0000100access

プロフィール

誕生日
9月 30日  
血液型
B型  
都道府県
青森県  
活動エリア
 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
52件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
3台
友達
0人
カテゴリ:近況
(5)
ヒロさん ヒロさん   2021年05月04日

石油給湯器のメンテ(修理)してました。

日記写真

ゴールデンウイーク期間中唯一の休日でしたが(仕事柄連休は取れません。)最近不調のボイラー修理してました。
ここ1カ月位前から燃焼が不安定(着火時にボイラーがボフボフ。バイクでよくある失火みたいな音)や灯油の電磁ポンプの異音が酷く、数日置きに不着火によるエラーが出てました。
当然家族からもブーイングの嵐。

連休前に知り合いの設備屋さんに聞いたら「古いボイラーなので部品は出ない、本体交換しかないよ。だいたい20万円位かな?」だそう。
旧車のバイクじゃ無いんだから部品が出ないとかどうなってんの?と思いましたが、
まぁ94年製なので当たり前かぁ。

仕方がないのでダメもとで分解してみました。
よく考えたら所有しているバイクは93年94年95年と同年代。今だ現役なので何とかなるでしょう。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 1.

ブロワーファン外してから、電磁ポンプはずしました。
ここまで5分ほど。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

電磁ポンプ分解。

構造自体は簡単なもので、電磁石で中のピストンを上下に駆動して石油を圧送する仕組み。

組付け時にわかるように写真撮りました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

真ん中の部品がピストン。
右の筒の中を上下運動する仕組み。

ズングリしているところは磁力受けるとこで、左の細い所が灯油に圧をかける役目になってます。

写真でわかると思いますが磁力受ける所が擦れて傷が入ってます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

当然パイプの中にも傷が入ってました。
先ほども書きましたが、ここはピストンが上下するだけの所なので灯油に圧力掛けませんので磨いて修理します。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

リューターに2000番の耐水ペーパー巻きつけて磨きました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

分解ついでに各部シール交換します。
ここはアキュームレーター、ポンプの脈圧を吸収するとこですね。
手持ちのOリングで全て代用できました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

で、噴射ノズルです。
ここも清掃。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

分解するとこんな感じ。

キャブクリーナーでカーボン除去。
愛用しているのはヤマハのキャブクリーナー ヤマルーブです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 9.

清掃後。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

前後しますが、これは燃焼室?になるのかな。
真ん中がノズル、ノズルの右下の角みたいなやつが点火プラグ。

不完全燃焼なのか、ノーメンテなのかススで真っ黒。
ブロワーからの空気穴も所々つまってますね。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

清掃後です。

なんか燃焼が安定しそうな気がしてきました。
奇麗な燃焼室は気分いいっすね。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

先ほどの部品を組付け後。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 13.

ポンプ、燃焼装置組付け、ブロワーモーターもつけました。

燃焼させたところ電磁ポンプの異音は無くなりほぼ無音状態。

燃焼時も「フィーン」ブロワーの音「ジジ」点火プラグのスパーク音「ボー」燃焼音と普通の音になりました。

このまましばらく様子見です。

これで治ってくれればバイクの税金嫁さんに払ってもらえるかも?

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全2件)

さすらいのライダーさん
おはようございます。
北海道のさすらいのライダーと申します。
はじめまして(かな?)。

我が家も北国住まいなので、給湯や暖房に灯油ボイラーを使用しております。
給湯用は7年ほどで業者を呼んでオーバーホール。さらに15年で本体交換しています。
7年の時は部品交換だったのですが、製造後22年経過となると部品が無いとかで、20万オーバーの新品交換となりましたorz
暖房用はいつ壊れるか分からないほど古い(絶好調なんですが)ですし、給湯ボイラーも、ヒロさんのように自分で治すスキルが有れば、まだまだ長く使えますね!!
私も、バイクは全バラにしたりレストア作業をよくやっているのですが、家庭用のメカはまだ手を付けたことが有りません。
ヒロさんの日記を参考に、今度壊れたらダメ元で自分でオーバーホールに挑戦してみたいと思います(^-^)
ヒロさん
さすらいのライダーさん

はじめまして、でした。

灯油ストーブや給湯器はまさしく北国の必需品ですね。
レストアされてるみたいですが、サスペンションのオーバーホールと比べると
拍子抜けする位簡単ですよ。
送風ファンのベアリングにしても業者に頼むとASSY交換で1万円オーバー。
自分で治すとベアリング代数百円で直せますから。
何事もチャレンジっす。(あ、自己責任で)

家のストーブも24年物になり、まだまだ現役です。