杉さんのHONDA CB400スーパーフォア ツーリング日記 「吾妻峡(八ッ場ダム)&つま恋パノラマライン/北関東ツーリング2」

0000472access

プロフィール

誕生日
6月 30日  
血液型
A型  
都道府県
千葉県  
活動エリア
関東・東海・信州・東北 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
277件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
35人
(9)
杉さん 杉さん   2019年06月30日

吾妻峡(八ッ場ダム)&つま恋パノラマライン/北関東ツーリング2

日記写真
ツーリング期間
2019年05月30日 ~ 2019年05月31日
車種名
HONDA CB400スーパーフォア
Myバイク
相棒CB400SF-V2
走行距離
254km
都道府県
群馬県 埼玉県 東京都 長野県

新緑の春5月、ウェビ友とツツジ咲く八方ヶ原(栃木県)へツーリングしてきました。
暇な私は栃木で一泊し、二日目は吾妻渓谷(群馬県)~軽井沢(長野県)へとバイクを走らせます。

吾妻渓谷の八ッ場(やんば)ダムは、どの程度工事が進んでいるか見学をします。
その後、つま恋パノラマラインを走り軽井沢でカフェ、そして碓氷峠旧道を走り帰路につきました(2019.05.31)
<写真=旧軽銀座にて>

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 1.

2日目 吾妻峡から旧軽井沢銀座へ・・・

今日は早く出発しようかと思っていたが、曇りでスッキリしない天気、
ならば朝風呂でまったりしよう。大きな風呂に私一人、こんな贅沢なことはありません。
そして、バイブラバスとジェットバスで全身マッサージです。

湯船から出て脱衣場のドアを開けると、女性とバッタリ!
ええっ、ここは混浴? いいえ掃除のおばさんでした。「おはようございます。ごゆっくりしてくださいね・・・」と笑顔のステキな方でした。

そして午前10時、「吾妻峡」を目指し出発します。
駐車場でバイクに荷物を積んでいると、風呂に入りに来たおじいさんが話しかけます。
「いやー遠くから来ましたね、これからどこへ行くんですか?」と、
行き先を告げると、親切に道を教えてくれた。「中之条まで40分で行けるよ」という。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 2.

では出発、と思いきや女性が声をかけてきました。
「あっ、CBだ!主人もCBの1300に乗っていました」と、従業員のおばさんでした。
「主人は足が短いから、ドラッグスターに乗り換えたんですよ・・・」と、おばさんの話が止まりません。
群馬の皆さんとてもフレンドリー、ツーリングの思い出になります。

そして走り出すと眼下に沼田の街並みが一望、けっこう大きな街です。
江戸時代は城下町、市内を流れる利根川を利用し木材の集積地として発展したらしい。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 3.

では、おじいちゃんに教えられた道を行きます。
走るは日本ロマンチック街道「145号線」、見かけるは地元ナンバーの車ばかりです。

そして山奥へ入ると、登り坂の高速コーナーが続きます。
軽快に走ると そこは「権現峠」、昔は難所でしたが現在はトンネルで楽々です。

そして中之条からは、吾妻川沿いに走ります。
立派な道路で景観もいい、スピードアップするとタンクローリーに追いつきました。
時速40キロは遅過ぎやろ!一気に追い越すと、今度は軽自動車が50キロ走行。

急ぎ旅でもないので後ろについて行くと、なんとネズミが待ち構えていました。
追い越していたら免停間違いなしだ!運のいい私です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 4.

「道の駅あがつま峡」の先に 八ッ場ダム建設地はあります。
看板に従い路地を入ると駐車場が設けられていました。

そこに新潟ナンバーの若いライダーが一人、「こんにちは・・・」と挨拶してきました。
彼はダムカードをもらう為に わざわざやって来たといいます。
ここにダム事務所はありませんが、彼によると「道の駅八ッ場」で配布しているらしい。

ここはダムの展望台「やんば見放台」、これはユニークなネーミング、遊び心が感じられます。
では登ってみます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 5.

