0000215access

コメント

購入動機・用途・比較車種 30歳記念、陸の王者の実力が気になったから、嫁と二人乗りをしても走りが退屈にならないバイクが欲しかったからなどの理由
長所・満足な点 装備面では、キーレスライドが感動でいちいち鍵をさして回してという時代はもうすぐ終わりを迎えるなと感じられます
クルーズコントロール、グリップヒーター、ETC.ナビステー、ラゲッジラッグなどが元からデザインの一部として成立しているのは日本車には無い特徴です。
走りの面では、ショックを受けるレベルで軽快な切り返し、超トルクフルなエンジン、コーナリング中や高速巡航時のビシッとした安定感。路面のギャップが気にならなくなるしなやかなサスペンションがすごい。そして燃費はリッター22キロ!スゲー
まさに長距離走って困る事は『無い』
短所・不満な点 やはり維持費。バロンで買った国産リッターSSと同じくらいキロ当たりのお金がかかっている気がします。更に1日1000キロ走っても疲れないことが問題に拍車をかけていて、月に3000とか平気で走ってしまう。
ディーラーの言いなりで月1000キロ走る方は年間出費は20万+ガソリン代がかかる場合があります。更にローンで買った人は収入やローンプランによってはチョットキツイカモシレナイ…。ディーラーよりバロンで買うの方が良い場合もあるか…?
これから買う人へのアドバイス エンジンガードは必ず付けましょう。
凄まじいまでの足回り、エンジンの熟成、合理的なフレームなどが相まって感動的で魔法がかかったような素晴らしい走りをしてくれます。ただそのスペックの維持には金がかかるというだけで、その価値もあるとは思います。
『金以外で困る事は何もないバイク』です。
最初はエンブレが少しきつめで、沈まないフロントサスに戸惑うかもしれませんが、リッターバイクはこう走らせるものだと言うのをキチンと実践していれば消化できる問題です。
後、あまりに扱いやすいからと言って油断しない事!250キロの車重は忘れた頃に貴方に冷や汗をかかせにきます(実感)
今後のカスタムプラン 特になし

BMW R1250GSの価格情報

BMW R1250GS

BMW R1250GS

新車 8

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 255.65~301.8万円

272.79万円

諸費用

価格帯 ―万円

4.84万円

本体価格

諸費用

本体

208.45万円

価格帯 119.8~243万円

諸費用

8.76万円

価格帯 9~9.18万円


乗り出し価格

価格帯 255.65~313.5万円

277.63万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

217.21万円

価格帯 128.8~252.18万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー BMW
バイク車種 R1250GS
年式 2019 年式
排気量 1250 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費 およそ 22 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング