Webikeヤエー!!総額1000万円分ポイントキャンペーン

0000098access

1641127944850M.jpg

一休さん

ステータス

日記投稿件数
110件
インプレ投稿件数
3件
Myバイク登録台数
13台
ウェビ友
0人

NSR250SE キャブレターオーバーホール

車種名
HONDA NSR250R SE
Myバイク
HONDA NSR250R SE

メーカーでは廃版扱いになっているキャブレターO/H用のガスケットセットがオークションで入手できましたので、作業開始。このキャブレターの汚れ具合ですから、どう見てもガソリン洩れてます。

まずはパーツリストの図面と、購入したパッキンを照合。どこに何が付くのか、確認します。

手始めにフロート室のパッキン。明らかに硬化していて、さらに言うと固着していて、外す際に砕け散りました。
ふつうは一体の輪っかのまま外れるんですが・・。
ここが洩れの原因の一つでしょうか・・。

さらに分解していくと、ここ絶対洩れてたでしょ、という個所を発見。
写真で赤丸を付けた、ふたつのキャブレターのフロート室を連結し燃料ホースから入るガソリンを共有するためのパイプのOリング。
左右のキャブにアルミパイプが差し込まれているだけの構造で、封止はOリングの弾力性のみに依存する作りになってました。
もちろん古いOリングは硬化して断面がD字型になってました。

新品のOリングと交換。
単に部品を替えるだけなら簡単なのですが、しばしば固着したネジと格闘し、やっと外した部品の裏がタールで真っ黒で、それを掃除しながら先に進むので、作業完了まで4時間もかかってしまいました・・。
このあとスライドバルブ周辺のガスケットを替えていくのですが、もう手が真っ黒で、その写真は撮影できず。。
外側はキタナイキャブでしたが、内部はきれいで、スライドバルブはとてもスムーズに開閉し、ニードルや機構部品にも摩耗はなく、機構部の程度は良好でした。

今回交換したガスケットと、ほぼ組み立てたキャブレター。
同調は、分解時に同調調節用スクリューの回転数をメモしておき、その通りに戻しました。
組み立て後にスライドバルブの開きはじめを目視確認しましたが、ズレは無いようでしたので、これで良しとしました。

ホースのすべてとスロットルケーブル、ついでにクラッチケーブルも新品交換し、キャブはこれで一段落です。
ケーブル類は所定の位置へ通さないと曲がりがきつくなって操作が重くなったり、長期的には破断もあり得ます。
基本的になるべく大きなカーブを描いてセットするよう設計されています。
ばらす時には、元の状態を写真にとってから作業しましょう。
  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ NSR250R SEの価格情報

ホンダ NSR250R SE

ホンダ NSR250R SE

新車 0

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

250.49万円

価格帯 234.63~266.35万円

諸費用

23.39万円

価格帯 7.53~39.25万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

273.88万円

価格帯 273.88万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す