並び順:
[ 新着順 | 更新順 | 注目順 ]
1~20件 / 全512件
  • 投稿日
    2019年4月06日
    投稿者
    ウルフさん

    27年前のバイクで、レバー類もガタが多い。 ブレーキは昨年交換したが、クラッチもやってみたくなり、純正パーツで約3500円で購入。グリップとウインカーのスイッチも外さないといけなくて、手間が意外とかかる。作業は約1時間。グリップの再利用も問題なくよかった。 交換して、ちょっとクラッチがかるくなったかな。

  • 投稿日
    2019年4月04日
    投稿者
    komapeeさん

    近年、クラッチがすげー重いなーと感じていました。ワイヤーを手入れしても解消できないので、細工してみました。今までXR250R系MD30のレバーセットを装着していましたが、更に使いやすく軽いモデルを探しました。TLM220、MD23の物を採用。このレバーは、指を架ける中指薬指部分の面積が広くなっています、負担的にも楽かな。(写真の品)なんと、ブラケットとセットでオークションで¥500でした、やったね。旧部品でも掘り出し物ありますね。(普通こんなの買わないよね、常識越えてます。)いやーボロですな、失敗してもいいからこいつを加工しよう。

  • 投稿日
    2019年4月03日
    投稿者
    MomijiManjyuさん
    車種
    YAMAHA MT-10

    純正360Cグリップヒーターはノーマルのグリップよりも細くて、長時間走ると手が痛くなってしまいます。最初は気が付かなかったけど細過ぎるのはかなりツーリングに不利になりますな。実験的に布テープと熱収縮グリップを使って太くしてみました。ヒーターとしての機能は握った時に手の隙間が少なくなり以前より温かくなりました。簡易的な加工なので握った感触が硬いのがちょっと残念。あまり太すぎても素早い操作に邪魔だけど、細過ぎるよりはちょっと太い方が断然楽でした。実験のつもりだったけど凄く楽なんで他に良い手が見つかるまではこのまま使っていこうと思います。

  • 投稿日
    2019年4月03日
    投稿者
    MomijiManjyuさん
    車種
    YAMAHA MT-10

    OVERのステップバーが長すぎるんでカラーを15mm短い物に換えて見ました。このへんは好みの問題だけど、自分はコーナーでステップの端を踏むので長すぎると車体のホールドが怪しくなります。もっと短くても良いかも。OVERはカラー調整できるのが助かります。

  • 投稿日
    2019年3月30日
    投稿者
    聖芳さん
    車種
    HONDA NS-1

    この間のコトなのですが、帰宅中にリアブレーキを使おうとしたら空振りしてしまいましたスピードが出てなかったのでまだ良かったですがヒヤッとしましたね・・・空き地に停めて見てみるとブレーキレバーとマスターのジョイント(クレバス)がなくなっています

  • 投稿日
    2019年3月21日
    投稿者
    てりーさん
    車種
    ホンダ XR100モタード

    定番のCRF100Fブラケットと可倒式のワイドステップに変更してみました。ツーリングメインなのでワイドステップの方が足元ゆったりで楽チンです。

  • 投稿日
    2019年3月17日
    投稿者
    Y.Sさん
    車種
    SUZUKI GSR400
    エリア
    関東

    GSR400にアグラス社製バックステップを取り付けました。以前から狙ってはいたものの高価なため手が出ませんでしたが、アップガレージに約4万で売っていたのをみて即買いしました。多少の使用感は当然ありますが、まぁそこは中古なので^^;取付にあたり、ボルトが数本欠品していたのでステンボルトを数本購入。特にペダル等の微調整に時間が掛かった程度で、すんなり交換完了しました。

  • 投稿日
    2019年3月16日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250
    エリア
    関東

