並び順:
[ 新着順 | 更新順 | 注目順 ]
1~20件 / 全32件
  • 投稿日
    2020年1月13日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    走り始めて すぐ感じ取れたのが・乗り味が硬い 空気圧を1.0Kg・cm多めに入れた感じ。・加速が良くなっている。 中間加速はもちろん。 スタート時のタイヤのヒト転がり軽く”楽”になっていて、半クラッチの時間が短くて済んでいる。・走りながらのすり抜けヒラヒラとまではいかないが 軽くなっている。 ジャイロ効果が減少している影響と思われる。・何よりもコーナーリング中の安定感が増しているし ブヨブヨ感がなく、路面の状態・タイヤのグリップ状態などのインフォメーションが感じられる。 ビジュアル的に表現すると”すりガラス”と”クリアーガラス”くらいに違う。 鋳造=柔らかい=たわむ。 鍛造=硬い=たわまない。 ・・・

  • 投稿日
    2019年12月09日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    K1300Sはカテゴリー的には”メガスポーツ”BMWが心血を注いで軽量・低重心に努めているがやはり車重が269Kg(カタログ上)ある。スタート素早さ・加速の鋭さ・ヒラヒラ感を求めてBSTの”カーボンホイール”をオクで見つけたがあまりにも高値・見た目も野暮ったい。悩んでいると今回のK1300SのHPPモデルに装着されている鍛造アルミホイールが運良く出品されたので 勢いでポチった。

  • 投稿日
    2019年12月08日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    近畿

    新車装着時のタイヤ”コンチネンタルのCONTI SPORT ATTACH”をDIABLO ROSSO IIIに交換。皮むきに和歌山県海南市に下道にて走ってきました。天気予報では【寒い】とのことでしたがオーバーパンツを穿いたこともあり 快適な1日でした。途中 柿山の麓を走るのですが 道端に柿が売られているので一袋大きな柿が8個入って200円で購入。 まぁ柿かミカンを買いに走ったというのも事実。さてDIABLO ROSSOIIIのインプレ久々に装着するスポーツ系のタイヤ。・さすがにツーリング系のタイヤに比べてグリップ力は強く コーナーへのブレーキングでもブレーキをより強く握れる チョット突っ込んで ・・・

  • 投稿日
    2019年12月07日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    何回かタイヤ交換・メンテ等でブレーキキャリパーの取り外しを行うとボルトのメッキが剥がれ”サビ”てくる。

  • 投稿日
    2019年11月30日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    K1300Sのフロントタイヤ新車装着時のタイヤ”コンチネンタルのCONTI SPORT ATTACH”にシートが目視できました。リアタイヤであれば もう100Kmぐらい走るのですがさすがにフロントタイヤでは そういう気になれません。因みにリアタイヤが息絶えてから約3500Km走りました。と言うことは リアタイヤ交換2回にフロントタイヤ1回の交換タイミングでいけるのか?もちろん銘柄と季節で違いはでてくるとは思いますが・・・と言うことで K1300Sはしばらくドック入りです(理由は後日日記にて)こういうとき複数台持ちは良いですね~!

  • 投稿日
    2019年11月23日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    近畿

    年に数回食べに行く”マグロ丼”前回行ってから数ヶ月たち 禁断症状が出始めていたので食べに往きは下道最短ルートの国168以前に比べたら”バイパス”が整備されたとはいえ”メガスポーツ”のK1300Sではチョットキツイ!その上に昨晩の降雨により日陰はウェッティーでコーナーではスピードとそれに伴うリーン角に気を遣うし立ち上がりでのアクセルワイドオープンがなかなかできない。その上フロントタイヤの中央右側の溝が無くなっているので気を使いながらそうするとなぜか?身体の動きも硬くなり リーンも浅いのか オーバーステア気味で なんか”乗り”キレない。 この区間はGLADIUS400の方が走りやすかったかな。そう ・・・

  • 投稿日
    2019年11月17日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    東海 近畿

    毎年 伊勢神宮に詣でているが今年は 徳仁天皇陛下の御代になることから・即位礼正殿の儀・大嘗祭が行われたので詣でることに往路は、国道369⇒国道368⇒県道・農道などを走り度合町を抜けて約3時間で到着帰路は、県道・農道⇒国道368⇒国道166で行ってきました。行きのルートには国道368に”仁柿峠”があり約5Kmの”酷道”で国道368はあまり利用していない。ただし国道369は高速クネクネ道で【道の駅美杉】(B)辺りまでは快走路。久々に走ると楽しい。いつもは【道の駅御杖】から青蓮寺湖湖畔道路を走ることが多い。国道368の柿仁峠の酷道(C)は大型バイクではそこそこキツイし楽しくない。この酷道の区間があ ・・・

  • 投稿日
    2019年11月15日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    ツーリングから帰って ナビで走行軌跡を確認するのがツーリングの締めくくり。先日の“ビーナスラインツーリング”でもチョット気に立った点があったがまだ二日残っているのでそのまま流した。その次の週”小牧オープンベース”に行って帰宅して 不具合発生の確信が持てたのでUPします。

