梅村 丹八さんのMyバイク

0000427access

カスタムポイント

マフラー デイトナ サーモプロテクトラップ グレー 50mm×4.5m
ブレーキパーツ ZETA パイロットレバー 黒
流用 ヤマハMT-01後期型用純正セミラジアルマスターシリンダー
機体右側面パーキングブレーキレバー > ウラル純正 2017年式ハンドルバー取付パーキングブレーキレバーホルダー
クラッチ 流用 ヤマハXJ6用純正クラッチレバーホルダー
ZETA パイロットレバー 黒
ハンドルまわり TANAX ミラーオフセットホルダーS45
流用 TANAX/鈴木V-STOROM1000 初期型スクエアミラー
星光産業 ラウンドセーフティーミラー
FANATIC 薄型バーエンド 黒 +POSHヘビーウェイトナットM5(M6に加工)
ariete グリッピー (クラッチ側のみ)
ALCANhands アジャスタブルハンドルブレース 黒 (260-320mm)
ステップ
ラジエーター
オイルクーラー キノクニ製 オイルブロック+オイルクーラー(ナロー 75×185mm AN8) +薄型オイルフィルタ
サスペンション
ホイール ウェビックモード リムロック 2.15インチ (後輪のみ)
DRC アルミリムロックスペーサー 黒 (後輪のみ)
DRC エアバルブマッドガード 黒 (後輪のみ)
車体回り ヒューズボックス移設 ヘッドライト裏 > 機体左側面カバー内(Rマスターリザーバータンク移設後の位置)
ウラル純正 2017年式 エンデューロベンチシート
外装 純正流用 ウラル/パトロール用サイドカースクリーン
純正 リヤ/サイドカーフェンダー兼用ラック ※サイドカーフェンダーに取付
デイトナ 汎用ナックルバイザー 黒/ABS
暫定使用 旭No.99 スポーツウインドシールド(タレ取り付けず)
エーモン 三角表示板
純正流用 現行SAHARA型側車ノーズラック
純正OP 「バラホールカ」ボックス ※一個だけ
ランプ類 H4 LEDヘッドランプ/フィリップス製
LED車幅灯/LED尾灯/LED制動灯/LED方向指示灯+POSHインジケータースタビライザー
SIRIUS LEDフォグランプ×2
ヘッドライト制御リレー (Hi側を一度使うと以後点灯)
点火系パーツ イリジウムプラグ NGK BPR6HIX>BPR7HIX
永井電子 シリコーンパワープラグコード ※BMW R100RS用 流用
スプロケット・駆動系
キャブレター・吸気系
エンジン 純正OP ディープオイルパン(+1L)
社外品 ウラル用強化オイルポンプ
エンジン強制空冷ファン(YZF-R6純正ラジエターファン×2)
メーター類 デイトナ アクアプローバHG取付(油温計/電圧計/時計)
アクセサリーパーツ T-REV
ETC車載器/ミツバBE-021
ワイズギア給電ソケット ※廃盤
ドライブレコーダー NECKER V1 plus
RAMMOUNTS 一式 (ハンドル{ブレース}マウント 8インチタブレット用)
純正流用 リバースギアフットシフター

コメント

購入動機 車で二年連続して被追突事故を受け、バイク用ヘルメットの重みに耐えられない体になって腐っていたが、街で停車中のウラルサイドカーを見かけて興味を持ち、ノーヘル可なウラルならこの身体でもまだ演れるか?と思い立ちバイク全て放棄して購入
長所・満足している点 圧倒的存在感ω
兎に角悪目立ちする
超強力オッサンホイホイω抜群の誘引力

唯一無二のロシア製軍用ベース側車付きバイク


シンプルで整備性に優れる上異様に頑丈で、事故程度ではまず廃車にならない

空冷水平対向二気筒の時代が二周りしたような機体構成
E/Gも当時のBMWの完全コピー品(現状はサイドバルブ>OHV/650>750)


「本来は」悪路がメインステージ
後ろが二輪共駆動する上、350kg級でジムニーより軽いので、、、
二輪四輪見渡してもコヤツがピンを取れる状況もω

二輪にはまず不可能なフルロックでのターンが容易で、転回は思ったより得手
雪道が楽しい

2WD機はトライク扱い故MT普通免許/ノーヘル騎乗可
短所・不満な点 年々マシにはなってはいるようだが、ロシアクオリティが散見ω
例/鍵が5本もあるω
元々イグニッションキーしかなかったのを必要に迫られ年々追加と思われ

鮫と同じで止まると死ぬω
オイルクーラー無しの空冷E/Gですり抜けも不可能故、夏季の渋滞はオーバーヒート注意※個人的にはオイルクーラー+空冷ファンで対策済

側車付き機は流石に運転難易度が高い
加減速、ハンドル操作、体重移動を高度に組み立てて何とか、、、
まっすぐ走ってまっすぐ止まる四輪が児戯に思えるレベル

二輪のナンバー、二輪の任意保険、四輪の免許、四輪の駐車位置等々、、
車検証でも判別不能故、分かっていない人間のほうが多いので説明が大変ω
しかも、1WD機は外見上の差異も殆ど無いのにただの側車付きオートバイ(要二輪免許/要ヘルメット)
#分離不能構造、即ちドライブシャフトが側車に通っている事が判別方法になる


相応に高コストω
「側車付き機にしては」癖も少なく走らせやすいらしいし低コストだが、、、
ガレージ所有も望ましいし、敷居と道楽レベルがやや高い

あまりにも珍しい機体なので汎用品の部品適合等の情報量が絶対的に不足気味
用途・思い出、これから
買う人へのアドバイス
頚椎脊椎にダメージを受けたため、バイクをすべて放棄し、ノーヘル騎乗可のこの機体で再復を期す

単車の軽快さは無いが、側車付き機にはまた違った利点と楽しさがある
ある程度の金銭的余裕、格納場所、即応整備技能かトラブル許容力は必要だが、その気さえあれば本気で一生死ぬまででも乗り続けられる稀有な機体
今後のカスタムプラン ※未着 純正OP 機体同色大型フェアリング

スペック

バイクメーカー ural
バイク車種 Gear-Up
年式 2016 年式
排気量 750 cc
購入/試乗時期 2016/05
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 81点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング