プロフィール

誕生日
6月 30日  
血液型
A型  
都道府県
千葉県  
活動エリア
関東・東海・信州・東北 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
238件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
35人
(10)
杉さん 杉さん   2018年11月09日

色づくホウキギ&シャチの大ジャンプに感激!

日記写真
ツーリング期間
2018年10月18日 ~ 2018年10月18日
走行距離
98km
都道府県
千葉県

秋10月のこと、老いた母を連れてお出かけしてきました。
これまで母と同居していたものの、老々介護で家族もダウン寸前!
そこで旧友の世話になり、母は施設で穏やかに過ごしています。

そんな母が喜ぶ水族館へ行ってきました。
聞いた話によると、認知症には動物セラピーが効果的らしい。
今回はコキアが色づく花の美術館と、シャチのショーで有名な鴨川シーワールドへ義母と巡ります。喜んでくれるかな?

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 1.

コキアというと茨城県の「ひたち海浜公園」が有名です。
だが、距離があるので母が疲れてしまうかも!
そこで調べてみると、近くにある「千葉市花の美術館」でも色づいているようでした。

では、千葉のコキアを見てから房州・鴨川へ向かうことにします。
家から20分、花の美術館に到着です。

ここには前庭・裏庭、そして中庭とフラワーガーデンが設けられています。
秋は花の少ない時期ですが、けっこう人が出ていました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 2.

前庭の一角には、コスモスも植えられています。
今年は広大なコスモス畑へ行きたかったが、機会に恵まれませんでした。
でも、小規模ながら秋の風情が楽しめました。

コスモスという、思い出すのが東京の葛西臨海公園へ行ったときのこと、
低空飛行する鳩に向かって猫が大ジャンプ、見事捕まえ食べ始めました。
猫のジャンプ力と、どう猛さに妻と顔を見合わせてしまいました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 3.

これはきれいに色づいた「コキア」、和名は「ホウキギ」というらしい。
モコモコした可愛らしいコキア、今や紅葉のピークかも、
昔はこの茎を乾燥させて、ほうきを作っていたといいます。これも昔の人の知恵です。

千葉県の東京ドイツ村では、ライトアップされコキアが真っ赤に浮かび上がるといいます。
そこも、一度は見に行きたいものです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 4.

これは私の好きな「ダリア」、
和名は花の形がボタンに似ているので、天竺牡丹(テンジクボタン)といわれているようです。

色合いもきれい、花びらもどこき清楚な感じがします。
昔は庭先でよく見かけたものでしたが、最近はあまり見なくなりました。
ダリアも種類が多いようで、大輪小輪・花びらも様々、バラ同様見ごたえがあります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 5.

裏庭には「バラガーテン」があります。
今は秋バラが咲いていますが、春に比べ数も少なく華やかさは感じられません。
でも、一輪一輪気品高く咲き誇っています。

このバラは「レディ・エマ・ハミルトン」、
えっ?レーサーのハミルトン?
表彰式で中国人美女の顔にシャンパンをぶっかけた奴?
いや、全然違いました。
ところでその彼女は、ライコネンのファンのようでした。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 6.

館内のエントランスにも数々の花が見られます。
これは花札によるとポットマム(洋菊)、これは初めて見る花です。

和菊は一輪咲きで高貴なイメージ、
だがポットマムは庶民的で親しみを感じます。
花言葉は「清らかな愛」、だが黄色い菊は「破れた恋」なんとも嘆かわしい!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 7.

秋の花は満喫したので、これから鴨川へ向かいます。
まずは蘇我ICから館山道を南下します。

平日なので観光客が少なく快適に走り、木更津にやってきました。
ここからは圏央道を一気に走ります。

そして房総の景色を眺めつつ鴨川有料道路を走り抜けると鴨川の街に入りました。
時刻は午後1時、ここで母の好きな海鮮料理をいただきます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 8.

店の看板を探しながら走ると、「鮮魚池田」の看板が目に入りました。
駐車場もあるのでここに決めました。

店内に入るとほぼ満席状態、ここは人気店かも、
メニューの写真はどれも旨そうだ!

では一番人気の「金目の煮付け」と「金目の塩焼き」をオーダー、
それに刺身の盛り合わせ、カキフライ、どれも極上の海の幸でした。
そのほか、天ぷらも豪華、海鮮丼もイクラ丼も絶品らしい!また来よう!!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 9.

