mobiさんのSUZUKI GSX-R1100 YOSHIMURA:ヨシムラ テンプメーターセンサー 【TYPE-B】インプレッション

0000277access

プロフィール

誕生日
5月 1日  
血液型
O型  
都道府県
大阪府  
活動エリア
 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
113件
インプレ投稿件数
81件
MYバイク登録台数
3台
友達
3人

取り出し口変更のためリプレイスです

2015/03/16 20:51

5.00
取付車種:
SUZUKI GSX-R1100
評価のタイミング:
  • 期待通りの性能
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド

'91油冷GSX-Rへの使用です。
元々同年式は、オイルパンのドレンを本製品のTYPE-Aに置き換えて使うことがヨシムラより設定されています。
ゆえに本使用においては、ヨシムラサポート外の運用となりますことを最初にお断りします。

さて、なぜ換えたのか、ですが、元々中古で手に入れた本車両ですが、当然のごとくドレンに本プラグが着いていました。
ですが、エンジン直下、エキパイの横、カウルの中ということもあり、案の定取り出し口のケーブルは溶解状態…
センサーの異常か、想定外の油温が測定されるようになり、またオイル交換時の毎回の着脱ダメージもあり、いずれ換えたいと思っておりました。
そこでいろいろ調べていると、同年式車両(K/L/M/N型)以外は、初期型、他車種など今回取り付けた写真のように、オイルギャラリーから取り出しているケースが多く、どうも熱にも持ちがよさそうな印象でした。
また、同年式車両で実際にこのオイルギャラリーへ付け替えている方の情報も得、思い切って換えた次第です。

当然設定外ですので、ヨシムラでの一覧表には載っていませんので、ピッチ、径などを調べ、このTYPE-Bが合うことがわかり購入。
取り付けはいたってシンプル、元からのボルトと入れ替えるだけです。
スタンドを立て、斜めになった状態での交換を行いましたが、予想よりもオイルがあふれてきました。
2~30cc程度は減ったかもしれませんが、ドレンのように滝のようには出ませんので、さっと付け替える感じです。
実際のケーブルの取り回しもエンジン後ろへ回し、可能な限り熱の影響を避けます。

テンプメーターを付け実測してみましたが、安定した表示を示しました。
とりあえず、この位置からの測定でも今のところ問題は無い様子です。
設定外の使い方ですが、もし同年式で参考になる方がいらっしゃれば是非ご参考ください。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES!オススメできます。

参考になった 5人/5人   このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)