スイッチバック式の歩道を行くも、けっこうキツイ 歳には勝てません。
息を切らし展望台に立つと、見晴らしが良く疲れも忘れます。

見ると、巨大な堤防が出来ているではないか、これは凄い!
ダムの底のトラックと人は米粒ほどの大きさ、そのスケール感に圧倒されます。
どうやら、現在は付帯作業に取り組んでいるのかな?

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 6.

これは2年前のツーリングで立ち寄ったときに撮影した八ッ場ダムの様子、
山肌にコンクリートが打たれ、堤防の建設が始まったばかりでした。

完成目標は令和2年、最後の追い込みらしく進捗状況は順調のようです。
夜間作業ではライトに照らされたダムが浮かび上がり、幻想的な光景が見られるといいます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 7.

ここはダムの上流、いずれダム湖になるところです。
ダムの目的は治水と首都圏への水の供給、のちに発電機能も追加されたらしい。

村や吾妻峡が湖の底に沈んでしまうのは残念だが 人の命を支えるダム、仕方のないことかな、
ここにあった川原湯温泉や駅は高台に移転して、通常営業しているようです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 8.

ダム工事現場から2~3km走ると、「道の駅八ッ場ふるさと館」があります。
この道の駅は、ダム建設により水没する地域の生活再建を目的に造られたといいます。
地域密着型の道の駅、地元ナンバーの車が多く見かけられます。

館内は地元の野菜や特産品、それにお土産品まで品数豊富です。
だがダム事務所が見当たらない、ダムカードは完成してからにします。そのときはダムカレーも!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 9.

敷地内の足湯には天然温泉が注がれています。
誰もいないので足を入れてみました。ちょっと熱めの湯で温泉気分が味わえました。
目の前は「不動大橋」、左前方は八ッ場ダムと絶好のロケーションです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 10.

これが「不動大橋」、せっかくなので渡ってみます。
全長590m 高さ86mの立派なもの、橋の上から群馬の山並みが望める絶景スポットです。

この橋は、ダム建設に伴い対岸への交通手段に造られた橋です。
民主党時代には事業仕分けで建設が中止されたり政治に翻弄されたが2011年に ようやく完成しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 11.

下を覗くと吾妻川の流れが見えます。
その隣は機材やクレーン車などがあり、何やら工事が行われているようです。

ここは湖底になる部分、土砂を掘っているのかな?
このきれいな川も見られるのは今の内です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 12.

それでは新しくなった「川原湯温泉」へ行ってみようか、
そこは新たに造った造成地、道はすっかり変わりナビも あてになりません。

工事中の道を行くと、新しい「川原湯温泉駅」がありました。
だが、温泉街へ行く道が見つからないので諦めます。次回は下調べしてリベンジです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 13.

河原湯から更に西へ走ります。
途中、右折すると草津道路「292号線」、ここからは登り坂です。
コーナーを走り抜けると、間もなく「つまごいパノラマライン」の入口です。

まずは北ルートで、長野街道を目指します。
その先、長野街道を横断すると南ルートが始まります。南北で30kmの広域農道です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 14.

ここは丘陵地を開拓した高原野菜の産地、起伏のある広大な農地が広がっています。
どの畑も全てキャベツ、まるで緑の絨毯!見事なものです。
夏秋キャベツの生産量は日本一というから驚きです。これまで開拓や品種改良に血のにじむ努力があったといいます。

そんな畑の中をうねるパノラマライン、名前の通り360度のパノラマが楽しめます。
遠くに浅間山を望める絶景ロード、だが通り過ぎてしまうのが勿体ない バイクをゆっくり走らせました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 15.