    第1回セッティングの結果を受けてソフトを修正しました

  • 投稿日
    2019年3月10日
    投稿者
    HisasHiさん
    車種
    DUCATI SCRAMBLER ICON

    2015年式スクランブラーさんのクラッチ重い問題が、今更見つけたパーツ「AELLA クラッチアシストプレート」で劇的に改善されました!3000円ぐらいで超安く。ただ設定でね、四苦八苦。ちなみに2016年式はわからないけど、2017,2018年式はこれ付いているようなものだし、2019年式は油圧になるから必要ないかもね。設定は次のチャプターに詳しく。

  • 投稿日
    2019年3月10日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250
    エリア
    関東

    クイックシフターが起動しない問題ですが、あっさり解決しましたDC-DCコンバータ出力は5Vで正常値でしたが、マイコンの電源ピンは1.3Vとかなり低い値だったので配線の導通チェックしたところ半田不良が見つかりました(黄色矢印の部分)机上デバッグ時は導通してたのですが、実装に向けてピラーを立てるとき半田が厚く邪魔だったのでちょっと落としたのが間違いでしたハードの修正は出来たのでいよいよセッティングです

  • 投稿日
    2019年3月09日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250
    エリア
    関東

    ギアポジションカプラーに割り込ませるコードですギアポジション信号を分岐してクイックシフターに入力します分岐が2本あるのは後でFIコントローラにも使うためです住友電装090型3極カプラがドンピシャだったので配線カットすることなく既存カプラーの間に割り込ませることが出来ます

  • 投稿日
    2019年3月09日
    投稿者
    MomijiManjyuさん
    車種
    YAMAHA MT-10

    OVERのバックステップってあんまり見ないよね。たぶんこれの容赦ない攻めたポジションが乗り手を選ぶんだろうね。実際高い方のポジションで乗ってみたら、とんでもなくUPしてもはやしゃがんでるのと変わらない感じ。長距離乗ったら膝がもげる。他の位置にしてもやっぱりツーリングではかなりの苦痛・・・MT-10はノーマルが一番快適! 攻めないんだったら付けちゃダメ!ハングオフで外足に荷重が掛かるのが良いですね。S字の切り返しなんかはステップ上げるほど楽。バーの長さが長過ぎなのは気になるけど、カラーで調整可能に作られています。レース用として良く考えられてますな。今のとこ我がMT-10の外から見て分かる唯一のカ ・・・

  • 投稿日
    2019年3月03日
    投稿者
    ボンボンさん
    車種
    HONDA LEAD110 [リード]

    昨今、しきりにニュースとなり装着率の上がったドライブレコーダー。本来は万が一の事故の時の原因や過失割合の動かぬ証拠として記録するものだったのですが最近は違う用途で装着する人が圧倒的に多いようです。私が車に装着したのはもう何年も前になりますが当たり屋対策として付けました。いずれにしても装着していれば有事の時に役に立つので付いていて損はありません。前置きが長くなりましたが車で便利な物ならバイクでもあった方がいいはず。って事でリードのバッテリー交換と合わせてドラレコも取り付ける事にしました。まずはテスト車両のリードで検証し良ければ他のバイクにも装着していきます。

  • 投稿日
    2019年3月02日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250

    いきなりですが、クイックシフター弐号機の回路図になります壱号機との大きな違いは、ギアポジションに合わせて点火カット時間を変えられることですそのためにマイコンを搭載しましたせっかくマイコン積んだので、ギアポジション毎に点火カット時間を設定・記憶できるようにしましたそれから、シフトアップする回転数はおおよそ決まってると言いましたが、のんびり流したい時とちょっと攻めたい時ではシフトアップの回転数がかわるので、走行モードとしてTouringかSportsを選択できるようにしましたこの選択は本体スイッチではなくハンドル周辺に付けようと思います点火カットの機構、及びシフトアップ検出機構は壱号機と同じです

