bb1さんのTRIUMPH SPEED TRIPLE バイクいじり日記 「外れない・・・」

0000035access

プロフィール

誕生日
1月 22日  
血液型
A型  
都道府県
長崎県  
活動エリア
九州 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
136件
インプレ投稿件数
13件
MYバイク登録台数
5台
友達
0人
カテゴリ:バイクいじり
(0)
bb1さん bb1さん   2018年12月06日

外れない・・・

日記写真
車種名
TRIUMPH SPEED TRIPLE
Myバイク
スピードトリプル

〇予備フォーク分解
Matrisハイドロキットを組み込む予定で予備のフォークを分解していきます。
しかし簡単に済むと思わていたインナーカートリッジの減衰ユニット取り出し作業ですが右側のユニットがチューブから外れません。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 1.

左側はちょっと固かったものの画像の様に奥に引っ込んでクリップを外しました。
右側も同様にチューブ内側のクリップが抜け止めになっているだけなのですが減衰ユニットのアルミベースに何処かが噛み込んだのか奥に移動しません。
仕方なくソケットを当てがって叩いたり衝撃を与えてみましたが小動もしません(^^;。

何か噛み込んでいるのでしょうか?。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  
Chapter 2.

〇純正圧側減衰ユニット
今回分解したフォークは元は98年初期のフォークでインナーチューブにWPC仕様を施したものでした。
前回GV化したのはWPC加工したフォークと思っていましたが、実際は2001年のスピードトリプルから取り外した際のフォークでした。ダストシールなどはこちらの方が状態が良いもので、WPC加工はインナーチューブをじっくり見ないと判らないので、どうやら取り違えたみたい(^^;。
伸び側シムスタック構成は同じですが、圧側バルブとシムスタック仕様が異なっています。
Matrisのバルブとシムスタックを上手く移植出来ればと思いますが、伸側はベースユニットは固定ですし先端のロッドまでは一体ですからMatrisはバルブユニットのみ使う事になります。
シムスタックについては高速側17.0のシムの枚数を増やしたりMatrisのシムスタック仕様のまま使う事は無さそうです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
サスペンション  

コメント(全0件)