通勤族さんのHONDA CBR600F バイクいじり日記 「初オーバーホール」

0000071access

プロフィール

誕生日
3月 4日  
血液型
AB型  
都道府県
東京都  
活動エリア
公道上 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
14件
インプレ投稿件数
54件
MYバイク登録台数
2台
友達
0人
カテゴリ:バイクいじり
(2)
通勤族さん 通勤族さん   2019年07月11日

初オーバーホール

日記写真
車種名
HONDA CBR600F
Myバイク
HONDA CBR600F

車両購入から十数年目にして、一度も分解していなかった、
ブレーキキャリパーのオーバーホールをしました。

定期的にフルード交換、洗浄などはしていたので、
写真だと、結構きれいに見えますね。


距離的には全然大丈夫ですが、さすがに経年劣化で
ゴム部品が駄目になる前に、部品交換を実施しました。


せっかくなのでそれに加えて、純正部品流用で、
プチカスタムします。

キーワード
ブレーキキャリパー オーバーホール
関連サイト
サブカテゴリ
ブレーキ関連  
Chapter 1.

写真の遠目ではきれいですが、近づくとかなりの汚れの堆積量。

しばらく洗浄してなかったので、ピストンの銀色が見えません...。


室内に持ち込んで分解作業するので、これらをざっとでも洗い流しておかなければ始まりません。


中性洗剤を泡立てて、ブラシでごしごしと。
そして水で洗い流すだけで、大分すっきりしました。

あとは分解してから、念入りに汚れ落としします。

都道府県
キーワード
ブレーキキャリパー オーバーホール
関連サイト
サブカテゴリ
ブレーキ関連  
Chapter 2.

今回のプチ・カスタム内容は、ピストンの交換です。


CBR600F(PC35)は、モデルチェンジした次期モデル(といっても既に絶版車)から、954RR同様のアルミ製コーティングピストンになっています。


右の、まだ全然使えるけど、ほんの少しお疲れ気味の純正鉄ピストンを、これを期に交換いたします。


左のアルミピストンは、カシマコートなので表面つるっつるです。作動性アップ間違いなし。

都道府県
キーワード
ブレーキキャリパー オーバーホール 純正流用 カスタム カシマコート アルミピストン
関連サイト
http://www.hi-ho.ne.jp/mtan/moto/cbr/improve_aluminiumpiston.html
サブカテゴリ
ブレーキ関連  
Chapter 3.

洗って本来の色になったキャリパーに組み付けたところ。パッドカス等のせいで本体が腐食してなくてよかった。


シールにはいつも、定番のケミカル・CCIのメタルラバースプレーを吹いています。

アルミピストンの滑りの良さで、ほとんど力を入れずにスルスル入ります。


使ってみて、フィーリングはもちろん、ピストンの汚れ落ちもよいので、作動性を維持するのも楽そうで気に入りました。

鉄系ピストンのキャリパーで、そろそろ交換予定の方は、検討してみては。

都道府県
キーワード
ブレーキキャリパー オーバーホール 純正流用 カスタム カシマコート アルミピストン
関連サイト
http://www.hi-ho.ne.jp/mtan/moto/cbr/improve_aluminiumpiston.html
サブカテゴリ
ブレーキ関連  

コメント(全0件)