  • 投稿日
    2019年3月02日
    投稿者
    飛燕ママさん
    車種
    KAWASAKI ニンジャ250 ABS

    足の短い私はノーマル状態だとステップに足が当たりスネがアザだらけ。バックステップはお高いし、それでステップオフセットプレートにしてみました。右側はABS付の場合取り付け不可との事ですが、フルード配管の処理でどうにか出来ると皆さんのブログで書かれています。ABSからの配管2本の固定部を2カ所外してギリ取り付けOK。ブレーキレバーもマスターシリンダーの駆動部を外して調整。タンクも汎用ステーで後ろにずらしました。ABSの配線の取り回しが悪いけどどうしょうもならないのでタイラップで固定しておきました。これでステップに足も当たらないし、ニーグリップもしやすくなりました。

  • 投稿日
    2019年3月02日
    投稿者
    ライダー飛燕さん
    車種
    KAWASAKI ニンジャ250R

    セパハンに交換しているのでステップ位置に違和感。スパーダもバックステップにしていたのでバックステップにしたい。でもバックステップはお高いし安い中華は不安。ハリケーンのステップオフセットプレートを付けてみました。かなり良いです。(写真は、同時に交換したママのNinjaです。)

  • 投稿日
    2019年2月28日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250
    エリア
    関東

    弐号機の最大のポイントは、ギアポジション毎に点火カット時間を変えるところなのでギアポジションを何とかして拾わねばなりませんギアポジションセンサーはココにありましたココから信号を取りだすのは難しいので配線をたどり信号を引き出せそうなところを探していきます

  • 投稿日
    2019年2月26日
    投稿者
    すずきあおこさん
    車種
    SUZUKI GSR250

    クイックシフター壱号機はなかなか良く働いてくれてますが唯一、2速→3速シフトアップ時のショックが気になるところですなぜ、3速→4速→5速→6速のシフトアップは問題ないのに2速→3速だけがショックが大きいのかを自分なりに整理してみました上のグラフはGSR250の各ギアポジションにおける回転数と速度の関係を示したものですが、3速~6速までの傾きの差に比べ、2速の傾きはかなり立っています全ギア5,000rpmでシフトアップするとします3速→4速→5速→6速シフトアップでは400~500rpmくらい回転数を落とせばシフトアップ前後の速度が変わらないことになりますが2速→3速では回転数を1,100rpm ・・・

  • 投稿日
    2019年2月24日
    投稿者
    W.A.さん

    リアサス周りのグリスアップとステムベアリングのグリスアップは、この冬の整備でやっておきたかったメニューでした。幸いにも前輪を浮かした状態でハンドルを動かしてもスムーズに動くので異常は無いようですが、この先のことも考えるとグリスアップはしておきたいところです。バーハンドルを外し、アッパーブラケットを36mmのナットを緩めてはずし、現れた2つのステムナットを外します。上のナットはロックナット、下のナットは実際にステムを固定しているステムナット、その間にワッシャーが入ります。このワッシャーはロックナットの強烈なトルクを受け止める優秀なやつです。良くできていますね。ロックナットは80Nmの強烈なトルク ・・・

  • 投稿日
    2019年2月20日
    投稿者
    MomijiManjyuさん
    車種
    YAMAHA MT-10

    MT-10のノーマルクラッチプッシュアームを加工してクラッチ操作を軽くしました。ノーマルアームは90度+90度の曲げ加工がしてありますがその曲げを万力やプライヤーなどを使って緩く45度+45度程度にします。ヤイヤーの方も取り付け金具を曲げて抵抗を減らせば完成。トータル8mmくらいの延長ですが、ちょっとストロークが多過ぎな気もするんで試す方は5mm伸ばすくらいをお勧めします。0円でクラッチが軽くなりツーリングも楽々です。ストロークが増えた分クラッチミートのタイミングが取りやすく発進はイージーになりました。渋滞でトロトロ走る時もすごく良いです。

車種で絞り込む

キーワード検索

関連情報

関連情報

買取参考価格をチェック

バイク買取
一括査定申し込み

※バイク比較.com「バイク買取査定依頼フォーム」へ移動します。