さちぱさんのKAWASAKI ニンジャ400 バイクいじり日記 「ニンジャ400 スマホ設置(電源とマウント)」

0000012access

プロフィール

誕生日
7月 6日  
血液型
A型  
都道府県
兵庫県  
活動エリア
関西~中国~四国 
ライダースキル
 
乗車頻度
日常的 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
47件
インプレ投稿件数
99件
MYバイク登録台数
5台
友達
1人
カテゴリ:バイクいじり
(0)
さちぱさん さちぱさん   2020年10月18日

ニンジャ400 スマホ設置(電源とマウント)

日記写真
車種名
KAWASAKI ニンジャ400
Myバイク
さちニン
都道府県
兵庫県

スマホ用ナビソフトの普及でツーリングMUSTアイテムも大きく様変わりして『先頭のベテランがツーリングマップルを見ながら...』ってシーンも少なくなりましたね。
代わりに最近は多くのバイクにスマホマウントと電源が設置されるようになってきました。私もメイン機のZRXにはUSB電源とスマホマウントを設置して以降、お出掛けの際には頻繁に活用しています。
ということで、ニンジャ400にもスマホマウントとUSB電源を設置してみました。
尚、私のニンジャ400は既にカスタムでバーハン化しています。(簡単にスマホマウント設置可能)ニンジャ標準のセパレートハンドルではマウント設置に工夫が必要であったり、必要な準備が大きく異なります。念のため。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  
Chapter 1.

こちらが今回装着するZRXでスマホ設置キットです。メイン機のZRXで使っている一式(ケーブル長のみ異なります)です。
スマホマウントは簡素が一番、ハンドルバーをクランプするタイプの汎用マウントに、ポーチタイプのスマホケースをセットしています。
裸のスマホをダイレクトにマウントするタイプもカッコいいですが、雨天時や立ちごけなど万一の際にとても心配ですので敬遠しました。
マウントもいろいろありますが、使っていない時はシンプルにマウント根元も残らないタイプを選択しています。

都道府県
兵庫県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  
Chapter 2.

それではニンジャ400でスマホ活用準備を始めます。まずは電源ですね。
私のニンジャ400には純正アクセサリーの12V電源(DC電源ソケット)を装着しています。カウリング内側にソケットがあります。
今回は新たにUSBポートを設置せず、この12Vソケットを活用して電源を取ります。当然ですよね。またこの純正アクセサリー電源ですが、さすが純正仕様でリレー(もちろんヒューズも)を介して接続されており、万一の際のトラブル回避やトラブル範囲の抑制が期待できそうです。
このDC電源ソケットに、乗用車用に余っていたUSBソケットを差し込みます。特にバイク用ではなく、確か数百円で入手したものです。
このUSBソケットですが、写真の通り装着時に上側へ大きく突き出します。またDCソケット〜USBソケット間の差し込み固さは『普通』(固くも緩くもない)です。こちらが今回装着するZRXでスマホ設置キットです。メイン機のZRXで使っている一式(ケーブル長のみ異なります)です。

都道府県
兵庫県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  
Chapter 3.

マウントもZRXに使っているハンドルバークランプ汎用品そのままで始めます。でもこのハンドルバークランプ、バーが曲がっていると安定してクランプできませんので、設置範囲が限定されますね。検討の結果、今回はこのあたりにマウントしてみました。
このようなスマホマウントにはいろいろ種類がありますね。予めボルトでしっかり固定しておくタイプも魅力的でしたが、使わないときに根元が残るのが気になって、このように都度クランプ固定するタイプにしました。そしてこのマウントはZRXと共用しています。

都道府県
兵庫県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  
Chapter 4.

最も注意して準備・確認したことが、使用中のケーブル取り回しです。万一こちらに不備があると、被害軽めでも電源ショートでのヒューズ切れ、最悪はクラッチなど操作系への挟み込みが考えられます。このソケット電源がショートしてヒューズが切れてしまうと、同じ電源系統のETCとドラレコが使えず、大変不便且つ不安全ですし。
いろいろな長さのケーブルを試しつつ、取り急ぎ写真の取り回しで使い始めてみました。この取り回しであればハンドルを左右一杯まで切っても突っ張りや挟み込みなどの問題は一切ありません。実際この取り回しで500km以上日帰りツーリングしましたが、ケーブル関連の問題はありませんでした。
ですが幾つか気になりますので継続改良を目指します。ひとつ目はケーブルの色。白色は目立ちすぎで視界の下の方が気になりがちです。同じことはUSBソケットにも言えます。USBソケットも黒系で且つパイロットランプ(通電時のランプ)が無い方が良いと思います。これら、気長に『これだ』と思えるものを探し続けます。

都道府県
兵庫県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  
Chapter 5.

スマホマウントと電源の装着を完了しました。ちょうどこの写真あたりがライダー目線に近いところからの見え方です。
うまい具合にメーターの全てを隠すことなくスマホ設置できました。
やっぱりこの写真からも白いソケットと白いケーブルが目立ちますね。ケーブルだけでも黒に変えて、どうせならL型端子にして、ソケット側の端子はどうしようかな、、、、と、既に次の改良を考え始めています。

都道府県
兵庫県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ハンドル回り  

コメント(全0件)

カワサキ ニンジャ400の価格情報

カワサキ ニンジャ400

カワサキ ニンジャ400

新車 18

価格種別

中古車 63

本体

価格帯 65.8~72.6万円

70.91万円

諸費用

価格帯 6.05~7.01万円

5.82万円

本体価格

諸費用

本体

52.09万円

価格帯 29.9~72.9万円

諸費用

2.32万円

価格帯 3.83~3.9万円


乗り出し価格

価格帯 71.85~79.61万円

76.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

54.42万円

価格帯 33.8~76.73万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す