プロフィール

誕生日
5月 26日  
血液型
A型  
都道府県
広島県  
活動エリア
瀬戸内あたり 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
40件
インプレ投稿件数
4件
MYバイク登録台数
14台
友達
7人
(3)
ハルさん ハルさん   2019年01月09日

BAJA:フェリーきずな(厳原~博多)

日記写真
ツーリング期間
2019年01月02日 ~ 2019年01月02日
車種名
HONDA XR250バハ
Myバイク
BAJA
都道府県
長崎県

対馬ツーリングを終えて、復路はフェリーきずなに乗船した。厳原港を15:25発、途中で壱岐に寄ってから博多港に20:10着の約5時間航路だ。

キーワード
対馬 九州郵船
関連サイト
サブカテゴリ
フェリー  九州
Chapter 1.

定刻通りにフェリーきずなが厳原港に入港してきた。運航するのは九州郵船だけど日本郵船とは資本関係はあるのかな。後で確認するとファンネルマークの赤白の配色が逆だった。

船首ゲートが開いて大型トラック8台くらいが上陸してくる。対馬の物流の基幹航路なのだろう。この後、フォークリフトで運び出されてきた菓子パンの山盛りパレット2組が印象的だった。パン製造会社って薄利多売だろうけども全国津々浦々で頑張っているなあ。

都道府県
長崎県
キーワード
対馬 九州郵船
関連サイト
サブカテゴリ
フェリー  九州
Chapter 2.

BAJAと一緒に一番乗りさせてもらった。係員は私に了承を求めてからリヤキャリアにタイベルトを通して車体を固定した。これも珍しいやり方だった。

定刻通りに厳原港を出港していく。空も海も碧さが眩しい。さらば対馬。また来られるといいな。

都道府県
長崎県
キーワード
対馬 九州郵船
関連サイト
サブカテゴリ
フェリー  九州
Chapter 3.

フェリーきずなは、全長94メートル、総トン数1809トン、速力19ノット、旅客定員678名だ。2012年竣工の7年選手なので真新しい感じが残っている。ロビーの天井は低いけど、フロントや階段は現代風だな。

2等客室はカラフルで明るい感じだ。一番乗りの特権でありがたく角位置に陣取らせていただいた。この後で徒歩客が乗り込んできたが、まだ正月2日なので混雑はピークではない様子だった。

都道府県
長崎県
キーワード
対馬 九州郵船
関連サイト
サブカテゴリ
フェリー  九州
Chapter 4.

うたた寝しているうちに壱岐の郷ノ浦港に寄港した。日程に余裕があれば壱岐でも下船して林道探索したいけれども、次回のお楽しみだ。

壱岐からも多くの乗客が乗り込んできて、2等客室は混雑した。船側から”ござ”を支給されて廊下に横たわっている人々もいた。上り航路では対馬住民より後乗りの壱岐住民が不利になるのは仕方ない。

定刻通りの20:10に博多港に到着した。走り応えのあるツーリングを終えて帰還した安堵感がある。この後はすぐに福岡市内の安宿に投宿した。広島に帰るのは翌日だ。

都道府県
長崎県
キーワード
対馬 九州郵船
関連サイト
サブカテゴリ
フェリー  九州

コメント(全7件)

V-Striderさん
こんばんは~!

いよいよ出航の時ですね。
写真だけ見てると、冬、しかもお正月真っ只中とは思えない空ですね。
それだけ天気が良くて良かったですね。

Uターンには早く、お客さんが少なかったのも良かったですね。
壱岐では多かったようですが、、、。

福岡着が夜だったので、翌日もツーリングを楽しみながら帰られたのでしょうか?
日記になるかもしれないので、どんな帰路だったのか楽しみにしてます。
ハルさん
V-Striderさん、どうもです。
最終日の出航時に快晴になりました。初日の冷たい雨には凹みましたけど、全体としては良しとしますよ。

対馬の方々で車を載せないのであればジェットフォイルが人気のようですね。時間帯や航行時間からして、壱岐の方々の方がフェリー需要がある感じでした。

翌日は北九州の林道を少しだけ走りました。通行止めばかりだったので小ネタですけど日記にするつもりです。よろしければ見てやってください。
さすらいのライダーさん
おはようございます。
船旅は、やはりロマンを感じますね!先月SL230を函館港まで引き取りに行った時も、フェリーの乗降口が開いて来る姿を見て、フェリーでのツーリングを思い出していました。
バイクとフェリー、何かこう、いつもワクワクした気分になりますね?(^-^)/
ハルさん
さすらいのライダーさん、どうもです。
そうなんです、船旅はロマンなんです!その船旅を愛車と共に楽しめるのは最高です。昇降ランプから船内に駆け上がる時、昇降ランプから到着港に駆け下りる時の高揚感がたまりません。

今後の余生では、国内の乗ったことのない航路を乗りつぶしていきたいです。もちろん林道と絡めていきますよ!
ハルさん
さすらいのライダーさんへ追記です。
初の北海道上陸の時には、私も函館港でなっちゃんWorldを見ましたよ。かなり大きくてカッコ良かったですね。また定期就航してくれたら乗れるのですけどね。
ぷっちゃまんさん
バイクの固定はオフロードはみやすいですね!
サスペンションをグーとちぢめればがっちり固定できますし
くくる所もたくさんある(^-^)
しかしオンロードはカウルや邪魔物がたくさんついて難しい(>_<)
フェリーの人はスルっと固定するんですかね?プロですもんね!

電車も最初に乗る人は座れるがあとから乗る人はザンネンですね!
最初に乗って寝てると...あー乗り過ごしたぁ って事もありますが(-_-)
ハルさん
ぷっちゃまんさん、どうもです。
フェリー会社のよってバイクの固定方法は微妙に異なりますね。長距離航路だと、シートに毛布をかけてその上からタイベルトをかけるのが多いですね。

米国産の某HD製バイクのオーナー達は、フェリー乗船時に愛車の固定方法について係員にクレームを言ったりすることが少なくないようですね。ピカピカに可愛がっている愛車なのでしょうから分からないこともないですけど、私たちオフローダーとは感覚が違うようです。私はしばしば「だいたいでいいよ。倒れたっていいから!」と言いますけどね!

ホンダ XR250バハの価格情報

ホンダ XR250バハ

ホンダ XR250バハ

新車 0

価格種別

中古車 7

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

32.96万円

価格帯 22.8~50.65万円

諸費用

10.51万円

価格帯 7.23~10.6万円


乗り出し価格

価格帯 ~万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

43.48万円

価格帯 33.4~57.88万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す