並び順:
[ 新着順 | 更新順 | 注目順 ]
1~20件 / 全209件
  • 投稿日
    2022年12月03日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1670057905143M.jpg

    前回フレームとエンジンをくっつけたので、ハーネスに取り掛かる事にした。XLR80RとはCDIやイグニッションコイルの位置関係が若干違うため、部分的に延長したり切り詰めたりしなければならない。 なので、まずは汚くなっているハーネステープを剥がし、バラバラにしてみた。 手持ちのハーネスはエイプ50のものなので、エンジンキャンセラーがついている。 スタンド出したままだったり、ニュートラルだったりするとエンジンがかからない、個人的には傍迷惑な機能だ。 スタンドはDIYでキャンセルされていたが、ダイオードが邪魔である。しかもジェネレーターからの配線が黄/白から唐突に黒に変わる把握しづらい有様である。 と ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年11月26日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1669457648367M.jpg

    XLR80Rが復活して、ちょいちょい近場のお買い物に乗るように心掛ける事にした。クラッチ調整が甘いのかクラッチ板が限界なのか、若干滑ってる感があるが、まあ後日暇を見つけてなんとかしよう。 で、ようやく帰ってきたXLR115R Bajaである。いきなりだが、フレームにエンジンを載せた。いや足回りまだなので、載せたと言うよりエンジンにフレームをくっ付けたと言うべきだろうか。ともあれ、まずはアンダーガードもつけていないエンジンに、フレームを嵌め込む。エンジンが斜めったりクルクル回ったりと、若干苦戦するも何とかエンジン後部の上下ボルトを通す事に成功。みんな足回り組んでからエンジンを載せる理由がわかった ・・・

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年11月11日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1668181681535M.jpg

    下準備も済ませて、錆取り剤も届いたので作業にかかる。 有名どころの花咲Gとか高いし、そもそも錆取り剤自体が効果があるのか疑心暗鬼だったので、お値段優先でモノタロウのPBを購入してみた。個人的には、モノタロウって出荷遅いし、税別表示だし、やむを得ない場合以外は使いたくない。 能書とやり方の記載されたラベルを読むと、まずはコックやキャップを外したら、コック穴を塞ぐ。で、50°~60°のお湯で10~20倍にして希釈した錆取り剤を投入して3~24時間待って、排水、洗浄、錆取りに使用していない希釈済みの錆取り剤を1L投入してタンクを濯いで乾燥させる。との事。 XLR80Rのタンク容量は6L。濯ぎ用の分も ・・・

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年11月04日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1667576260494M.jpg

    アルミ・真鍮錆にやられたキャブをミ○カンの力を借りて無事修復させたXLR80Rだが、キャブの前にガソリンタンクに錆が発生していた為、XR80Rのポリタンクとシートに交換してあった。また悪癖が疼き出し、どうせならやっぱり純正鉄タンクに戻したくなってしまったのだ。しかし新品なぞゴソウダンパーツだし、タンクのみピカピカで全体のヤレ感から浮いてしまう。そこで今度はタンクの錆と戦ってみる事にした。 現状、タンクは空で倉庫保管中。キャップはメインキー、メットホルダーと兼用のCRM純正キーセット。どうせ失敗しても放置していても燃えないゴミが増えるだけ。失敗しても痛くないし、成功すればキーセット的なメリットが ・・・

    • 2 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月29日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1667077795511M.jpg

    アルミ錆でエライ事になっていたXLR80Rキャブ。エンコンにガソリンやボンスターやら、色々駆使したものの、スロージェットの目詰まりは解消しなかった。 そこでダメ元で生活の知恵食用酢を使用してみる事にした。  で、結果。ミ○カンすげぇぇぇ。針金すら通らなかったスローの竪穴が貫通している。パーツクリーナーを吹き込むと勢い良く飛び出す溶液! 指で竪穴を塞ぐと横穴から勢い良く飛び出す溶液!アガるテンションとミ○カンの好感度。あ、キッチンペーパーで覆っていた突起物も綺麗になった。ドレンボルト部の凹み箇所もきれいになった まあ、何を言いたいかと言うと、アルミ錆、真鍮錆にお酢アタックは予想以上の効果があった ・・・

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月28日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1666997466702M.jpg

    20年来のメカニックの先生的ポジションの友人と近場にプチツーリングする予定になった。 なので、ここの所XLR115R Baja作成にかかりっきりで、エンジンすらかけていなかったXLR80Rを叩き起こそうとした。 だがひたすらキックするも、キルスイッチを確認するも、うんともすんとも言わない。挙句オーバーフローする始末である。なんとかエンジンがかかったがアイドルしない。4000回転以下に持っていくとストールする。エンジンがかかっているうちに灯火類をチェックするも異常はない。クラッチの張り付きもない。だがまあ慌てない慌てない。こちとら数十年キャブ車にしか乗ったことのないオッサンらいだなのだ。オーバー ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月22日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1666411490172M.jpg

    前回不安になったカムカバー。開けてみたら案の定向きが逆だった。一枚目の画像はカムカバーをIN側へ90°開いた所。二枚目の画像は向きを直して確認の為に残した画像。クラッチ側に90°開いた状態。 カムカバーの向きを直したらするりと入った。確認重要、ちぃ覚えた。 後は再度ボルト類を規定トルクで締めて腰上再度完成。 で、ようやくスペシャルクラッチカバーの出番である。

    • 2 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月15日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1665843993091M.jpg

    腰下の主要パーツが強化社外品に交換し終わったので、いよいよ腰上に取り掛かる。 当初は100ccのままで行こうと思っていたが、どうせエンジン開けたんだし、ボアアップ作業もしてみたいしという安直な思考でボアアップ決定。使用したキットはクラッチカバーに合わせて、信頼と実績のSP武川 Sステージボアアップキット115cc今回はカムシャフトはノーマルを流用する予定。高回転迄回したくなったらXR80Rカムに交換予定。 パッケージを開封し、内容物を確認、同梱のマニュアルとキタコ虎の巻腰上編に目を通したら作業開始である。 まずはピストンにピストンリングを嵌め込む。リングの上下を示す刻印や、ピストン上部の前後を ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月08日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1665217185802M.jpg

    前回腰下のカバー迄バラしたので、いよいよ用意しておいた各種パーツを組込んでいく事にする。 まずはクラッチ板とオイルポンプである。クラッチはキタコのクラッチディスクセット。お値段の割にプレート迄付いてくるのでいい感じ。なおスプリングはクラッチレバーが重くなるのでノーマルのまま。クラッチディスクとプレートの順番に気をつけながら、エンジンオイルまみれにしながら組んでいく。エンジン作業の最大の敵は、振りかけなければならないエンジンオイルだと思う。手がベタベタになんねん。 で、クラッチを組んだらオイルポンプである。選択したのはデイトナのメガオイルポンプ。複数メーカーを比較したがオイル吐出量が1番多かった ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年10月01日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1664597992474M.jpg

    腰上がバラし終わったので、腰下に取り掛かる。いやシリンダー交換のみのボアアップなら別に腰下触らないでも良いのだけどもね。 伸び気味のカムチェーンの交換やオイルポンプを吐出量の多い物への交換、ついでにクラッチ板の交換もする予定なので。 で、いきなりジェネレーターコイルにこんにちは。いや今更フライホイールの外し方とか記録不要だろう。ちょっと検索すればいくらでも出てくるし、特工あれば悩みも苦労もないしね。 ちなみにこのジェネレーター、全波整流用にGNDに落ちていた交流回収配線を引いてある。これも詳しいやり方は検索すれば腐るほど出てくるので割愛。むしろステーターベースを固定している+ビスをヘックスに交 ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年9月26日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1664170990017M.jpg

    バッテリーBOXがいい感じに出来上がったので、いよいよ心臓部であるエンジンに手をつける事にした。 用意したのはエイプ100の初期型エンジン。当初XR100Rのエンジンを乗せようと考えていたが、ボアもストロークも同じ、比較した感じニュートラルスイッチの有無位しか変わりがない様に思われた。もし違いがあるとしたら、シリンダーヘッド位な気がしたので、念の為XR100Rのシリンダーヘッドを入手しておく。 後はエンジンバラし初心者のバイブル、キタコ虎の巻やフライホイールプーラーやユニバーサルホルダーやらの特殊工具を用意したらバラすだけである。

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年9月17日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1663410220201M.jpg

    昔々XLR80Rにアホみたいにタイラップで武川バッテリーBOXを取付けた。結局コンデンサーで済ませて、バッテリーが搭載される事はなかったが。しかし現在組立中のXLR100R BAJAは全波整流予定なので、バッテリーを搭載する予定ではいる。あくまでも予定ではあるが。で、バッテリーBOXを取付ける事にしたが、エアダクトに泥や水がまわらない様にする為の箇所と思しき、シートベースのツバはカットしたくない。しかしタイラップでは汚い。 色々考えて、バッテリーBOX片手に位置を探る事小一時間、画像の様に固定を試みた。要はシート固定用の左右のボルトを長い物に変更して、バッテリーBOXを共締めしてみたのだ。干渉 ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年9月04日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1662290300168M.jpg

    リアがassyで形になり始めたので、フロントに進んでメインフレームに手をつけた。 とりあえず洗浄して保管してあったXLR80Rのメインフレームを引っ張り出して、一緒に赤のXLR100Rのシートも取り出す。おっふ。シートにカビが。ちょっとした汚れならと思って、YAMAHAのシートクリーナーも用意しておいたが、明らかにダメな状態。最終的に色味が決まってから張り替える事にして、シートは再度物置へシュート!

