Webikeヤエー!!総額1000万円分ポイントキャンペーン

0000510access

1651732447094M.jpg

さん

ステータス

日記投稿件数
769件
インプレ投稿件数
0件
Myバイク登録台数
5台
ウェビ友
62人

浅間二輪車記念館/ 6泊7日 名湯めぐり 1

走行距離
222km

今年も梅雨入りし スッキリしない天気が続いているがもう初夏、これから本格的な夏を迎える前に温泉へ行きたいと妻がいう。

そこは人気の草津温泉(群馬県)、バイクでは何度か行ったが 妻とは新婚のころ以来だから47年ぶりです。

 

そして次は名湯・石和温泉(山梨県)、最後は東京の奥座敷・湯河原温泉(神奈川県)へと巡ります(2024.06.30)

<写真=道中で発見した浅間記念館(群馬県北軽井沢)にて>

1日目、雨の関越道で群馬県は安中(あんなか)へ

 

最初の目的は草津温泉だが 千葉からはけっこう遠い、そこで途中にある安中(群馬県)のビジホで一泊します。

専業主婦歴約50年の妻は家事中心、終わったのは午後2時 では荷物を積み込みイザ出発、

 

今日は朝から曇り空、せっかくの景色も台無し これは残念、

まずは東関道から外環道へ、一部渋滞するも 概ね順調な流れです。

 

大泉JCTから関越道へ乗り継ぐと、とうとう雨が降り出してしまった。

でも車なので平気です。

 

反対車線の東京方面は車が停止し長い列が、

どうやら50キロほどの酷い渋滞、今日は日曜日 楽しい観光ドライブも帰りは地獄落ちに、

 

そして三好SAでひと休み、そこではツバメたちがお出迎えだ。

壁に巣があり雛たちが口を開け鳴いている。

何度も餌を運ぶ親鳥は大忙し、観光客の皆さん そっと見守っているようでした。

関越道下り線はガラガラ、快調に飛ばし 高崎ICで一般道へ、

そして10キロほどで今日の宿に到着しました。

 

ホテル入口近くの駐車場スペースには パイロンが立てられいる。

予約時に 足が悪い旨 記入したので、気を利かせてくれたようだ。

部屋もエレベータ近くにしてくれた、優しい心遣い 有難いです。

 

部屋は清潔感のあるツインルーム、寝心地のいいベッドと大型テレビ ゆっくり過ごせそうだ。

では風呂へ、ビジホなのに大浴場がある。人工温泉だがドライブ疲れも解消です。

2日目 群馬県・草津温泉へ(2023.07.01)

 

群馬県安中の朝を迎えました。

窓の外を見ると小雨、軽井沢も浅間山も嬬恋村も絶景は期待できないかも、これはガッカリです。

 

それでは バイキングの朝食をいただき 午前10時チェックアウト、

ここから走るは中山道(18号線)、眼下に町並みも望める好景観道路です。

 

しばらく走ると 正面に妙義山が姿を現しました。

そこには珍しく雲海が発生、これは初めての体験 ラッキーでした。

その先はロウバイで有名な松井田の町、そこの松井田妙義ICから上信越道へ乗り入れました。

ここからは避暑地・軽井沢へ向かう登り坂が続きます。

 

パワーのないコンパクトカーはアクセル全開、まるでオートバイのようなエンジン音です。

すると 横川SAの標識が出ていたので、そこで休憩にします。

館内へ入るとダルマが凄い、

それには「上州だるま チョコクランチ」と書いてあるが、「クランチ」とは何んだろう?

高崎といえば「高崎だるま」が有名だが、これは「上州だるま」 新たなライバルが現れたのかな?

 

横川といえば「峠の釜めし」が人気、

だが 高崎名物駅弁「だるま弁当」なるものも売っている。

これまたライバルが登場か? これはいつか食べ比べてみたい。 

敷地内に花壇もあり、色とりどりの花が咲いている。

皆さん園内を散策、ここは安らぎと憩いの空間です。

また写真を撮るも良し、これはNEXCO東日本の粋な計らいだ。

それでは出発、いよいよ標高約790mの軽井沢ICへ向け山登りを開始、

横川SAから約10キロで 標高差約320m登ります。

 

急こう配で一番の難所に苦戦、登坂車線を喘ぎながら進みます。

だが 幾つものトンネルに助けられ 軽井沢ICに到着、さすが高原 涼しく快適 窓を全開で走ります。

 

そして中軽井沢からは 浅間さわやか街道(146号線)を北上、

だが塩壷温泉を過ぎると登り坂のカーブが連続、そこはギヤダウンして軽快にコーナリング、

 

そして浅間山などの山々が望めるビュースポット・万山望(まんざんぼう)を過ぎると分岐、

ナビの誘導に従い左折しようとすると、いきなり妻が叫ぶ「草津温泉は右って書いてあるよ!」だと、

ならば妻に従い右折、どうやら鬼押ハイウェイ経由と 一般道の違いのようでした。

林の中を走っていると 浅間牧場が見えて来ました。

そこに「浅間記念館」の看板を発見、

ここは一度立ち寄ってみたかった「二輪車展示館」がある。

 

これは思いもしなかった嬉しいこと、妻のお陰で永年の願いが叶った次第です。

妻には牧場の牛乳とソフトクリームを与え、売店の中でしばし待機してもらう。

自分は 館内のオートバイを見てまわります。

 

かつては「鬼押出し園」の近くにあったが、いつの間に閉館されてしまった。

これは残念に思っていたが、ここに移転していたとは感激です。

 

まずは売店でリストバンド型チケットを買い館内へ、

昌和製作所の工場レーサーや、ヤマハのスーパースポーツ YDS1など、お宝バイクの宝庫です。

では 簡単に各バイクを紹介します。

つづく

コメント(全14件)

チバアヒル(令和の馬笑)さん
家内安全対策邁進中ですね...(*^^*)温泉旅もいいなぁ

上信越道の横川軽井沢SAでは、「おぎのや釜めし」と「だるま弁当」が売っているのでその昔食べ比べましたが、具材の中身と味ではだるま弁当の方がはるかに美味しいです。今では「だるま弁当」の方を買うことが多いです。

浅間記念館は、近くまでは何度も行っているのに、そのうちそのうちと思って、見学はしたことがまだないです。次回こそは...(^^)
  • (1)
  • 返信
おっぺけさん
浅間記念館、良いですねー!
軽井沢なら、早出日帰りで行けそうです♪
  • (1)
  • 返信
有馬 仙さん
浅間記念館!すっごく興味があります^_^
早く次の記事が読みたいです!
  • (1)
  • 返信
杉さん
チバアヒルさん どうも、そうなんです 家内安全対策を実行してますよ。
まずは草津へ向かう途中 横川のSAでは釜めしのみかと思っていましたが「だるま弁当」も売っているんですね。おぎのやのは飽きてきたので今度はチバアヒルさんお勧めの「だるま弁当」を食べてみます♪
  • (1)
  • 返信
杉さん
おっぺけさん どうも
浅間記念館は以前から立ち寄ったみいと思っていたのですが、場所が分からなかったり休館日とかでダメでした。
今回は偶然発見しラッキーでした。浅間火山レースのことや昭和のバイクも見られ良かったですよ。おっぺけさんも機会があったら是非!
  • (0)
  • 返信
杉さん
有馬 仙さん こんばんは
この浅間の地は約70年前、浅間火山レースが行われ「モーターサイクルスポーツの発祥の地」といわれたそうですね。
それを記念してこの二輪車展示館が造られたそうです。そんな関係で当時のレーサーや昭和のバイクが展示されています。いつの日か有馬さんにも見ていただきたいです。
  • (0)
  • 返信
シェフさん
昔、鬼押し出しにあったのに?行ったら無くて・・・
此処に移ったんですね~!びっくり!
浅間サーキットの方は入り口まで発見したのですが・・・
後は全く分からずに!凄く良い情報です!
今度行ってきます
  • (1)
  • 返信
きたきつねさん
今回は長旅でしたね。ご夫婦でゆっくり過ごせた時間は宝物だったと思います。
俺も昨年浅間方向へツーリングに出かけたんですが、アクシデントにより百式を損傷。やっとの思いで上越まで戻ってきたほろ苦い思い出があります。あ、この話、まだ日記で書いてなかった。
浅間サーキット、日本のバイクレースの歴史で重要な場所。なのにまだ参拝に行ってませんでした。
  • (1)
  • 返信
ゴリフさん
なるほど、我々男が展示を見ている間に女性はソフトクリームを食べて待つことになるので、確実に売上につながりますね。
しかも待たせるほうとしては多少の負い目もあり、つい高いのを買わせてしまいそうです。
  • (1)
  • 返信
杉さん
シェフさん おはようございます
そうなんです、自分も鬼押し出しにあると聞いていたのですが行けなくガッカリしていたのですが今回偶然移転先を発見しラッキーでしたよ。
浅間サーキットは発見したんですね、自分もどんなところか一度見に行きたいです。
  • (0)
  • 返信
杉さん
きたきつねさん おはようございます
間もなく後期高齢者 動けるうちに夫婦で各地を旅行しようかと出かけて来ました。
絶景と郷土料理、そして各地特徴的な温泉を満喫、思い出に残るドライブになりましたよ。
浅間でアクシデントとは大変でしたね、でも無事で何よりです。浅間サーキットは自分も行ったことがないのでいつかはと思っています。
  • (1)
  • 返信
杉さん
ゴリフさん おはようございます
今回は偶然浅間記念館を発見しラッキーでしたよ。
そこは浅間牧場の前でしかも館内に売店があり牛乳とソフトクリームも売っていてこれまたラッキー、ほんと負い目もありますものね。
妻の好物なのでその間自分は懐かしい当時のバイクを穴があくほど見て来ましたよ。
  • (0)
  • 返信
ばーやんさん
『スタ―――ト』 がダートトラックでレースをしていた様な古き良き時代感じさせます。ドキュメンタリーでしか知りませんが、ポップ吉村が出てきそうな雰囲気です。(時代認識が違っていたらすみません。)
杉さんの磐梯吾妻の日記からとカワサキプラザで昔RSザッパーの写真を見ていたんですが、もうちょっと年齢を重ねたら、同じネイキッドでも空冷のクラッシック型もいいもんだなと最近感じています。革ジャン+風防メガネスタイルで。

杉さん、いつも盛りだくさんの日記ありがとうございます。私は全然知らなかったんですが、国民休暇村のお話しとかも参考にさせてもらっています。
奥様ともあうんの呼吸でいらっしゃいますね。 (^^♪
  • (1)
  • 返信
杉さん
ばーやんさん おはようございます
おっしゃる通り最後は「ゴーーール」ですものね、浅間火山レースの雰囲気が感じられましたよ。
展示車両も昭和初期のもので初めて見るバイクもありけっこう楽しめました。
いつも箇条書きの拙いブログですがお役に立てるなら書く張合いになります。嬉しいお言葉ありがとうございます。 1720729600738M.jpg
  • (1)
  • 返信