Webikeヤエー!!総額1000万円分ポイントキャンペーン

0000157access

1258861974531M.jpg

さすらいのライダーさん

ステータス

日記投稿件数
508件
インプレ投稿件数
102件
Myバイク登録台数
71台
ウェビ友
39人

GFのレストア作業

車種名
SUZUKI GF250
Myバイク
my Girl Friend

今日も冷たい雨が降る北海道…

 

ようやくシーズンインしたというのに、なかなか走りに出る事が出来ませんorz

 

整備マニュアルも届いたので、こんな日はレストア作業でもする事にしましょうかね (*´∀`*)

 

2つあるイグニッションコイルのうち、左側のマイナス端子に電気が来ていません。

こういうばあいは、CDIが1番クサイのですが、昨年、業者に依頼してオーバーホールしたばかり。

そうなると、CDIに入ってくる配線の断線か、ピックアップコイルの故障が原因なのか?でも、右イグニッションコイルは正常点火しているし??

 

CDIから出ているプラス電気は、途中で三つに分岐しており、左右のコイルとキースイッチの方に行っています。

イグニッションコイルに行く電気信号が分岐しているなんておかしいと思いましたが、配線図を見てもそのとおり。

 

全てが謎です??

 

取り敢えず、届いた中古ワイヤーハーネスと中古イグニッションコイル(左右)に交換しました(中古キャブAssyは、腐れ度がハンパ無い為、交換を断念)。

 

後は、発注しておいたCDI(実働車外し)が届いてから、始動確認です。←コレでダメならジェネレーターとピックアップコイルをセットで交換です(; ̄ェ ̄)

それでは、出来る作業を続けて参りましょう。

 

クーラント交換です。

 

ドレンを抜いてみると、まるで墨汁のようなまっくろい謎液体が、ブシャーっ!!と出て来ました ((((;゜Д゜)))))))

 

これって、エンジンオイルじゃないんだよねぇ!?!?

ひび割れて使えないタイヤも交換です。

 

ブレーキキャリパーが引っかかって、どう足掻いてもタイヤが外れません´д` ;

 

タイヤ交換する為には、先ずブレーキディスクを外す必要が有りますorz

 

何という整備せいの悪さ…

しかもこのブレーキディスク。何故か油でベトベトです(・・;)

 

…どうやらブレーキピストンのシールが逝っており、そこからブレーキフルードが漏れているようですorz

ブレーキオイルは前オーナーにより交換してあるようで、とても綺麗だったのですが、フルードが殆ど入っておりません(^◇^;)

 

ハイ!      ブレーキオイルの漏れ決定!!

フロントタイヤのビードを落としていると、何やら白い液体がドピュっと飛び出して来ましたよ??

フンギャ~!!

 

なんじゃぁコリャあぁぁぁ~((((;゜Д゜)))))))

 

パンク防止剤(修理剤?)なのでしょうか!?

 

 

ホイールを綺麗に洗浄してタイヤを組み付け、フロントフォークに仮組みしたところで、本日の作業はタイムアップ。

 

キャブの組み付けも終わっているので、後はCDIが届いてからの始動確認と、リアタイヤの交換作業を残すのみ。

 

おっと、フロントブレーキキャリパーのオーバーホールもしなければ…

これって、まだ部品、出るのかなぁ??

  • 都道府県:
  • 北海道
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全24件)

おもち君さん
コニチハ!
本気で乗るならケース割ってピックアップコイルとジェネレーターは今の段階で手を付けていいと思います。
冷却水が黒いのは笑うしかないですな。
ガスケット抜けでオイルがいってない事を祈るばかりです。

ブレーキその他はあとからどうにでも出来そうなのでまずE/G始動を確認しないとすべての作業が無駄になってしまいます(笑)

あとE/G始動したらフォークOILとステム関係、サスアームピボットもグリス入れたりとこれは大変だゾ!
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
おもち君さん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

ピックアップコイルと、ジェネレーターは、問題無いようは思っています。と言うのも、もう片方のコイルは正常点火しているので… 考えれば考えるほど、CDIの異常が疑われるところなのですが(; ̄ェ ̄)

抜いたクーラントには油っ気は有りませんでしたし、エンジンオイルにも水が混入した形跡が無かったのが幸いでした。
ウォーターポンプのメカニカルシールが逝って、エンジンオイルとクーラントがミックス状態となったのは、TRXやYZFで経験済みでしたのでε-(´∀`; )

令和初め頃まで実際に走っていたバイクらしいので、そんなに重症な壊れ方をしていないと、踏んでいるのですが…
  • (1)
  • 返信
KAWIさん
こんにちは!
またまたバイクいじりやってますね
しかもかなり手の掛かる子みたいで楽しそう
続きを楽しみにしています
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
KAWIさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

今までに経験のない壊れ方をしているバイクなので、原因検索が大変です( ̄▽ ̄;)
あそこをやっても、ここをやっても、全くかかる気配すら無いなんて…
せめて、初爆くらい有っても良さそうなものですが??
ほんっと、電気系って、訳分かりませんε-(´∀`; )
  • (1)
  • 返信
普通にケイさんでさん
なかなかネタてんこ盛りのバイクですねぇ。ラジエーターの黒い水ってなんなんだろ?ウォーターポンプのインペラが腐食で無くなってなきゃいいですけどねー。汗
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
普通にケイさんでさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

一番クサイと思われるところから手をつけているところですが、未だ初爆すら無いなんて、一体全体どうなっていることやらです??抜いた水に油っ気は有りませんでしたし、抜いたオイルに水っ気は有りませんでした。クーラントが、どう腐ったら、こんな色になるんだか???
エンジンオイルと区別がつかないくらいの汚れ方をしたクーラントなんて、初めて見ました( ̄▽ ̄;)
  • (0)
  • 返信
おっぺけさん
ムムム。。
一筋縄では行かなそうですね。

先ずはエンジンですね、
解決することを願っています!
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
おっぺけさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

ほんっとに電気系って、難しいですねσ(^_^;)
実働車から取り外したと言うCDIを発注済みなので、コレでウンともスンとも言わなければ、もうお手上げです( ̄▽ ̄;)
  • (0)
  • 返信
チバアヒル(令和の馬笑)さん
クーラントは新車の時のまま、ビンテージものですね。私も20年近く屋外放置されたGPZ750RをOHしたとき同じものを見ました。(^^;
パンク予防剤を入れたホイールは腐食が激しいのでビードの入るリム部の清掃と点検、研磨を念入りにした方が良いです。
私はメーカーのうたい文句に騙されて充填していたら、次のタイヤ交換の時見事にホイール内部...特にビード部のリム...がアルミ腐食していました。
馴染みのバイク屋では、そこの客がハーレーにバンク予防剤入れてホイールがダメになって、前後ホイール交換した例もあるそうです。
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
チバアヒル(令和の馬笑)さん 、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

今まで、何十台というポンコツバイクをレストアして来ましたが、ここまで汚れ果てているクーラントを見たのは初めての経験です( ̄▽ ̄;)
どんなに長く放っておいても「昔、クーラントだった兆候」は、少なからず残っていたものですが…

パンク防止剤やパンク修理剤が、ホイールのアルミを腐食すると言うのは、聞いた事が有ります。走行時の熱が加わって激しい化学反応を起こして、強烈にアルミを腐食させるのかもしれませんね。 
 GFのホイールも外見は良いのに、内部はかなり腐食が進んでおりましたorz 真鍮ブラシとペーパーで磨いた上に、気休めにシリコンスプレーを吹き付けて組み上げましたw

それにしても、アルマイトコートされているアルミホイールが使い物にならなくなるほど腐食するなんて、とんでもない腐食作用なんですねぇ( ̄▽ ̄;)
  • (1)
  • 返信
yosuedさん
こんにちは^_^

GFさん、色々とやり甲斐のありそうなご様子で、、、お疲れ様でございますm(_ _)m
ブレーキ、タイヤ、クーラント、なんだかまだまだありそうな風情ですね^_^;
早期の完全復活をお祈りいたしますo(^▽^)o
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
yosuedさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

3〜4年前まで、普通に走っていたなんて、考えられない程、頑としてかからない、かかる気配すら無いエンジンε-(´∀`; )
クーラントも、未だかつて見たこと無い色をしていましたし、外観からは想像もできないほど傷んでいるマシンです…
兎に角、出来ることから少しずつ、コツコツと直していくほか有りません(・・;)
一刻も早く、エンジンの咆哮を聴きたいところですがw
  • (1)
  • 返信
ま~くんさん
こんばんは!
フロントブレーキキャリパーの降品、あると良いですね?
修理完了することをお祈りしています。
(^-^)
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
ま~くんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

ブレーキピストンなんて、規格モノの筈ですから、きっと汎用のシールが出ている筈??

な〜んて、もし無かったら、適合しそうなキャリパーAssyを探すしか有りません…

果たして、どうなることやらデス。。。
  • (1)
  • 返信
GFさん
画像は、GFの子孫のバンディット250(GJ74A)の配線図です。
シグナルジェネレーターからの信号がGFは2系統、バンディットは1系統と違いが見られます。

シグナルジェネレーターの配線(黒白と緑白)を入れ替えて症状がどうなるか・・・楽しそう(笑) 1715594909081M.jpg
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
GFさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!!

兄弟車や、同系統の車でも、結構違うモノなんですねぇ(・・;)
近年のバイク(車)は、コストダウン最優先で作られており、見た目は全く違っても、中身は全く同じなものばかり…
昔のバイク(車)は、潤沢にお金を掛けて作られていて、同じバイク(車)でも、年式が違うだけで、全く違う部品が使われているなんてことも良く有ります。お陰で、インチキプライベーターは大量の不良在庫を抱える羽目になっておりますε-(´∀`; )
  • (0)
  • 返信
GFさん
(シグナルジェネレーターの)黒白ー茶と緑白ー茶の抵抗を計測してみてください。
SMに抵抗値が記載されているはずです。
点火しない方の抵抗値が∞か規定値よりオーバーしてるか考えられます。
コレで両方とも正常値なら、イグナイター故障か?!
  • (1)
  • 返信
decopeiさん
こりゃまた本格的なレストア作業になってしまいそうですね。見た目を取り繕うくらいなら私でもやってみようかな?と思えるのですが、エレキのことはチンプンカンプン、ワカリマセーン(笑)。
でも見ているのは楽しいです。
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
decopeiさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!!

電気系はチンプンカンプンの私(^◇^;)
今までの経験上、エンジンがかからない理由が、電気系であると判明した場合は、全てCDIが原因でした。今回は専門業者によるオーバーホールなので、信用し切っていたところですが、整備マニュアルに従って、テスターをかけてみたところ、どうやらCDIの不良のようです。

実働車から取り外したと言うCDIを発注済みなので、コレに取り替えて問題なければ、業者のインチキ修理が原因で「全く直ってなかった」と言う事になります。

どちらにしても、エンジンがかからなければ「只の粗大ゴミ」なので、部品取り車として、二束三文で売り払う事になりそうです(・・;)
  • (0)
  • 返信
toshiさん
そう言えば数年前エンジンを掛けたとは聞いてましたが、
LLCやタイヤは換えたとは聞いてません。(;・`ω・´)
想像以上の事態になってますね…
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
toshiさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!!

いゃあ〜なかなか楽しませて貰っておりますw
ここまで頑なにエンジンの掛からないバイクは初めての経験ですが、これで自分の整備のスキルアップが図られると言うものです(*≧∀≦*)

タイヤは何度エアーを入れても一晩でぺちゃんこかになっていましたが、ホイールにマジックで矢印が書いてあったのでその部分からのエア漏れが有ったようなのですが、前後新品タイヤ(バルブも)に取り替えたところ、バッチグーです(^^)v

MVXもクーラントは長年交換していなかったようで酷いものでしたし、エンジンオイルには気を使っていても、クーラントまで気を遣っている人って、意外と少数派なんだなぁと思いました…

ブレーキピストンシールは、純正品は当然もう出ないでしょうが、ピストン径だけ同じ「ニッシン用」と記載のある汎用品で適合するんですかねぇ??

可動部の分解グリスアップもしなきゃですし、まだまだレストアの先が見えません。せめてエンジンさえかかってくれれば
俄然ヤル気も違ってくるところなのですがε-(´∀`; )
  • (0)
  • 返信
朝4時のコメンテーター菜園 (メロンの黄色い花が咲き始めました。✨)さん
最初にタイトル見たら、お友達のHNかと。笑 ^^;

干からびた修理材?がいい味だしてますねぇ~♪ さすらいさんの心臓をガサーっと落としてくれてるようです。

^_^;

レストアはその焦燥感から這い上がる楽しみがあるように思います。( ´艸`)
  • (1)
  • 返信
さすらいのライダーさん
朝4時のコメンテーター菜園 (暖季限定ライダー🏍)さん ?こんにちは!
コメントありがとうございます!!
GFさん、お友達なんですね(*´∀`*)
GFさんにGF250を乗って貰うのは如何でしょう(๑>◡<๑)
お安く出しますよ〜(*≧∀≦*)

タイヤのバルブからプシュ〜っと入れる簡易パンク修理剤(パンク防止剤)は、知っていましたが、実際に見たのは初めてでした!  アルミホイールを強烈に腐食させる作用が有って、今では殆ど見なくなった製品です…

長きに渡って放置され、不動となったバイクに、再び命の鼓動を灯す作業は、レストアの醍醐味です!
自らの手で整備、修理して、エンジンが掛かった瞬間が、何よりの幸せなんです(^_−)−☆
しかし、絶版となったバイクの部品の管理は、手間がかかりますし、いつまでも修理して長く乗られては、新車販売に、悪影響が有ると考えるのか、近年は、新車販売が終わった途端、部品が手に入らなくなってしまいましたorz
互換性が有る部品を探し出す能力と、加工して取り付けできるスキルが有る人でなければ、旧車のレストアは、非常にハードルが高い仕事となってしまいました…
近年の新車は、それなりの魅力は有るところですが、私にはどれもこれも同じ製品に見えてしまって「欲しい」と思えるバイクは無くなってしまいました(・・;)
そんな訳で、古いながらも個性的なバイクばかりに、目が行ってしまいますσ(^_^;)
  • (1)
  • 返信