新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000076access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー
[Amazonにて]DELKEVIC S/Oカーボン 350mm KIT09G1

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装
スフィアライト バイク用LEDヘッドライト RIZINGα H4 Hi/Lo 6000K 車検対応 SRAMH4060-02

駆動系

エンジン
[SU-6509]K&N リプレイスメントエアフィルター

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ
KIJIMA ヘルメットロック
[Amazonにて]Kaedear ミラー共締めクランプバー22mm M10
[Amazonにて]Kaedear スマホホルダー デビルホーン KDR-M26A-BK(置くだけ充電)


装着パーツ合計金額 ¥73,020 (税抜き定価)

コメント

購入動機・用途・比較車種  FLTRXの維持費が高いわりに、退屈に感じ、乗らなくなったので手放し、中古でイイ玉(4600km/ETC/メットホルダー)を発見して購入。
 実車が届いて、またがってみたら昔乗ってたZX-6R SE('15ak)に比べ、中途半端に楽なセパハンで、ゆったりしつつも、アクセル開けると『グオオッ』と吠えるの最高過ぎました。
 扱い切れるパワーってこう言うモノだよね。6Rと比べて、こっちの方が開ける楽しさは上、スピードよりも、必要な時にガツンとトルク出して加速してくれるコイツは最高です。
 SV650とも迷いましたが、普通過ぎてもつまらなさそうだったので、セパハンで正解でした。姿勢はキツいけど、セパハンからバイクデビューした身からすれば、何ともない。
 SV650との違いとしては、ロケットカウル風のアレ、セパハン、デカいラジポン装備、タックロールシートです。
 新車の価格で差額4万ほどですが、差額分以上の価値はあります。
長所・満足な点  乗った際のセパハンですが、ミドルSSよりキツくなく、250ccによくあるセパハンの位置から、やや広くなっています。
 コレがコーナリングで効いてて、寝かしやすく、切り替えもしやすく、フロントのプリロード調整もでき、走りに関しては、ウルサくなれます。
 BABYFACEのバクステ組んでますが、組まなくとも純正ポジションで十分でした。納車して、帰ってくるまでに、BABYFACE返品も頭よぎりました。
 後ろから見ると、謎のSSに見えるの面白いです。正面から見ると、やる気のあるネイキッドと、いくつかの顔を持ってるからか、観ていても飽きがこない感じがイイ。
 シートが固い、首が痛くなると書かれていますが、週に3回、24時間ジムで鍛えているからか、お尻が痛くなるや首が痛くなることも、肩が凝ることはないです。
 鈴鹿ツインサーキットでの、ラ・パラ!走行会で、サスのプリロードは前後とも硬め、ロードスマートIIIの空気圧も落として、走ってきましたが、コーナーをガンガン攻めれます。
 ツーリング、峠、サーキットまで、このVツイン、奥深すぎやしないか?と思わずにはいられません。
短所・不満な点  ヘッドライトは、スフィアの据え置きタイプにしました。ハロゲン暗すぎます。
 風防が小さくパワーブロンズのスクリーンを買おうか迷ってます。SV650にはスクリーンたくさんあるのに、SV650Xになると少なるなるのは、悔しいです。(ノーマルSV650ヘッドライトをマルっと移植すればできないこともないかも?)
これから買う人へのアドバイス  ガソリン仕様、リッター30km超を狙える燃費、タイヤ1万キロ持つ、フロントはダブルディスクに4ポットキャリパー+ラジポンなど走るコスパは最強な部類と思います。
プラグ交換はタンクの前側を外すと、後ろ固定したままパカッと開く機構があり、整備性の高さも決め手でした。赤男爵で、2024年4月に買いましたが、球数が少ないです。
 SV650は海外では人気車種なのに、国内でのVツインの需要は減るばかりで、惜しい車種です。
色んな250cc、ミドルSS、大型ハーレーを経験して、維持費の割に楽しくない車種はアカンなと思い、走りのコスパを求めて、今回のSV650Xになりました。長く付き合っていきたい。
 納車したその日、バクステとマフラー組んで、夜中の0時近くまで時間忘れて乗ってたけど、やっぱバイクって感じがするのは、この軽さに、エンジンならではと、思いました。
 学生の頃に、初めてのバイクでZZR250を納車した時も、1人で夜な夜な乗ってたの思い出しました、そんな感じで付き合える、これぞバイクって乗り物だと、感じました。
パワーありすぎても(6Rのリミッター無しフルパワー)、トルクあり過ぎても(FLTRX鬼の15キロ)、我々には扱いきれないです。
 走りも、消耗品も、乗り心地、このコスパを求めるなら、迷わずSV650Xですよ。
 ただし、セパハンは慣れてないとキツい、かと言って、SV650にして、あとでセパハンにするのも大変なので【後はノリと勢いで】決めるしかないです。
今後のカスタムプラン パワーブロンズのスクリーンいるかな?
才谷屋のアンダーカウル、ハイパープロのスプリングを前後サスに装着したい。

スズキ SV650Xの価格情報

スズキ SV650X

スズキ SV650X

新車 76

価格種別

中古車 13

本体

価格帯 64.9~104.72万円

79.55万円

諸費用

価格帯 6.55~11.09万円

6.15万円

本体価格

諸費用

本体

58.76万円

価格帯 44.98~72.49万円

諸費用

7.1万円

価格帯 1.37~6.43万円


乗り出し価格

価格帯 71.45~115.81万円

85.7万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

65.86万円

価格帯 51.41~73.86万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 SV650X
年式 2019 年式
排気量 650 cc
購入/試乗時期 2024-04-24
走行距離 およそ 420 km
燃費 およそ 30 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング
こんな人にオススメ コスパを重視する人に
特にここがすごい 燃費が良すぎる

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 84点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
  • 燃費

    【今回の走行距離】:245km
    【給油量】:8リットル
    【燃費】:30.6km/リットル
    【総走行距離(オドメーター)】:km