では、目的の「鴨川シーワールド」へ向かいます。
車内では久しぶりに母と娘の会話が続きます。身内ながら ほほえましい光景です。

走ること十数分、駐車場に到着です。
パワーシートを下げ、助手席の母を車イスへ移動させます。
以前乗っていたウィッシュはパワーリフトがついてなかったので、二人がかりで母を支えぎっくり腰になってしまった!
この車はウェルキャブ車、重い母も楽々乗り降りできます。ほんと便利になったものです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 10.

目の前に広がるは太平洋、弧を描く鴨川海岸は白波で美しくも見えます。
近くには大小の島が点在する房総の景勝地があります。
宮城県の松島に似ていることから、「鴨川松島」と呼ばれています。

鴨川湾の全景を楽しむには、高台にある「魚見塚展望台」がお勧めです。
そびえ立つ女神様の前で愛を誓い、その証に鍵をかけると幸せが未来へ続くといわれています。
別名「誓いの丘」、恋人たちにお勧めです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 11.

ではチケットを購入して水族館を見てまわります。
今日は平日なので客は少なめです。
ここでの人気は、シャチのダイナミックなショーと可愛らしいイルカの妙技です。

園内はスロープが設けてあるので車イスでも大丈夫!
今日は曇り空ですが寒くなく、海風も気持ちがいい。
母は黙って前をじっと見ています。 娘に押してもらい、どことなく嬉しそう 幸せな光景です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 12.

ここは「トロピカルアイランド」、南国の世界に突入です。
ヤシが茂りいかにも南の島といった設えで、ウキウキした気分にさせられます。

2016年には日本で初めて「コブダイ」と「オイランヨウジ」の繁殖に成功したといいます。
これは快挙、繁殖賞も受賞したらしい。

また季節イベントでは、巨大水槽の前でナイトステイが楽しめます。
南国の魚たちと一晩過ごせるとあって、カップルや家族からの申し込みが殺到するとか、
レンタルのシャチ柄シェラフに包まれ、思い出の夜になるかも、

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 13.

やって来ました一番人気の「オーシャンスタジアム」、シャチのパフォーマンスが見られます。
ここは海の王者「シャチ」が繰り広げるスーパーアトラクションです。

体はでかいが優しい性格、トレーナー(お姉さん)との触れ合いも見どころの一つです。
そして迫力の大ジャンプ、お姉さんを乗せて回遊、と見どころ満載です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 14.

ステージに シャチとお姉さんが登場、まずはご挨拶です。
巨大なシャチは迫力十分、だがどこか愛らしく観客から大きな拍手が送られます。

シャチがお姉さんに寄り添います。
両手で迎えるお姉さん、コミュニケーションを取り合っています。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 15.

そしてシャチとお姉さんは水中へ飛び込みます。
シャチはお姉さんを迎えに行き、背中へ乗せて回遊し始めました。

お姉さん嬉しそう!笑顔満面で手を振ります。
シャチを信頼するお姉さん、見ている客も感動です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 16.

次はシャチ2頭とお姉さん二人の共演です。
回遊するシャチは、お姉さんを口先で支えます。

シャチ同士の息もピッタリ、同時にリフトアップ、
立ち上がるお姉さんの姿勢もキレイ!その瞬間、シャチはお姉さんを上空へジャンプさせます。
見事なパフォーマンスに観客は拍手を惜しみません。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 17.

次はステージの上から、シャチに指令を出します。
巨大な尾ビレで観客席に向かって しぶきを浴びせました。
これはシャチからお客様への歓迎のメッセージらしい、

次はしぶきを飛ばす迫力の大ジャンプ、前列の観客はずぶ濡れです。
見ている人の歓声と悲鳴が同時に湧きあがります。
でも大丈夫、前列の客はビニールシートで防御していました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 18.

ここはロッキーワールド、自然に近い環境が再現されています。
飼育されているのは、アシカ・アザラシ・セイウチ・トドなどが見られます。

そのほか、ウミガメの浜・ペリカンの海など多彩な施設がありました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 19.