  • 投稿日
    2019年11月09日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    ファイナルドライブギアのオイルを交換後 日帰りツーリング(400Km)・駆動系から振動少なくなっていて、ザラツキ感が薄くなっている。・ギアシフト・アシスタント(クイックシフター)を 使用しないシフトチェンジ(UP・DOWN)で ファイナルドライブギアの”バックラッシュ”がマイルドになっている。 アクセルのON・OFFではそれほど解らない。R1200RSではそれほど気にはならなかったがK1300Sは明らかに感じる。R1200RSはフラットツインで爆発間隔が360度で、1回の爆発が585ccでドカドカ感がありそれに紛れて微妙な変化は感じ取り難く。K1300Sは直4で爆発間隔が180度で、1回の爆発 ・・・

  • 投稿日
    2019年11月09日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    中部 東海

    ビーナスラインを走りたくて”ツーリングプラン”を利用して長野県・山梨県・静岡県のクネクネ道を探しながら2泊3日のツーリングへ泊ツーリングになるので 久々に”俵”パニアを装着。左右の重量が同じようになるように着替えを詰めてスタート。”俵”パニアは小型で重量も軽く、R1200RSやVFR800Fのパニアより走行への影響は少ないと 手元に残している。しかし、着替えしか入っていないにも関わらずハンドリングに思いのほか影響があり、いつもの感じではない。特に高速道路を走行しているとき、まるでタンデムしているかのようにリーンが鈍重!・重量はそれほど重くない。・下道より高速道路 特に新東名の120Km/h区間 ・・・

  • 投稿日
    2019年11月07日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    エンジンオイルを2回交換したし きりのいい走行距離だったのでファイナルドライブギアのオイル交換をすることにK1300Sはドレンボルトが新設されているのでパラレバーのスプラインを”切って”ドライブ部を垂らしてオイルを抜くようなことはしなくても良くなっているとのこと。・マフラーとホイールを取り外し・リアブレーキキャリパーを取り外し・ハウジングのドレンボルトを取り外す・ハウジング内側の後方に取り付けられている”ABSセンサー”を取り外すビックリするぐらい汚れたギアオイルが抜けてきた。滴りがなくなった時点で ドレンボルトを仮留めして フラッシングとしてギアオイルを150cc注入して ABSセンサーも仮 ・・・

  • 投稿日
    2019年11月05日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    ハイシートに交換して”ビーナスライン”に足つき性は問題なしポジションは前傾姿勢がやや強くなり 腰・手首への負担は増しているが許容範囲内!シートも硬くなっている(硬いに戻っている)あれっ!K1200SからK1300Sへのモデルチェンジ時点でシートが柔らかくなったはず。K1300Sのハイシートを購入してなぜ硬い方向に戻ったのか?高速道路走行のひざへの負担は少なく”固まり”もかなり改善されていた。シートの硬さも意外にも身体的には全く影響なし(良かった~)ビーナスラインを走行 下りに入ったところで”問題”があらわになった。・シートの座面が前方に傾斜しており、下りでは身体の重心も前方に移動する 特にブレ ・・・

  • 投稿日
    2019年11月05日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    ノーマルのシート高は790mm 足つき性は良好。それとのトレードオフでひざの屈曲が大きく とても窮屈!高速道を長時間走ると”ひざが固まってしまう”K1300Sを購入後約半年が経ち慣れてきたのでハイシート(シート高820mm)に交換することに決意。余談R1200RSのノーマルシート高は760mmで女性でも乗れるような低さそれでハイシート(シート高820mm)に交換して乗っている。シート形状・ハンドル位置・ステップ位置は違えど問題はないはず。因みにR1200RSに比べK1300Sはステップが高く・バックステップ寄りになっているよって同じシート高でもK1300Sの方がひざの屈曲は大きい。

  • 投稿日
    2019年11月04日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    X-Creen-Touringを装着して高速道を利用してのツーリングでのインプレ。フラップは最も高くなるようにセッティング。プラス点・走行風は”みぞおち”⇒ヘルメットの”シールド”部(丁度”目”のあたり)に 移行しとても楽になり疲れが激減!マイナス点・特にフラップ部に”フラッター現象”が発生し目障り 慣れますが・・・・スクリーンを登ってきた走行風がプラスされるのと乱流で ヘルメットの風切り音が2倍くらい大きくなった。空気抵抗による燃費の低下は見られなかった。 ノーマルの場合はライダーの上半身に走行風が当たり MRAを装着後はX-Creen-Touringに走行風が当たる 全面投影面積はほぼ同じ ・・・

