0000307access

1662253552278M.jpg

プロフィール

誕生日
12月 24日  
血液型
無指定  
都道府県
 
活動エリア
 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
78件
インプレ投稿件数
71件
MYバイク登録台数
4台
友達
0人

塗ってみよ 2 塗装編

車種名
SUZUKI アドレスV100
Myバイク
SUZUKI アドレスV100

前回の下準備編からの続き。

実は塗装用のガンを使って塗るのは初めてなのだが、前から興味があってようやく実践できます。

塗装ガンはアネスト岩田の初心者向けのPS-9513B-04て奴で、コンプレッサーも塗装にはちょっと容量的に厳しいかもしれない。


まぁスクーターであるアドレスV100の外装なら何とか行けるでしょ。(車などに比べると塗装面積も狭いので)

では作業開始!

塗る前のビフォー画像。

シルバーの外装で、前回の下準備編で割れ欠け修理の後、表面をサンドペーパーで磨いて足付け作業(塗装面に凹凸をつけて塗料が乗りやすくする)まで行ってます。

比較用としてここに画像置いてます。

さてどんな感じになるか!

塗装ブースまで用意は出来ないのでデカい段ボールの中にパーツ設置して塗料吹いていきます。

GSX-Sのメンテナンス用に買ったフロントスタンドが梱包されてたモノ。

アドレスの外装は上手い事中に収まるサイズです。

調色済みの塗料と硬化剤を10対1の割合で混ぜます。(使用する塗料には割合の指定があるのでそれに準じてます。塗料メーカーによって違います。)


重量で計るので秤に塗料カップを乗せた状態でゼロに合わせてます。

オイラはそこまで厳密に合わせるわけでもないのでざっくり数値が分かればオッケイです

(家にあった調理用の秤。現役引退してるのでこれから塗料にまみれてもらいますw)

今回使用する塗料とカラーはパナロック塗料さんのクールグレーカーキ。(アクリルウレタン系の塗料になります)

スバルの車に使われてるグレー系のカラーに調色されてるモノです。

先程の秤で塗料と硬化剤を混ぜたものをさらにシンナーで希釈して使います。

希釈割合は季節や外気温、天気等で変わります。

今回は用意した塗料に対して60%程の割合で希釈してます。

1度目を吹いた後です。(乾かした後水洗いして表面のゴミ落として乾かし中)

今のところ、ただサフ (※サーフェーサー 下地塗料の事) 吹いたようにしか見えないw

元のシルバーのギラつきは無くなっているのは解ると思います。

この色を下地にしても良いけどこのクールグレーカーキで仕上げたいので塗り重ねていきます♪

2回目の吹き完了。

ちょっと青みがかって来た感じです。

単色で隠蔽力の強い色なのでまだ見れますが

明るい色(イエロー等)を吹いてたらもっとムラが目立ってるはず。派手な色って技術が必要になります。

とはいえ単色でもきれいに塗るってのは難しい。

プロってすげえ。

3回目の吹き完了。

さすがにガンで吹いてるトコ画像に収めたりする余裕はなかったので全部完了後の画像になってます。

影の位置で日がだいぶ傾いたのが分るでしょうか。

重ねた事でだいぶ色が乗っかった感じになりました。

もう少し塗ります。

本日の作業終了。

都合4回分塗り重ねたのかな。

給油口のフタ部分やナックルガードも抜かりなく塗ってます。

ここからまた塗りと水研ぎを繰り返して、オッケイだと思ったらクリアー吹いて、また水研ぎ。

外せる外装部分以外にも、鉄素材に色が吹いてあるシート下メットイン部分の外側やエンブレム等作業は他にもまだまだ有る。

冒頭でコンプレッサーの容量について不安がある感じの事書きましたが、連続で吹いてると割とすぐにエア充填始まるので休み休み塗りました。塗る面積が広い物の場合はもっと大容量のコンプレッサー推奨です。


…長期戦になるなコレw

本日はこれにて。

【追記】参考までに。今回の塗装で使用したアネスト岩田のガンです♪

  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

スズキ アドレスV100の価格情報

スズキ アドレスV100

スズキ アドレスV100

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

2.96万円

価格帯 2.96万円

諸費用

3.54万円

価格帯 3.54万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

6.5万円

価格帯 6.5万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す