並び順:
[ 新着順 | 更新順 | 注目順 ]
1~9件 / 全9件
  • 投稿日
    2021年9月14日
    投稿者
    さん
    Myバイク
    BMW R100S
    エリア
    中部
    1631620700083M.jpg

    圧縮圧力に根性が無くオイル喰いが過大なBMW R100Sのエンジンをオーバーホールすべく作業を開始しました。外装を外し、マフラーを外す段階で1つ目の問題発生。左シリンダーのマフラー取り付け部に固着がありネジの損傷が予想されると前オーナーから聞いていました。ネジ部はM52P2.0です。充分に潤滑して取り外しましたが、両シリンダーのネジ部に損傷があり充分なトルクは望めそうにありません。この段階で部品取りエンジンが必要になりました。外したマフラーも純正部品で鉄製にクロムメッキの物ですが前半パートと後半パートが錆と熱で喰い付き離れません。2つ目の問題ですね。R100Sは1978年2月モデルなのでエンジ ・・・

    • 1 いいね
    • 0 コメント
  • 投稿日
    2020年10月29日
    投稿者
    さん
    エリア
    中部
    1603974850988M.jpg

    腰下の作業が完成したエンジンを載せました。ノーマルボアのシリンダーをベースにライナー内部の錆びを落とし、シンナーでシリンダーの外部に吹きかけてあるボロ隠しの黒色を落としました。ヘッドもアルミ錆びや泥汚れの上からスプレーで塗装してあり、機能に関係は無いのですが洗浄し色を落としました。ピストンに傷が多数あったのですがペーパーで修正して再使用です。車載状態で腰上を組み、オイルタンクを洗浄し、タコメーターワイヤーやクラッチワイヤーに給油し、キャブレターやチャンバー等を組み付け、ミッションオイルを入れて完成しました。点火時期をサーキットテスターで荒く調整しフライホイールを組み、ポイント調整しましたがケッ ・・・

      • 3 いいね
      • 2 コメント
    • 投稿日
      2020年10月27日
      投稿者
      さん
      エリア
      中部
      1603806164494M.jpg

      23日の日記で衝撃的に壊滅状態の画像を載せたYAMAHA DT250Mの下仕事が終わりました。ミッション&クラッチが生きていたエンジンをベースに使い、クランク関係とオイルポンプを移植して腰下を一基組みました。ミッションのギアに荒れが有ったので程度の良い部品を選定しつつニコイチ。オイルポンプをオーバーホール。腐食したクラッチプレートを修正。全てのネジにダイスを掛け、綺麗なネジを選定。全てのネジ穴にタップを立て確認。シンナーで各部品を洗浄。クランクケースは全ての塗装が無くなるまで5回程洗う。クランク両端のベアリングは新品に交換。オイルシール全交換。ガスケット全交換。以上の下仕事に2日程掛かりました ・・・

        • 1 いいね
        • 0 コメント
      • 投稿日
        2020年10月22日
        投稿者
        さん
        エリア
        中部
        1603378835397M.jpg

        いきなり汚い画像で申し訳無い。クラッチカバーを外した瞬間に笑ってしまった。このエンジンはYahoo!オークションで落札され持ち込まれた車体に載っていた物です。点火系を直し、キャブレターオーバーホールで始動しましたが打音が出ました。よく始動したなぁと感心します。本日全バラしました。

          • 1 いいね
          • 2 コメント
        • 投稿日
          2020年10月15日
          投稿者
          さん
          エリア
          中部
          1602767423613M.jpg

          昨日の日記の続編となります。1日掛けて清掃&下準備をしたエンジンを載せました。フライホイールを外し、接点の減ったコンタクトポイントを外して以前のエンジンから程度の良い方を移植、フライホイールを取り付けている時に嫌な感触が手に伝わってきました。そのザリザリした感触はどこかに異常がある事を暗示しています。スパークプラグを取り外すと理想的な焼け色でキツネ色です。ピストンヘッドにもカーボンの付着は無く均一に黒色になっています。ザリザリした感触が腰上からのものか腰下からのものか現時点では不明だったのでプラグホールから潤滑油を入れてゆっくりエンジンを回すとエキゾーストポートから錆び色の汁が垂れてきました。 ・・・

            • 1 いいね
            • 2 コメント
          • 投稿日
            2020年10月14日
            投稿者
            さん
            エリア
            中部
            1602686949364M.jpg

            この車両も友人からの依頼で持ち込まれました。依頼内容は点火しないので修理してとの事でした。ポイントが疑わしいのでフライホイールを外しソースコイルを取り外してテスターにてポイントとコンデンサの抵抗値を計測しながら導通が確認出来るまでポイントを擦りました。各部コネクターとキルスイッチを確認するとスパークプラグに火が飛びました。点火する様になったならエンジンの音出しをしたくなったのでキャブレターをオーバーホールし別タンクから混合ガソリンを供給し、キック2発で始動しました。圧縮は11キロあったのでエンジン本体は大丈夫だと思っていましたが、クランクからカンカンと打音が出ました。オーナーにエンジンからの打 ・・・

              • 1 いいね
              • 0 コメント
            • 投稿日
              2020年10月13日
              投稿者
              さん
              エリア
              中部
              1602591788687M.jpg

              友人からオイルとオイルフィルターの交換を依頼されました。ついでに始動直後にゴムの燃える様な異臭がするとの事、点検し原因が判れば教えてねと頼まれました。300kg超えのバイクは流石に重く、車庫に入れるにも傾斜があるので本気になりました。メインスタンドを掛けてマフラー周りに何か接触している物は無いか見ましたが大丈夫でした。エンジンを始動し暫く経つと時々モワッと煙が上がり、ゴムっぽい異臭がします。エンジンサイドのカウルを脱着して観察するとタペットカバーから漏れたオイルが排気側のカムポジションセンサーに集約してポトッと滴下した時にエキマニ連結管から煙が上がります。友人に異臭の原因を伝えた所、予算無制限 ・・・

                • 2 いいね
                • 0 コメント
              • 投稿日
                2020年10月09日
                投稿者
                ねこたろさん
                Myバイク
                ヤマハ R1-Z
                エリア
                中部
                1602235836393M.jpg

                スプロケカバー当たりからのオイル漏れが激しいので、シフトシャフトの部分と合わせての交換をしました。写真がないのですが、購入時から1度も交換されていない物ですとつば付きのオイルシールですので外すのがものすごく大変です。ですが下穴あけてタッピングビスを数箇所打ち込んで引っ張ってとりました笑真似される方は奥のベアリングやシャフトに傷付けないように自己責任でお願いします。外した後は溝部分をペーパー掛けして慣らしたあと一応オイルシール外周に液体ガスケットを薄塗りして傾きの無いように指で入れれる所までいれました。

                • 0 いいね
                • 2 コメント
              • 投稿日
                2020年5月21日
                投稿者
                こたろさん
                Myバイク
                KAWASAKI ZRX1100
                エリア
                中部
                1590076949345M.jpg

                知り合いからZZR1100のピストンとカムが入ったエンジンを譲ってもらったので早速自分のエンジンを降ろしました。

                • 3 いいね
                • 0 コメント

              カテゴリで絞り込む

              車種で絞り込む

              キーワード検索

              関連情報

              関連情報

              買取参考価格をチェック

              バイク買取
              一括査定申し込み

              ※バイク比較.com「バイク買取査定依頼フォーム」へ移動します。