そして長野街道を横断すると「パノラマライン・南ルート」、一気に駆け抜けると群馬県「北軽井沢」です。
そこに、浅間記念館(浅間火山レース記念館)への道路標識が出ていました。

この辺りは「第1回全日本オートバイ耐久レース」、通称 浅間高原レースが行われたモーターサイクルスポーツ発祥の地、
館内には当時のバイクが多数展示されているようです。
これは行ってみたいが雲が厚くなり雨が降り出しそうな予感、今回は泣く泣く断念しました。

北軽の「浅間牧場」で一休みして出発です。
走るは145号線、間もなく群馬県から長野県に入りました。
ここからは下りのワインディングロード、リーンアウトでコーナリングを繰り返すと、天敵の雨が降ってきた!
だが、林の小路を走っていると雨は止み、新緑がより鮮やかに見えます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 16.

そして林を抜けると急に開けました。
ここは旧軽銀座、メインストリートにオシャレなカフェやショップが建ち並んでいます。

昨年の秋に来たときは日曜日だったので、銀座通りは満員電車並みの混雑でした。
だが今回は平日、観光客はまばらでゆっくり見てまわれます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 17.

軽井沢は外国人の避暑地として発展した街、オシャレな西洋風の街並みが魅力的です。
その関係か?「フランスベーカリー」では、「塩クロワッサン」などのフランスパンが人気らしい。

そして不思議な体験ができる「森の美術館」では、トリックアートの面白い写真が撮れるようです。
ではカフェへ、旧軽銀座の人通りを眺めながら まったりとした時間を過ごします。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 18.

時刻は午後1時半、まだ早いがスッキリしない天気なので帰路につきます。
まず南軽井沢へ行き、碓氷バイパスで下山します。
ところが何かなんか様子が変!これはうっかりミス、碓氷峠の旧道に来てしまった。

まあ、いいか!少し行くとヘアピンカーブが延々と続きます。
なんと184カーブ、路面も修復され軽快にコーナリング楽しめます。
因みにバイパスは48カーブ、しかも高速コーナーなのでお急ぎの方はそちらをどうぞ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 19.

しかし急カーブの下り坂、腕が痛くなってきた。
そこでタイミングよく現れたのが「めがね橋」、ここは名所なのでバイクを止め一休みします。
前回は観光バスがやって来て凄い人出、だが今日は人影もまばら 静かなめがね橋です。

高さ31m、レンガ造りのアーチ橋で日本最大を誇っています。
上を走るはアプト式列車、レールに歯車を設け急こう配の碓氷峠を越える登山列車です。
明治から昭和にかけて稼働、現在は遊歩道「アプトの道」として観光名所になっています。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 20.

碓氷峠旧道の後半、車体を倒しこみ中低速コーナーを走り切ると横川の街、ここからは平坦路です。
走るは中山道「18号線」、その先は安中・高崎と走るも立派なバイパス道路、まるで高速道路並みだ!

本庄(ほんじょう)市に入ると、急に雲が湧き雨の気配がします。
ここからは家まで一気走り、まずはガソリンを満タンに、
店主曰く「カッパ着ないですか?」と、気遣ってくれます。でも面倒なので降ってきたら着ることにしました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 21.

しばらく走ると、「道の駅おかべ」の看板が見えてきました。
小腹が空いたので、名物のおにぎりを買うことにします。
ここは二度目、5年前の9月に来たときは沿道の「キバナコスモス」を思い出します。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 22.

