新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000033access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ

コメント

購入動機・用途・比較車種 取り回しで腰や肩を痛めてZ1300を手放した後、超重量車への反省から装備重量200kg程度までのバイクを探すことにしました。マルチ派ですので4気筒の中から、古いところではCB500four、新しいところではCB650R等を検討し、CB650Rはレンタルバイクを借りて確認したのですが、パワーは必要以上にあるものの、テンプターを置いていたスペースにはラダーで上げることが出来なかったため、予算内でCB500fourが出てくるのを4か月以上待っていましたが出物が無く、そこに今回のR65LSの出物がありました。4気筒ではないものの、昔見ていたドラマ”The Day After”に登場し「ナウくて恰好良いバイク」として憧れておりましたが、10代の若者に148万円もするバイクが買えるわけもなく高嶺の華でした。整備ベースでしたが俄然欲しくなり購入しました。タイヤ交換などの基本的な整備を行い車検を通して無事に公道復帰を果たし遠くました。
長所・満足な点 /5以降のOHVボクサーはストロークが共通でボアのみで排気量を変更しているのですが、R45・R65は9ミリメートルショートストロークのため、非常に軽快に吹き上がります。またホイールベースも短く、車重も軽いため取り回しも400ccなみに感じます。40年以上前のバイクですが国産車と異なり消耗部品の供給に不安が無く、シンプルなメカと併せて維持が楽です。さらに年式の割にブレーキも良く効くのも美点です。しかし、何といっても80年代のモダンさを体現した、ハンス・ムートによるナウいディザインがLSの最大の魅力で、ベテラン向けとして見られていた当時のBMWの中の「ナウなヤング向け」のバイクで、当時若者であった小生のハートを捉えて止みません。
短所・不満な点 製造台数が少ないため、カウル類やブラックのマフラーなど、LS専用部品は入手が困難であり、R100RSなどの部品状況と比べると少し残念な感じがします。(国産車と比べると贅沢な悩みですが・・)また、50馬力のエンジンは650ccとしては非力で、サスペンションやフレーム剛性なども前時代的で、現代のレヴェルでは勿論、それより完全に古いCB450などより明らかに遅く感じますので(雑誌のテストデータを比べてもCB450より遅いです。)もう少しパワフルだと有難いです。但し、パワフルではないものの高速巡行は得意で最高速度が劣る当時の同クラスの国産バイクたちより高い巡行速度を保つことができます。
これから買う人へのアドバイス 整備されて調子が出ていることが条件とはなりますが、BMWらしくパニアケースを付けて長距離ツーリングが似合うバイクです。またパニアケースを付けずにスポーツ走行や街乗りも似合うバイクで、どんなシーンでも使いやすいバイクです。何よりハンス・ムートデザインは見る者を魅了し、特別なバイクを持っているという満足感があります。シンプルなメカニズムですので、自分で多少弄れるひとならば、維持も難しくありません。兎に角数が少ないので値段と状態に納得がいくならば、是非購入して下さい。
今後のカスタムプラン

スペック

バイクメーカー BMW
バイク車種 R65LS
年式 1982 年式
排気量 650 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング
こんな人にオススメ 他人と同じバイクは嫌だ
特にここがすごい 希少価値がすごく高い
登場映画 海外ドラマ”The Day After”

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 85点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング