0000039access

プロフィール

誕生日
1月 22日  
血液型
A型  
都道府県
長崎県  
活動エリア
九州 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
526件
インプレ投稿件数
26件
MYバイク登録台数
6台
友達
1人
カテゴリ:バイクいじり
(2)
bb1さん bb1さん   2021年04月08日

955i 予定外

日記写真
車種名
TRIUMPH SPEED TRIPLE
Myバイク
スピードトリプル

○BFF

まさか落札出来るとは思ってなかった2018年式のZX-10R用BFF。
安くはありませんでしたが新車取り外しでほとんど未使用の状態でした。
入手した当初はブレーキキャリパーピッチが100mm以外はBPFとほぼ共通だと思っていました。

キャリパーピッチは100mmなので2号機のBremboを移植しないといけません。
アクスルシャフトの形状はZX-12Rのアクスルシャフトは装着出来るとは思いますが。
早速、取り付けてみる事にします。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 1.

○BFF取付

キャリパーピッチを100/108mmのどちらかに統一してくれれば作業は簡単だったのですが、まあアキシアルキャリパーの頃と比べたら流用がやり易くはなりました。
フォークの交換前に両車のブレーキシステムを取り外します。
マスターからキャリパーまでホースを繋いだまま取り外しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 2.

○BFFとBPF

ZX-10R用のBFFとBPFの違いですが、インナーチューブ長が115mmから125mmに伸びています。
トップキャップ-アクスルは735mm→740mmになりリバウンドストロークが長くとれそうです。
アウターチューブは50/55mmでBPFと同じ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 3.

○設定

取付作業自体はBPFと同じで特に問題もありませんでした。取付寸法もBPFと同じにするために突出し量が変わりました。

突き出し :19.5mm(トップブリッジ上面からトップキャップまで)
1G取付長 :695mm(トップブリッジ上面からアクスルまで)
1G状態サグ:28mm(125-97mm)

この時のフォーク設定は入手時のままです。
プリロード:最弱から6回転締込(標準6)
伸側減衰 :最強から2.15回転戻し(標準2.15)
圧側減衰 :最強から3.15回転戻し(標準1.0)

油面   :未計測(標準160mm)

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 4.

○330mm?

NISSINとBremboキャリパーのマウント形状が異なるためNISSINに使っていたキャリパースペーサーが使えない事が判りましたが、取り付けてみると320mmディスクの端からパッドが4mmほどはみ出していました。
2018年ZX-10Rのディスクサイズを確認すると330mmになっていた様です(^_^;)。
はみ出し量は4mmほどですが接触面が32mm程度で外周4mmもはみ出てるのも問題があります。
しかし330mmに交換すると逆に6mmもディスクがはみ出す事になりそうですが。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 5.

○待機中

Ducatiホイール互換の330mmディスクが見つかりましたので発注しました。

取り敢えず届くまでは2台共待機中です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 6.

○BPF戻し

330mmディスクの調達に時間が掛かりそうなので速攻でBPFに戻しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  

コメント(全0件)