新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000386access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装
グリップパッド
アチェルビス ネオプレンゲイター

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール
エアバルブ(サイコロ)

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ
スマホケース
usbソケット


装着パーツ合計金額 ¥75,321 (税抜き定価)

コメント

購入動機・用途・比較車種 軽さは正義。
vtr1000fがオーバースペック、かつ普段使い出来なすぎたため、日に日に使用頻度がなくなりこれではイカンと思い立ったため。
あとライディングスキルの向上のため。
長所・満足な点 とにかく取り回しが楽。
ハンドル切れ角が正に自転車の如くえげつないので、転回が余裕。
加速~通常巡航はノーマル状態でもなんのストレスもない。

見た目は最初はただの自転車だが、如何様にも自分色に変えていける楽しさもある。
短所・不満な点 短所は長所の裏返し。それを買ってから文句言う奴は当初見積りが甘いだけ。

不満ではないが強いて言うなら苦手分野は高速巡航のみ。もともとハンドリングが超軽いことが仇となり、110キロ超えるとハンドルがブレる。(腕力ステダンでカバー)

贅沢言うなら最低限燃料計とハザードはあって欲しかったが、デフォルトで足りてない状態がまた魅力であったりする。(ハザード、燃料系は後付けした)
これから買う人へのアドバイス あんたのテクならコレで充分。
というか玄人でさえこれで楽しめます。

カタログスペックは決して高くない(低い)が、それが速さや楽しさとは異なることを実感できるバイク。走りだってアウトバーンを走る人でない限り間違いなく楽しめます。そして安価でシンプル機構なので、自己メンテナンスも容易かつ自分色に染める余地が多く、愛着も一層沸くかと思います。

コンビニ余裕、街乗り余裕、峠余裕、林道余裕、高速無問題なので、乗れる局面がかなり多いバイクです。普段使い&ツーリング含めたトータルの費用対効果はリッターバイクや原付原二よりも明らかに高く、セカンドバイク買えないお父さん達には良い相棒と思います。
今後のカスタムプラン パフォーマンスダンパー

ヤマハ トリッカーの価格情報

ヤマハ トリッカー

ヤマハ トリッカー

新車 0

価格種別

中古車 82

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

43.98万円

価格帯 26.8~76.78万円

諸費用

4.09万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

48.07万円

価格帯 32.3~74.07万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 トリッカー
年式 2010 年式
排気量 250 cc
購入/試乗時期 2019/3
走行距離 およそ 5000 km
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 95点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
  • エンジンオイル

    【純正基準値メモ】:
    【オイル銘柄】:HONDA ホンダウルトラG3【10W-30】【4サイクルオイル】
    【交換量】:1.2リットル
    【オイル粘度】:
    【オイルフィルタ交換】:無
    【オイルフィルタ銘柄】:
    【総走行距離(オドメーター)】:5000km