ここは、ポーラーアドベンチャー、室内水族館です。
この大きなペンギンは「オオサマペンギン」です。

ほかにジェンツーペンギン・イワトビペンギンなど可愛らしいペンギンも見られます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 20.

ここはサーフスタジアム、イルカのショーが見られます。
トレーナー(お姉さん)がジャンプの合図をします。
すると、イルカが空中に取り付けられた風船目指して得意の大ジャンプ、

普段、何事にも動じない母も、見事なジャンプ力に笑顔で拍手します。
これが動物セラピーの効果かも、

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 21.

ここはロッキースタジアム、アシカショーが開催されます。
ここでお姉さんのトークに合わせ、アシカの妙技が繰り広げられます。
ユーモアたっぷり、愛らしい演技に、観客から笑い声が聞こえます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 22.

次はボールを使っての演技が披露されます。
2頭でキャッチボール、はたまたボールを鼻先に乗せたまま遊泳と見事なパフォーマンスに拍手喝采です。
利口なアシカは顔の表情も豊か、愛嬌たっぷりです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 23.

大好きなお姉さんと一緒で、アシカはどこか嬉しそうです。
そして最後はお姉さんと一緒にお礼のお辞儀もします。

そのほか、マリンシアターではベルーガのパフォーマンスも行われています。
触れ合いのタイムもあり、子供たちは大喜びです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 24.

それでは母が世話になっている施設へ向かいます。
ルートは無料になった房総スカイライン、館山道と走ります。
助手席の母は何も言わずじっと前を見ています。

そして施設に到着すると、職員さんが笑顔で迎えてくれました。
職員さんは母に話しかけます。だが母は無言、かなり認知症が進んでいます。
こんな母でも優しく接してくれる職員さんに感謝です。

今回は母の大好きな海鮮を食べ、そしてイルカのショーに喜んでくれたようで良かった!
私の大切な母、いつまでも元気でいて欲しい。
おわり

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越

コメント(全28件)

Maxさん
こんにちは
親孝行ドライブ、いいものですね。
シャチの大きさは、ビックリしますよね。
お姉さんと、戯れる姿は、圧巻ですよね。
そろそろ千葉の、紅葉を見に行かないとですね!
では、また
チバアヒルさん
お母様とお出かけとは親孝行ですね。(^^)

私の母も介護施設でお世話になってますが認知症が進んでもう外出もできません。

鴨シーは、子供が小さい頃連れてよく出かけましたが、最近は孫を連れて行くようになりました。

鴨川での海鮮なら「池田」か道路反対にある「まるよ」が一番間違いないお店ですね。♪
おっぺけさん
親孝行、見習わないと。。
自分も年を取る=親も年を取りますからね。。
杉さん
Maxさん こんにちは
今回はMaxさんを見習って母と出かけてきました。
ほんとはかんぽの宿大洗に泊まって、日立海浜公園のコキアと大洗のアクアパークへと思ったのですが、認知症が進みムリですので房州日帰りにしました。でも食事とシャチのパフォーマンスに喜んでくれたようで良かったです。
どうぞ千葉にいらしてくださいね、紅葉と海鮮、お待ちしてます。
杉さん
チバアヒルさん こんにちは
これまでは一泊で母と旅行をしていましたが、92歳になり長距離はムリですので近場へ連れて行ってきました。
チバアヒルさんのお母様も施設の世話になっているんですね。私の母も3年前から面倒を見てもらっています。職員さんにはほんと感謝ですね。
鴨川の食事処は知らないので道路脇の看板で決めてしまいました。「まるよ」もあったんですね。いい情報ありがとうございます、次回はそこに決めました♪
杉さん
おっぺけさん こんにちは
義母も動脈瘤を患ったり認知症もかなり進みまして、一緒に旅行できるのもこれが最後かも知れません。
これからは施設の近くで昼食くらいは一緒にして上げたいなと思っています。
おっしゃる通り、自分たち夫婦も70近くなってきまして、いつどうなるか分かりません。でも気持ちだけはいつまでも若くいたいですね。
taizoさん
杉さん、こんにちは!
心暖まる日記を読ませてもらいました。
私の両親は、まだ矍鑠としていますが、ふとした時に、少し弱くなった姿があり、寂しくなります。

