴鹿のTeam Green Cup走ってきました。
GPR-300はやはり熱ダレして4周目くらいからグリップが低下、8周目は少々スリリングな感じでした。
トラコンを切って滑らせながら走った方が速かったかも?イヤイヤ、それだと転んでいたかもしれませんね><
レース全体を通じ転倒車も多く、乗るのが下手っぴでタイヤの性能頼りの自分は安全面の観点から来年度タイヤ変更可のカスタムクラスを新設して欲しいなーと思いました。。。
これから買う人へのアドバイス 今後排ガス規制が更に強化されてくると生産が難しくなってくる事が危惧されます。
乗ってみたいな、と思われる方は今のうちに買っておくのが良いかもしれません。
今後のカスタムプラン ライダーの軽量化はボチボチ完了したので、あとは練習あるのみ!
カウルが派手に壊れたらレースカウルにしましょうか…

カワサキ ZX-25Rの価格情報

カワサキ ZX-25R

カワサキ ZX-25R

新車 147

価格種別

中古車 106

本体

価格帯 78.1~96.3万円

93.59万円

諸費用

価格帯 6.3~7.77万円

5.59万円

本体価格

諸費用

本体

76.04万円

価格帯 54.78~96.69万円

諸費用

5.33万円

価格帯 8.57~9.5万円


乗り出し価格

価格帯 84.4~104.07万円

99.18万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

81.37万円

価格帯 63.35~106.19万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー KAWASAKI
バイク車種 ZX-25R
年式 2021 年式
排気量 250 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費 およそ 25 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング