リワード機能がリリースされました!
獲得したリワードを確認してみよう!

0000192access

1651732447094M.jpg

さん

ステータス

日記投稿件数
764件
インプレ投稿件数
0件
Myバイク登録台数
5台
ウェビ友
62人

遠州の小京都・森町/遠州ツーリング No.19

車種名
HONDA CB400スーパーフォア
Myバイク
CB400SF-V2
走行距離
18km

遠州を気ままに巡るソロツーリング、これまで箱根から御前崎へ、そして浜松にやって来ました。

 

そこでは スズキとホンダの博物館に立ち寄り、それぞれの沿革を知ることが出来ます。

懐かしいバイクを目の前にし、彼らのものづくり精神と 並々ならぬ情熱が感じられました。

 

これから向かう森町は、山と清流の織りなす美しい自然、そして蔵の町並みも見られ 「遠州の小京都」と呼ばれているという。

 

そこは任侠・清水次郎長の子分・石松さんの故郷だとか、

そんな遠州森へ行くのは今回初めて、どんなところか? 楽しみです。

(写真=静岡県浜松市二俣町 天竜川にて)

<ツーリング期間=2018.11.25~2018.11.29>

4日目の続き 森町・歴史民俗資料館へ

 

それでは館長さんに礼をいい、「本田宗一郎ものづくり伝承館」を出発、

町内を流れるは「天竜峡」で有名な天竜川、諏訪湖から流れ出て 遠州灘まで213km、日本でベスト10に入る大河です。

水は青く 美しい流れ、急ぎ旅でもないので 川沿いに少し走ってみます。

 

塩見渡橋(しおみどばし)で 天竜川を渡ると、県道 360号線です。

曲がりくねった道を ヒラリヒラリと軽快にコーナリング、するとダムが見えて来ました。

 

これは船明ダム、「ふなぎらダム」と読みます。

河川敷の工事でも しているのか? ダンプカーが頻繁に行き来していました。

 

道路部の下は天竜川、このダムには9個の水門があります。

高さ15m 幅20mと見事なもの、これは世界最大級らしい。

その内、2個の水門が下され、流れを調整しているようでした。

 

それでは Uターンして、石松さんで有名な遠州 森へ行ってみよう。

そして二俣町からは、新東名に沿って 県道40号線を東へ走ります。

 

道路脇は民家、その後ろは田畑が広がる のどかな風景が続いている。

そんな景色を眺めながら、のんびり走ります。

 

そして遠州森の町に入ると、遠州浜名湖鉄道「遠州森駅」の 標識が出ていました。

では 駅で ひと休みすることにします。

行ってみると小さな駅で人通りもなく静か、タクシーの運転手さんは 昼寝をしていました。

駅を出ると、「歴史民俗資料館」の標識を発見、

これは興味深いので 立ち寄ってみます。

 

だが 気温が上がり暑くなってきた。

そこにコンビニがあったので、冷たい静岡茶を買います。

 

ついでに レジのお姉さんに聞いてみました。

私、「石松さんの生家とか 記念館とか ありますか?」と、

 

するとお姉さん、「この先に大洞院というお寺があるんですね、そこにお墓がありますよ」と、教えてくれた。

これは いい情報だ! 場所は地図を見ると資料館の先です。

 

そして町外れにやって来ると、「歴史民俗資料館」はありました。

聞こえて来るは子供たちの声、とても賑やか 幼稚園の遠足のようです。

 

そこでは「ようこそいらっしゃいました」と、館長さんが歓迎してくれた。

そして 館内を 丁寧に案内してくれます。

館内には 郷土の歴史が分かる生活用品などが、約1000点も展示されています。

 

そして館長さんが、郷土の偉人「鈴木藤三郎さん」の経歴も 紹介してくれました。

彼は「氷砂糖」の製法を発明した人、台湾製糖の社長時代は台湾の近代化に貢献したといいます。

 

壁に「メンソレータム」と 大きな看板が 掲げられている。

子供のころ家にもあり、あかぎれ・ひび割れなどに効くという塗り薬です。

 

これは100年以上前、アメリカで生まれたスキンケア商品だが、ロート製薬が買収して 現在も販売されているロングセラー商品だとか、

 

これは家庭用「製麺機」、その昔 母親がこれで  うどんを作っていました。

当時の農家は収入が少なく、半自給自足の貧困生活です。

そこで政府は「七桁農業」を打ち出します。すなわち年収100万円を目指すというものでした。

 

その当時、漁村からオートバイで「魚屋さん」がやって来ます。

農家は現金ではなく、米と物々交換するところもありました。

楽しみは「アイスキャンディー屋さん」、「納豆屋さん」、一番は「紙芝居屋さん」だったかな、

 

そして小学校1年生の時、担任の女性先生が「これで何か買って 食べながら帰りなさい」、と10円貰ったことがありました。

当時、アイスキャンディー5円、アンパン10円でした。

ここには生活感のある身近な物も 多数保管されています。

ほかでは なかなか見られない農家の女性の姿も、リアルに再現されていました。

 

また、町内で出土したという縄文時代の石器や、弥生式土器なども展示してあり、永い時代の流れが感じられます。

すると 珍しいものを発見、フマキラーの散粉器です。

今は少なくなったが、当時は粉末の農薬や殺虫剤がありました。

 

農家では 素手で粉末農薬を撒く姿も 見受けられた。

テレビもネットも無い時代、無知な人も たくさんいたようです。

これまた 懐かしい大阪金属工業所(ダイキン)の石油発動機です。

長いプッシュロッドが印象的な サイドバルブ式エンジン、

当時は小型軽量の高回転型、多くの農家で活躍していました。

 

実家は ヤンマーの大型発動機(重油タイプ)でした。

巨大なフライホイールで、エンジン音もドコン ドコン と発動機界の王者です。

だが 脱穀などで 負荷がかかると、図体がデカイのにエンストしてしまう意気地なしでした。

資料館では 昭和の暮らしぶりなどが見られ 貴重な体験ができました。

その当時、良く聞いた言葉は「無駄遣いするな・貯金しろ・物は大切に使え」と、

ところが、バブル期になると「消費は美徳」と使い捨ての時代に、今は大量なゴミの山が!

 

それでは清水次郎長の子分・森の石松さんゆかりの寺へ行ってみます。

つづく

 

  • 都道府県:
  • 静岡県
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB400スーパーフォア

新車 0

価格種別

中古車 222

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

109.4万円

価格帯 33.98~238.8万円

諸費用

6.16万円

価格帯 3.56~8.48万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

115.57万円

価格帯 42.46~242.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す