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年8月28日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1661684624232M.jpg

    やっと届いたチェーンスライダー。早速取り付けようとするものの、固定用のビスがやたらと固くて緩まない。オマケに憎きプラスビス。ナメる気配がぷんぷんしやがるぜぇ。 ショックドライバーを引っ張り出すも、安物のなんちゃってショックなので効きやしない。 そこで、XLR80Rのスピードメーターワイヤーをブレーキパネルに固定していたプラスビスも、同じように固くてナメかけた事を思い出した。その時はL字型のドライバーであっさり回った。ならば今度も同じようにイケるのではと思い、ビスが水平になる様にして片手でL字ドライバーをビスに押し付けてちょっと回転させたら簡単に回った。スイングアームを縦にして、上面のビスも水平 ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年8月14日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1660467308493M.jpg

    機械式タコメーターを取り付けた事で、とりあえず満足したXLR80R。いよいよ雑多なパーツを寄せ集めたキメラのごときバイク、命名XLR100R BAJAの作成に取り掛かろう思う。 まずはリアから。リアホイールはXLR80Rのものを選択し、タイヤはトレールウイングのTW28を履かせた。ブレーキパネルはXR100Rのものを取り付けるが、ブレーキシューがアウトなので、交換が必要である。 さらにブレーキロッドもXLR100Rのものを使用するが、ブレーキランプスイッチを引っ掛ける穴が空いていないので、XLR80Rの現物を参考に電動ドリルで穴を開けた。

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年8月07日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1659855954732M.jpg

    機械式タコメーターを取り付ける為のステーを色々考え、ハンドル周りのあっちこっちにメーターをあてがって視認性を確認した結果、エーモンステーではなく武川のメーターステーが一番綺麗に収まりそうな感じがしたので、早速購入。CB50JXのメーター取付ピッチと武川メーターステー取付ピッチが45mmで一致したので、実に簡単だった。ただ、メーターの取付ネジ部が半ネジの上ストレート部が一回り太い形状だったので、ステーのクッションラバーの形状固定用のカラーを抜かないと取付られなかった。後、文字盤に対して取付ネジ部が、武川社外メーターは水平、CB50JXの純正メーターは垂直にあるので、武川が意図している取付方法だと ・・・

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年7月30日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1659172069583M.jpg

    XLR80Rにタコメーターつける方法は、半波整流で直流を取り出して電源を確保して、イグニッションコイルから信号を取るのが一番簡便な方法であろう。ついでに言えば、我がXLR80Rは前回レギュレートレクチファイアに交換してあるので、パルスさえ拾えば電気式であれば作業は完了である。しかし機械式タコメーターをつけたいのである。「ワイのXLR80R、機械式タコメーターなんやで」と自己満足したいだけでなのである。で、素材を用意した。CB50JXのクラッチカバーとオイルポンプにくっついているギアがこれである。ちなみに同じCB50でも初期型はクラッチカバーの形状が違うので取り付けられない。CB50SかJXなら ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年7月24日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1658643078811M.jpg

    錆という鉄タンクの宿命(2stなら混合給油できるから錆びないのに)により、ポリタンクへと再変更と相なった我が盆栽。 どうせポリタンクにしたのならば、全交流にこだわらずに、電力をもとめて半波整流する事にした。ぶっちゃけた所、長時間かけて一歩下がった様な有り様だ。 だがまだだ、まだ終わらんよ。

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年7月23日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1658568846199M.jpg

    XLR80Rのメインフレームを交換して、XLR100R BAJAの作成に取り掛かる予定であった。案の定予定は未定であって決定ではなかった。 フレーム交換の為全バラしようと、まずはテールから分解しはじめた。フェンダーにサブフレーム、キャリアやテールライト等を外して軽く清掃&タッチアップ。で、タンクを外す前に結構放置していたガソリンを抜く事にした。コックから作業用のメジャーカップに流して、自動車のガソリンタンクへレッツ混ぜ混ぜ。で、気づいてしまった。ガソリンを全て抜いた事により、気が付いてしまったのだ。このタンク、錆びてやがる。コック側底面に結構な面積の錆。しかもタンクを振るとカサカサ音までする。 ・・・

    • 0 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2022年5月03日
    投稿者
    036さん
    Myバイク
    HONDA XLR80
    エリア
    関東
    1651584358419M.jpg

    放置する事幾星霜。重くて地中に埋没したのではと思う、重い腰を上げて増車作業に手をつける事にした。春になったしね。まずは、フレームである。現状完成形と言えるバッテリーレス全交流のくせに全灯火類がLEDという頭悪さげXLR80R。此奴には一点問題点がある。それが、タンクをXR100Rのポリタンクに交換した際に、メインフレームの一部をカットしてしまっているという事だ。カット量も最小にしていたし、純正タンクを載せるのに問題は無いのだが、精神衛生上気になっている。で、どちらにしろ別途XLR80Rのフレームが必要だった事もあり、いっそフレーム交換してしまおうと思い立った。

    • 0 いいね
    • 0 コメント

ホンダ XLR80の価格情報

ホンダ XLR80

ホンダ XLR80

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

26.66万円

価格帯 19.8~33.8万円

諸費用

2.64万円

価格帯 1.81~2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

29.31万円

価格帯 21.61~35.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カテゴリで絞り込む

車種で絞り込む

詳細条件で絞り込む

都道府県別
投稿月

キーワード検索

関連情報

買取参考価格をチェック

バイク買取
一括査定申し込み

※バイク比較.com「バイク買取査定依頼フォーム」へ移動します。