新しくなったプロフ画面を充実させてウェビ友を作ろう!

0000264access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます。ただし消耗品など、一部連携対象外商品があります。

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール
Y'S GEAR(YAMAHA)ワイズギア(ヤマハ)アクスルプロテクター

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ
SHAD パニアケース、トップケース、取り付けステー
ETC
Y'S GEAR(YAMAHA)ワイズギア(ヤマハ)タンクバッグ

コメント

購入動機・用途・比較車種 発表時からLMWの乗り味が気になっていた。60代も半ばを過ぎ、足腰が達者なうちに乗っておこうと購入を決意し、トレーサー900から乗り換えた。
用途は日帰りの近距離ツーリングから数泊の長距離ツーリングのみ。
長所・満足な点 雑誌やネット上にさまざまあるインプレのとおり、コーナリングの安定感は抜群。前二輪の恩恵で縦溝や荒れた路面でも安心して走行できる。

操縦感覚はほぼ二輪車と変わらず違和感はない。
乗り始めた当初はセルフステアが二輪車より鈍いため旋回時に意識的に(ややオーバーに)倒しこむ必要があったが、いまはそれも楽しい。

見た目のインパクトに比べて、エンジン特性はトレーサー900より穏やかにチューニングされていてロングツーリング向き。ロングスクリーン、グリップヒーター、センタースタンド、スポーツシート等のオプションほか、SHADのパニア装着で、快適性と積載性も向上し、長距離ツーリングでの満足感は高い。

外観のボリュームはあるが燃費は想像以上に良好で、乗り方によるがコンスタントに22km/L以上は固い(ロングツーの場合は24km/Lはいく)。
短所・不満な点 前車がトレーサー900だったため、前二輪によるフロントの重量増で、取り回しがきつく感じる(が、ハンドル切れ角が思いのほか大きく切り返しには助かる)。

スタートからの車速の伸びに鈍重さを感じるところがある(車重に対してもう少しパワー感が欲しい)。

フロントタイヤの泥ハネが、ちょうど両足を直撃する位置関係となり、雨天時や雨上がりの走行には対策が必要になる(新型の発表に伴いワイズギアからマッドフラップが発売されたため装着)。

三輪のためタイヤ交換が高くつく(仕方ないが)。
これから買う人へのアドバイス 好き嫌いがあるかもしれないが、新しい乗り物に興味があれば乗ってみてほしい。
実際に乗ってみると安心感が得られる場面が多く、とくに安全に長距離を走りたいライダーの選択肢に加えられると思う。
今後のカスタムプラン

ヤマハ NIKENの価格情報

ヤマハ NIKEN

ヤマハ NIKEN

新車 24

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 188~220万円

210.91万円

諸費用

価格帯 8.59~8.61万円

5.1万円

本体価格

諸費用

本体

129.92万円

価格帯 82.5~165万円

諸費用

17.93万円

価格帯 6.86~10.58万円


乗り出し価格

価格帯 196.59~228.61万円

216.02万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

147.86万円

価格帯 89.36~175.58万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 NIKEN
年式 2018 年式
排気量 845 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング 連泊
こんな人にオススメ 他人と同じバイクは嫌だ
特にここがすごい 走行アシスト機能が充実

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング