0000097access

コメント

購入動機・用途・比較車種 GSX-R1000に乗っているので、いつかは末弟も手に入れたいと思っていたが、昨今の燃料高騰で「燃費差額でペイ出来るのでは」と思い、新型も出ていたが、旧型が4万安く、カスタム品も豊富で、新型の改良点である発電量の増加とライトの光量UPは、USB電源付けない・夜乗らない自分には必要無しだと思い2021モデルにした。
長所・満足な点 個人的には軽自動車のNA並みの動力性能は出てると思うし、コーナーは高い速度で回れ、燃費が良く、維持費・消耗品・カスタム品も安い。
6速3000回転からもまったりと加速でき、あるバンク角からフロントから急に旋回力が増す感じがR1000にも似た感じがする。アドレスV125Gと比べても20Km位の速度レンジの違いがある。
短所・不満な点 自分の体形では、ハンドルが近くてかなり窮屈なポジションで長時間で体がキツイ。ただ前傾姿勢にはなりにくいので首や手首は少しマシだった。
これから買う人へのアドバイス 今の時点では新旧新車が買えるので、USB電源付けて、夜に乗る事がある人は
新型の方が良いと思う。早く安くカスタムしたい人は旧型が良いと思う。
自分は旧型買う時に、9月のリコール対象車か確認して買ったのでその点では安心している。
今後のカスタムプラン

スズキ GSX-R125の価格情報

スズキ GSX-R125

スズキ GSX-R125

新車 178

価格種別

中古車 78

本体

価格帯 34.8~70.4万円

41.42万円

諸費用

価格帯 ―万円

2.31万円

本体価格

諸費用

本体

37.14万円

価格帯 26.8~55万円

諸費用

1.8万円

価格帯 3~3.93万円


乗り出し価格

価格帯 37.37~70.4万円

43.73万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

38.94万円

価格帯 30.73~58万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 GSX-R125
年式 2021 年式
排気量 125 cc
購入/試乗時期 2022
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ コスパを重視する人に
特にここがすごい コーナリング性能が抜群

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング