hawkさんのバイクいじり日記 「モンスターS2R 始動不良」

0000057access

プロフィール

誕生日
1月 9日  
血液型
B型  
都道府県
兵庫県  
活動エリア
近畿圏 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
14件
インプレ投稿件数
63件
MYバイク登録台数
8台
友達
2人
カテゴリ:バイクいじり
(0)
hawkさん hawkさん   2019年10月09日

モンスターS2R 始動不良

日記写真

いやー話題に尽きない...。

レギュレータ故障で初めて故障した!
と思ったのですが...再び不動です。


近場を走っており、コンビニに用があったため停車。

数分後バイクに戻りエンジンを始動すると
【ガチッ】と音がするだけで全く始動出来ない!



おいおいおい...


直したばっかじゃねえか...


と思いながらも帰らねばいけないので簡易診断。

メーターは動いており、ヘッドライトも点く。
キルスイッチも正常に作動しておりNも入っている。

スタンドの上げ下げでも変わらず動きそうにもない。

そもそも【ガチッ】とは鳴るのだから
スタート信号に問題はない。

タイベルカバーを触って始動すると中で動くのが分かる。

スターターを触っても同じく動きはある。

しかし困った。スターターの故障と思いたいが
【ガチッ】というのが気に入らない。

感覚的にはクランク、ピストン死亡か
タイベル切れ、外れの気がしてならない。

たださっきまで乗っていたのだからどうだろうと。
とりあえずタイベル確認が必要なのでバラします!

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
電装系  
Chapter 1.

とりあえずカバーを取らないと始まらないのでそこから。

5ミリメートルのヘキサゴンにて4本ずつ計8本ボルトを取ります。

画像は勘違いのためクラッチカバー外してます。
エンジンオイルは抜きました。

タンクを持ち上げ上の2本、オイルプレッシャセンサーを外し真ん中のボルトを外します。

あとは避けながらカバーを外せばタイベルが見えます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
電装系  
Chapter 2.

ジェネレータカバー側の真ん中のカバーを取り外し

M10かな、ボルトを挿すとクランクシャフトが回せます。

でタイミングをチェックです。

幸いにもタイベル切れはなく、摩耗も良好。

タイミングもズレなく取り付いていました。



ひとまず安心です。


ただテンションが緩くダルっとしています。

テンショナも5ミリメートルのヘキサゴンで調整出来ます。

音波計を使うのがいいのでしょうが、そんな時間はない!

まあ4輪と相違ないと思いますのでチョイ締めにて調整。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
電装系  
Chapter 3.

画像のは全てタイミングを合わせていますので
参考にどうぞ。


タイベルに問題がない事が分かりましたので復元。

無意味に取り外したクラッチカバーも復元です。

ここは液体ガスケットでの接着なので
古いガスケットを取り除き、きちんと脱脂をします。

今回は家にあった
パーマテックスのモトシール1を使用しました。
ほんとはウルトラグレーがいいのかも。

あとは乾燥を待ち、エンジンオイルを入れ直して
とりあえず完成です。



もう一度スターターを押してみると

さっきとは変わり【キュルッ】と鳴りました。

これは恐らくスターターであろうなと。

プルインは出来てホールディング出来てないのかな。

またタイミングを見て修理します。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
電装系  

コメント(全0件)