ここが「おむすびショップ・百縁むすび」、なんともユニークなネーミングです。
ひじき・焼きタラコ・明太子・わさびなどなど種類豊富、どれも旨い!お勧めです。

この先は熊谷市街、ここは毎回渋滞するので関越道・花園ICから帰路につきました。
今回はウェビ友とツツジ咲く八方ヶ原へ、そして翌日はソロで群馬路を走り地元の人との出会いもあり思い出のツーリングになりました。
総走行距離655km おわり

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越

コメント(全28件)

チバアヒルさん
群馬の八ッ場ダムと熊本の川辺川ダムは、事業仕分けで紆余曲折したたダムですね。川原湯温泉はクネクネ道の崖にへばりついたところにあるひなびた温泉で好きでした。今はダム対策で山の中腹のロケーションの良い場所にみんな移転したみたいですね。(^^)

五木の子守唄で有名な熊本県五木村も川辺川ダムのため全村移転して、道路整備も進み、いまでは昔の辺境なイメージはなくなりました。
昔を懐かしがる人も多いですが、過疎地のこれからの暮らしを考えると、ダム建設を契機に社会インフラを整備して人の往来を増やし働く場を創造するのもまた大切なので痛し痒しなんでしょうね。(--)
杉さん
チバアヒルさん こんにちは
事業仕分けでは八ッ場ダムの橋が工事途中の状態を何度もテレビに映し出されていましたね。
元の川原湯温泉は知らないのですが情緒があったと聞いています。今思えば一度泊まっておけばと思いました。
実家の近くに五木村出身の方がいまして「貧しいところだった」といいます。でも今はインフラも整備され経済的に発展しているのでしょうね。
kurokuさん
杉さん、こんばんは。
日記を見させていただいて、とても懐かしくなりました!
つまごいパノラマラインは私も好きな道で、何度も訪れたことがありますよ。
途中にある愛妻の丘から見る、浅間山の雄大な風景も素晴らしいです。
大きなバイクに乗っていた頃は、地蔵峠→つまごいパノラマライン→草津→渋峠が定番ルートでした。
taizoさん
杉さん、こんばんは!
長野市から、菅平、嬬恋から碓氷で草津へ行くツーリングをたまにしていますが、特に嬬恋〜碓氷の区間はザ!ツーリングロード!って感じで大好きな道です!
キム(morph)さん
杉さん、どうも!
私はバイパスや上信越道を使ってしまうので、まだめがね橋を近くで見た事がありません。(汗)
いつか上を歩いてみたいですね。
道の駅岡部に来るのは今なんじゃないですか?(爆)
ゴリフさん
そういえば当時の選挙前にポストに投函されてた民主党のマニフェストを
どこかに取ってあるかもと思って探してたら、ほんとに出てきましたw
ド頭に、川辺川ダム、八ツ場ダムは中止、ってはっきり書いてますね。
これも遠い将来、色々な意味で貴重な史料になるかもしれないので
捨てずにとっておきます
杉さん
kurokuさん こんばん
つまごいパノラマラインにいらしたことがあるんですね。一面のキャベツ畑を眺めながらのツーリングはとても気持ちのいいものですね。
愛妻の丘は素通りしてしまったので、次回は浅間山の景色を見に立ち寄ってみたいと思います。
地蔵峠~渋峠は山岳絶景ルート、素晴らしいですよね。秋になったら1泊で行きたくなりました♪
杉さん
taizoさん こんばんは
今回は沼田から旧軽まで走りましたが、吾妻渓谷付近はダムの関係で道路も良くなりましたね。スピードが乗るので要注意です。
菅平は行ったことがないです。どんなところか?興味があるので善光寺参りする時は走ってみたいと思っています。
浅間山からつま恋、そして湯ノ丸高原へと私も好きなコースです。そして長野へときた走りに行きますよ♪
杉さん
キムさん こんばんは
めがね橋に行ったことがない?とはキムさんらしくないですね。アプトの道は是非お勧めですよ。
埼玉も走りやすくなりましたね。バイパス道路は立体交差が多く快速道路、高速道路並みですね。
道の駅岡部ですか?キムさんが紹介していた「能護寺」のアジサイ、いい感じですよね。機会があったら行ってみたいです♪
杉さん
ゴリフさん こんばんは
マニフェストを保管してあったとはさすがゴリフさん、これは貴重な資料ですよ。
無駄遣いの削減は大切なこと,でもあまり緊縮政策も経済が疲弊してしまうので微妙ですね。
チバアヒルさんがおっしゃっていましたが、川辺川ダムも完成して地元は新たに生まれ変わったのでしょうね。いつか見に行ってみたいです。
Maxさん
こんばんは
いいるーと、好きな地域です。
まだ走ったことの無い旧碓氷峠184カーブは、圧巻ですね!
往復したら368カーブ?超カーブだらけですね!
では、また
くれないの?デブっ!(ター坊改め。略称「くれデブ」)さん
杉さん、こんばんは。
多少、天候はスッキリしなかった感じですが、走りも景観も楽しまれたご様子^_^
前半はウェビ友と、後半は一人気ままに^_^
羨ましいツーリングです^_^
おっぺけさん
メガネ橋、
ここ行ってみたいとずっと思ってるんですが、行けてません。
今シーズンこそ行きたいですねー
杉さん
Maxさん こんにちは
浅間山周辺はMaxさんが良く行くチェリーパークラインもありますよね。高峰高原や湯の丸高原は私も好きなスポットです。
碓氷旧道を走ったことがないとは意外です。上り下りで368カーブ挑戦してください♪
または、旧道で上りバイパスで下れば巨大なルーレット、バイクの醍醐味が楽しめますよ。
杉さん
くれデブさん こんにちは
そうなんです、初日は快晴で八方ヶ原の素晴らしい景色の中コーヒーブレイク、最高のときが過ごせました。
しかし翌日は曇りで残念な空模様、でも八ッ場ダムの様子も見学出来て良かったです。
その辺りは紅葉も綺麗らしいので、次は秋景色の湖が見られるかも知れません。楽しみにしています♪
杉さん
おっぺけさん こんにちは
今回はたいゾーさん・まりこいさんにご一緒させてもらい八方のツツジを満喫してきました。
昨年はおっぺけさんのコーヒー、おいしかったこと思い出しましたよ♪
次の日は帰りにめがね橋で一休み、橋の上は遊歩道があり湖付近は景色もいいのでお勧めします(^_^)
シェフさん
最近は埼玉の車仲間とバイクツーリングで北関東に
行きますが、関越からの帰りは都内の渋滞が難所で
17号バイパスから125号線で加須インターから東北道で
外環から湾岸に抜けて帰ってきたりしてます・・・
神奈川勢が多い時は圏央道で遠回りしたりして・・・
杉さんの千葉なら東北道から外環の方が楽ではないでしょうか?
関越から環八で帰る時は、Pが多過ぎで・・・
NINJA BAKAさん
杉さん、精力的に活動されていますね!
昔、行ったところが変化していることに何やら寂しさを感じることでしょう。時代の流れだからしようがないのかなぁ。
杉さん
シェフさん こんにちは
おっしゃる通り、神奈川から群馬方面へは都内を走るので渋滞を回避するのは至難の業ですね。
千葉への帰り道は関越の大泉JCTから外環道を走りましたが、川口JCTまで渋滞にはまりました。
東北道から外環の方がスムーズに流れるようですね。アドバイスありがとうございました♪
杉さん
NINJA BAKAさん こんにちは
そうなんです、歳をとるとバイクに乗るにも気合が必要になってきました。老化現象でしょうね(笑)
あと2年で70歳、そろそろ免許返納の時期が迫ったきました。そこで走れるときに走っておこうと諸国漫遊しています。いつの日か会いに行きますよ♪
確かに時代の流れでしょうね。人の生活向上か自然保護か、難しい選択ですね。
たいゾーさん
杉さん、おはようございます。

