アンドライドさんのKYMCO K-XCT125 ライディングスクール・講習会日記 「XCT-125でライディングスクール」

0000007access

アンドライドさん

プロフィール

誕生日
8月 23日  
血液型
A型  
都道府県
滋賀県  
活動エリア
 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
初級 

ステータス

日記投稿件数
26件
インプレ投稿件数
65件
MYバイク登録台数
2台
友達
0人
カテゴリ:ライディングスクール・講習会
(1)
アンドライドさん アンドライドさん   2019年11月08日

XCT-125でライディングスクール

車種名
KYMCO K-XCT125
Myバイク
KYMCO K-XCT125

SR400のメンテ&大改修で今回はXCT−125で参加。

正直SRよりも断然傾けやすく曲がりやすい。全長・ホイールベース長く車重も重くニーグリップ出来ないと云う不利?な車種だが一応最新(2015年)なのでそう云う設計なのだろうか。スポーツスクーターというジャンルらしくバンク角40〜42度まで傾けられるという謳い文句だがセンタースタンドガリガリで少し怖かった。以前同車種で参加したときは回だけ擦った程度だったが、今回は特に右旋回でガリガリ頻発。リアサスのプリロードを最弱から2番めの柔らかさにしていたのが原因だったのだろうか?(以前は最弱&リアボックス装備なのでもっと沈み込みはあったはず)SRでしっかり勉強できた成果かな。

リアサスはあまり硬くして沈み込みがなくなると足付きが絶望的なのでここら辺がギリギリ。+厚底ブーツを履いて。もう少し硬くするとガリガリは解消されるのかな?でも実用を考えるとこの硬さが限界。xctはノーマルでいじるのは窮屈なハンドルをバーハン化する以外はいじりたくない。あくまでも日常使い用なのであまりお金を掛けたくないからだ。しかしよく曲がり、スラローム・クランクもスイスイ。srでこれ以上の走りが出来るように成りたいものだ。

pcx2018年式を買って乗っていたが、やはりXCT125のほうが格好がいいしよく走る。スクーターは台湾が突出していると実感。細かい作りや供給不安燃費が若干悪い等はあるが、乗っていて楽しい。買い替えて正解だった。センタースタンドを取っ払ってもいいが、やはり駐車時のことを考えると躊躇する。


今年はもうライスクはないので、しっかりsrを整備して、來年はSR1本でライスクに参加して自在に操れるように成りたい。

今年はライスクの申込みをしたが、SRの不調に悩まされなかなか参加できなかった。免許をとって1年半。少しずつではあるが技術が向上してきたように思う。練習中盤になると、上半身がパキパキになっていたが、今回は下半身がパキパキに。上半身リラックスで下半身中心に乗れるようになったかな?黄色・青・あかゼッケンに分かれて、黄色=初心者ゆっくり、青=中級者、赤=上級者と別れての練習。來年は青色ゼッケンを付けて中級コースで走るのが目標。

これから積雪極寒になるが、無理しない程度に練習して來年に備え合い。頑張ってsrを自在に操れるようになるなり。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
ライディングスクール  

コメント(全0件)