並び順:
[ 新着順 | 更新順 | 注目順 ]
1~7件 / 全7件
  • 投稿日
    2021年7月11日
    投稿者
    フリーダムさん
    車種
    SUZUKI GSX1300R ハヤブサ(隼)
    エリア
    四国
    1625989558908M.jpg

    昨日の続きです。弟が手伝いに来てくれたので二人で始めます。スプリングを縮める工具も手作りして昨日作った工具を差し込もうとしたらシャフトの径8mmくらいと考えて削って作りましたが もっと太かった。使えませんでした。なので急遽ギュリ(TZR250R 3XV)の時のやり方に変えました。薄めのスパナを差し込みました。

  • 投稿日
    2021年7月10日
    投稿者
    フリーダムさん
    車種
    SUZUKI GSX1300R ハヤブサ(隼)
    エリア
    四国
    1625913417939M.jpg

    ジヨン(GSX1300R 隼)も早10年目。前々からフロントフォークにオイルにじみを見つけていましたが大がかりな手術になりそうなので後回しにしていました。

  • 投稿日
    2021年7月03日
    投稿者
    かんちゃんさん
    車種
    スズキ RG200
    エリア
    四国
    1625303516687M.jpg

    暑くなってきて、「ポンコツ馬ぃ鹿ぁ~」の私と共に、200ガンマのゴム部品が 次々とヤレてきちまってます。今日はフロントフォークのoilシール交換です。その前に、You中風なんかの動画投稿アプリにたくさん出ている「フロントフォークの油漏れを簡単に止める」検証動画を 検証してみよう と悪乗りしてみました。動画ではオイルシールに、色々な 薄紙状のモノを刺し込んで、皆さん「グリグリ」やっちゃってます。でも、ウチのは重症だし、倒立だし、無理と思いつつ#1000の耐水ペーパーを外向きに刺し込み10回転・・・・・・ あっ 完璧に 止まった・・・。下に続く

  • 投稿日
    2020年11月23日
    投稿者
    decopeiさん
    車種
    YAMAHA DT200WR
    エリア
    四国
    1606103698297M.jpg

    間もなく満30年を迎える愛車のDT200WR。フロントフォークこそオイル漏れした際に何度もオーバーホールをしている一方で、リアショックに関してはこの30年間、奇跡的に致命的なオイル漏れやダンパー抜けが見られなかったため、一度もメンテナンスをしたことがありませんでした。そのうちオーバーホールに出したいなあ・・・と思いつつも、私程度の使い方では普通に走れてしまうので、いつの間にか5年、10年・・・30年が経ってしまっていました(笑)。しかし、ショックユニットをオーバーホールに出すとなると車体から取り外したまま数週間待たなければいけないので、その間乗ることができないのはもちろん、バラしたままでDTを ・・・

  • 投稿日
    2019年11月09日
    投稿者
    hitamotaさん
    車種
    KAWASAKI W800
    エリア
    四国
    1573295130255M.jpg

    ・フロントフォークトッププラグ 今回は、オイル交換をしたので自動的にできていますが、すっかり忘れていました空気入れ(大気開放?)。

  • 投稿日
    2016年12月11日
    投稿者
    J.TAKAHIRA99さん
    エリア
    四国
    1481462122934M.jpg

    午前中に日が差して暖かくなったころ三坂峠に向かう。サスセッティングは昨日変更したまま。例えば、一昨日金曜日に今の変更後の設定に勝手に意図なく変わっていたとして、今日気が付いたかと言われれば自信がない。セッティングってその程度だと思う。乗り手が意識して探ろうとか、変更に合わせて乗り方も変えてみるとかしなければ体感レベルでは分らないと思う。またALLラウンドベスト設定はあり得ないし、峠やツーリングコースに合わせて都度変更するのもあり得ない。自分の走りは、様々な上り下り右左折コーナーをRに限らず気持ちよく旋回して駆け抜け続ける事に重きをおいて走っている。その意味では一旦昨日の設定でいくらか変わったの ・・・

  • 投稿日
    2016年12月10日
    投稿者
    J.TAKAHIRA99さん
    エリア
    四国
    1481359481571M.jpg

    走る前に給油。13.45L L110円 239Km L17.76Km 。空気圧も適正値かチェックして、いつものホームコースへ出発。今回の目的は、STDサスセッティング。五明への上り下りを2つのコースで繰り返す。タイトルの目的からは外れるが、途中で走った事のない山奥への道路も走る。一日4便だがバスが走っているようだ。東温市の上林と同じ田舎独自の趣がある。道路はどこかに抜けているわけではない。行き止まり。下りはエンジンをOFFにして惰性で麓まで下りる。対向車なんてこない山奥の下りではよく行う行為だ。途中紅葉を楽しんだりと、周りの景色や音を感じる。エンジン止めるととても静か。川のせせらぎや野鳥のさえ ・・・

カテゴリで絞り込む

車種で絞り込む

キーワード検索

関連情報

関連情報

買取参考価格をチェック

バイク買取
一括査定申し込み

※バイク比較.com「バイク買取査定依頼フォーム」へ移動します。