0000046access

1548553919009M.jpg

プロフィール

誕生日
3月 8日  
血液型
AB型  
都道府県
東京都  
活動エリア
 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
97件
インプレ投稿件数
93件
MYバイク登録台数
1台
友達
0人
(1)
036さん 036さん   2022年08月14日

XLR100R BAJA まずはリアから

■車種名
HONDA XLR80
■Myバイク
HONDA XLR80
■難易度
中級
■作業時間
3時間以内

機械式タコメーターを取り付けた事で、とりあえず満足したXLR80R。

いよいよ雑多なパーツを寄せ集めたキメラのごときバイク、命名XLR100R BAJAの作成に取り掛かろう思う。

 

まずはリアから。

リアホイールはXLR80Rのものを選択し、タイヤはトレールウイングのTW28を履かせた。

ブレーキパネルはXR100Rのものを取り付けるが、ブレーキシューがアウトなので、交換が必要である。

 

さらにブレーキロッドもXLR100Rのものを使用するが、ブレーキランプスイッチを引っ掛ける穴が空いていないので、XLR80Rの現物を参考に電動ドリルで穴を開けた。

スイングアーム、メインフレーム、リアサスを連結させるリンク周りは、XR100Rのものを使用する。

1枚目画像の上段がXR100R、下段がXR100モタードである。なお2枚目画像のテンションロッドは、右がRで左がモタード。

テンションロッドの長さといい、リンク(通称オニギリ)の穴位置といい、Rとモタードでリンク周りが大分違った。

テンションロッドが長い方が車高が上がるので、XR100Rのものを使用する。

 

とりあえずリンクをバラして洗浄。モタードの方は綺麗なものだったが、Rの方はサビやら泥汚れやらでなかなかの破れ具合。ブッシュも錆びていた。

なので同じ寸法のブッシュとダストシールキャップをモタードから移植して、洗浄とグリスアップで機能的に問題のないリンク周りが完成した。

 

後は組み立てればリア周り完成だが、千切れたチェーンスライダー、ブレーキシューを用意しなければならないので、一旦終了。

部品が届くまでにスイングアームの錆びてる部分をどうにかしよう。

  • 都道府県:
  • 東京都
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ XLR80の価格情報

ホンダ XLR80

ホンダ XLR80

新車 0

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

28.45万円

価格帯 23.1~33.8万円

諸費用

1.9万円

価格帯 1.8~2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

30.35万円

価格帯 24.9~35.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す