八方の次の日の日記ですね。( ̄▽ ̄)
いつもながら充実した内容に「さすが杉さん!」と声が出そうです(*^-^*)

「八ッ場ダム」かなり進んでますね。
自分も最後に見たのは2年前なので、
この光景を見たら、さぞビックリすると思います。
今度、渋川市までお墓参りに行ったら、ぐるっと回ってみたいと思います。!(^^)!
杉さん
たいゾーさん こんにちは
そうなんです、八方でたいゾーさんにいれていただいたコーヒーを飲みながら最高の花見が楽しめました♪
翌日は八ッ場ダムへと吾妻渓谷をソロツーリングして来ました。立派な堤防も出来上がり間もなく完成かと思われます。
たいゾーさんも是非立ち寄ってみて下さいね、そのスケール感に圧倒されますよ。でもスビートにはご注意を!
SARAH沙羅(どちらかな?言葉遣いで判断願います)さん
おはようございます。

私は高いところはダメですが、遠くからなら・・・^^

碓氷峠も行きたいところの一つで・・・
今年中にいけるかな~
杉さん
沙羅代さん こんにちは
高いところは苦手なんですね、でも「やんば見放台」 は広場的なので大丈夫ですよ、沙羅代さんも是非一度お立ち寄りください。
この辺りは紅葉もきれいなところなので、秋景色を見に行きたいところです。
碓氷峠旧道はコーナーの連続、ガンマの出番ですよ。そして〆は峠の釜めしですね♪
きたきつねさん
コンばんわ。八ッ場ダムの話しを読んでいて、同じ時期に事業仕分けでストップとなった新潟県阿賀町室谷集落を思い出しました。ここは住民が全てダム工事計画のため転居したのちに計画ストップとなったため、すごく中途半端な状態のまま現在に至ります。
しかし、そんな状況で地元の方々がカメムシと戦う「ヘクサンボ取り世界選手権」やら「ヤマビルミーティング」といった嫌われ者と戯れる企画を次々打ち出し、地域興しとしてにわかに注目を浴びているところになっています。結局は地元の人たちの生き方こそ重要だと感じました。
ツツジ、きれいな時期ですね。俺も近間で見に行ってこようかな。
まりこいさん
杉さんこんばんはです(^-^)
旧碓氷峠!30年前の見習い頃当時勤めていた店に
軽井沢店があり週末になると食材・機材道具を
軽自動車に積み込んで東京から夜通し2往復させられてました。
今となっては懐かしいです(*'▽')まだ健在してたのですね♪
バイクで走ってみたいですね!(=^・^=)
6/26に草津方面に髭モグラさんとツーリングして来たとき
「道の駅八ッ場ふるさと館」に寄りました!
平日なのにかなり賑わっていました。
この日のツーリング目的地は草津温泉隣にある
「チャツボミゴケ公園」です。

http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

新緑カラーとはまた違った緑に癒されました(*'▽')
杉さん
きたきつねさん こんにちは
新潟でも事業仕分けの対象があったんですね。工事中の現場がストップとは地域住民もかなり困惑されたことでしょう。
でも地元のオリジナルイベントを開催とは地元愛が感じられ、温かい気持ちにさせられました♪
ツツジは庭園やツツジ公園へ見に行ってましたが、自然の中のツツジは特別きれいに見えましたよ、きたきつねさんのブログ楽しみにしています。
杉さん
まりこいさん こんにちは
「チャツボミゴケ公園」の情報ありがとうございます。髭モグラさんと一緒と一緒だったんですね。
昨年行った秩父ツーリングを思い出しました。名水と関所とポピーを巡りましたね、お世話になりました。
30年前の碓氷峠旧道、私はバイクで往復しましたが、まりこいさんは2往復したんですね。まりこいさんは私の大先輩です♪

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB400スーパーフォア

新車 2

価格種別

中古車 152

本体

価格帯 88~91.15万円

90.07万円

諸費用

価格帯 6.93~10.07万円

8万円

本体価格

諸費用

本体

53.48万円

価格帯 19.8~81.99万円

諸費用

万円

価格帯 2.21~7.1万円


乗り出し価格

価格帯 98.07~98.08万円

98.07万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

50.87万円

価格帯 26.9~84.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す