  • 投稿日
    2019年11月01日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    リアタイヤをMICHELIN PILOT ROAD5に交換した際2.9Kgに調整してもらい帰宅。その二日後 空気圧を測定すると2.6Kg これはエアーゲージの個体差もあるので2.9Kgにエアー注入。因みにフロントタイヤは2.4Kg これも規定の2.5Kgに注入。そしてTRGを1.5回こなし、洗車のついでに測定するとリアタイヤ2.6Kg フロントタイヤ2.4Kgとやはりリアタイヤの数値が低い。これはフロントタイヤからみて気温がここ数日急激に下がったからと推測できる。ただリアタイヤは新品に交換し 在庫のフリーの状態から加圧しているのでタイヤが徐々に膨らんでおり その影響で空気圧が落ち続けている現象 ・・・

  • 投稿日
    2019年10月31日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S

    R1200RSはもともとスクリーンが大きく走行風からのプロテクションが良いがさらにWunderlichのウインドスクリーンクリアを取り付けているのでヘルメットのおでこから下は走行風が当たらず走行風による疲れがほとんでない。それに比べK1300Sはメガスポーツとのことから ヘルメットのチン部をガソリンタンクに載せるぐらい伏せないと走行風が当たる通常のポジションであるとみぞおちから上が走行風にさらせれ疲れる。と言うことからK1300Sに装着可能なスクリーンの中で一番大きく高いMRAのXーCREENーTOURINGを購入。先ずはスクリーンとフラップを組み立てないといけない。ところが、海外製品ゆえ組立 ・・・

  • 投稿日
    2019年10月28日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    東海 近畿

    土曜の大台ケ原へのTRGが予想以上にウエット路面+濡れ落ち葉で 消化不良になったので翌日曜はなにげに国道166号を東進することに国166号は関西のライダーなら走ったことはあると思いますが、コーナーRがそれほど小さくなく道路幅も比較的広く気持ちよく走れる国道。標高の高い所にある”高見トンネル”西側・東側が特に面白い。道の駅【宇陀路大宇陀】(A)を出て東進(約17Km)過ぎた辺り(B)から登りになり高中速のコーナーが続くコーナーの途中にバンピーなところもあるが走り慣れているので予測ができているが注意してのアクセルオープンの状態が続く(中型車は全開でもOK)高見トンネルを過ぎて下りに入るとS字コーナ ・・・

  • 投稿日
    2019年10月26日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    近畿

    先週ラムエアー吸気ダクトの内部について (1)洗浄とバリアスコート塗布 (2)嵌合部の”段”取り (3)エアーフィルターの掃除をおこなったが、大台ケ原に紅葉TRGに行くにあたって もし変化があったらインプレを書こうと思っていて、チョット気にしていたところ国道に入ったとたん違う明らかにパワーが出ている。レスポンスも良い。排気音も野太く勇ましくなっている。そして第一クネクネ道に突入 間違いなく10馬力ぐらい上がっている。その後走り慣れた国道169号を走って確信をもてた。

  • 投稿日
    2019年10月22日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    中部

    先日BoosterPulgを装着する為にフェアリング等を外したついでにエアーフィルターをも目視チェック意外にそれほど目詰まりも少ない。ラムエアー吸気ダクトの内部はそれなりに汚れている。しかし、BoosterPulgの装着が目的で、吸気系の洗浄の準備もしていなかったのでそのまま組付け。本日は昨晩の降雨により路面も濡れていることであろうと午前中は ラムエアー吸気ダクトの洗浄とエアーフィルターにエアーブローを吹くことにフェアリングの取り外しは慣れたので20分ほどで完了。ラムエアー吸気ダクトの内部を洗浄。その洗浄した時にパーツの嵌合部(3部品が嵌め殺しで組み立てられている)に2ミリメートルほどの段差が ・・・

  • 投稿日
    2019年10月21日
    投稿者
    Wild Weaselさん
    車種
    BMW K1300S
    エリア
    近畿

    ツーリング先の路肩で無人のワンコインで野菜・果物が売られており生産者から直で安値で美味しいのが購入できる。 そんな中 知り合った農家さんに電話を掛け『なにか良いのある?』って訊くと【”丹波黒の枝豆”が最盛期や】との返答で 交換したリアタイヤの”皮むき”がてら高速のICを2箇所前で下りて 田舎のクネクネ道路で行くことに”PILOT ROAD5”はTRGタイヤでグリップ力が気になったが納車時に装着されていたタイヤよりグリップ力は”やや上”かな!直進安定は高速走行時は全く問題なし ただ中央がフラットに摩耗したタイヤから新品の尖ったタイヤになったせいか信号などで10Km/h以下になると若干ふらつく感じ ・・・

BMW K1300Sの価格情報

BMW K1300S

BMW K1300S

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

91.87万円

価格帯 66.8~123.8万円

諸費用

2.88万円

価格帯 3.49~6.4万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

94.76万円

価格帯 70.29~130.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カテゴリで絞り込む

車種で絞り込む

詳細条件で絞り込む

都道府県別
投稿月

キーワード検索

関連情報

買取参考価格をチェック

バイク買取
一括査定申し込み

※バイク比較.com「バイク買取査定依頼フォーム」へ移動します。