シーワールドには、子供の頃の家族旅行の思い出が沢山あります。
両親と子供を連れて行った時、親は、孫と遊ぶ私を見て、懐かしく思ってくれていたんでしょうね。
杉さん
taizoさん こんにちは
義母は私が結婚した当初から優しく接してくれた大切な人です。
でも現在は92歳、認知症も進み何をしても一瞬で忘れてしまいます。でも私の顔を見ると笑ってくれます。
taizoさんもシーワールドへ行かれたんですね。親が子にしたことが年代を越えて繰り返させるんですね。私の息子も私がしたのと同じように子供と遊んでいますよ♪
ゴリフさん
92だと私の祖母と同い年ですが、やはり数年前から認知症が進み、
会話自体はできるもののずっと同じ話ばかりで
記憶も40年前に戻っているので私が誰だかわかってないようです。
血圧の薬が認知症を悪化させるようで、
やめたら進行は収まりましたが時すでに遅しでした。

池田はうちの親父も美味いと言ってました。
けど、混んでそうですね
キム(morph)業務多忙につきボチボチですんまそんさん
杉さん、どうも!
ダリアと洋菊はよく似てますね。
撮り方も怪しげでいい雰囲気です。
鴨川シーワールドは懐かしいです。
本当に芸をしていると、アザラシも襲う海のギャングといったイメージがシャチからは感じられませんね。
私はペンギンが歩く姿がツボなんです。
もう、萌え萌えキュンですね。(爆)
杉さん
ゴリフさん こんばんは
同い年なんですね、義母も耳が遠くなり会話も成立しなくなりました。
私の妻が行くと笑顔を見せるも、実の娘なのに親切な職員だと思っています。
窓の外を見ては「誰もいないねぇ」と、1時間に10回くらい言いますよ。
池田はご存知だったんですね、小さな食堂なのでお昼はすぐ満席になります。チバアヒルさんお勧めの「まるよ」良さそうですね。
杉さん
キムさん こんばんは
ダリアは子供のころよく見かけましてね、懐かしさもありつい写真を撮ってしまいます。でもなかなか魅力的な花ですよね。洋菊は初めて見ましたが可愛らしい花なんですね。
私も鴨川シーワールドは若いころ行ったきりで園内は覚えていませんでした。
ほんとですね、海のギャングも人間に調教され愛嬌たっぷりです。でも私の好きなのはラッコとペンギン、胸キュンキュンです♪
菜園ライダーさん
お義母様とのお出掛け、良い一日だったようですね(^^♪

動物は人の精神衛生面にとても良い効果があるそうで、動物に接しない人に比べて精神安定度が随分変わるそうです。

私の友達関係も年々、親の介護の話題が随分増えて来ました。近年は各地でバリアフリーが浸透していて、ショッピング施設やテーマパーク、SA,PAなどでも設置が進んでいるようで、これから自分もお世話になる・・・っと思うと有難い次第です。


お話し変わって、千葉県方面、暫く行っていませんが、色んな所へ行きましたが魚介類のお料理を出しているお店は千葉県が一番好きですね。店主の仕入れや料理の腕もあるでしょうけど、総じて満足度が高い気がします♪
杉さん
菜園ライダーさん こんにちは
義母とは久しぶりのお出かけでして、好物の海産物を食べそしてイルカの可愛らしい演技に微笑みを浮かべていました。
おっしゃる通り、精神的にいいようですね。動物の愛らしいパフォーマンスに食い入るように眺めていましたもの。
当日も車イスの方も数名いらしていまして、園内は段差を無くし自由に見物が出来て良かったです。以前行ったかんぽの宿ではリフト付きの家族風呂があり母も喜んでいました。
千葉は紀州の漁師さんが切り開いた漁場、鮮度抜群の海産物がありますよ、いつかいらしてくださいね♪
SARAH沙羅(どちらかな?言葉遣いで判断願います)さん
こんばんわっ☆
沙羅ですn^^

さすが杉さん花部名誉顧問デスね^^
日立海浜コキアは主人もあたしも見ることが出来ず、
自宅のコキアで我慢しました・・・
でも、少しまとまっているととてもきれいですC3綺麗ですね。
C5もすごく綺麗に獲れていて好きです。
でもあたしルイス・ハミルトンは大ッ嫌いですwww
ライコネンは好きです^^アメリカGPの優勝嬉しかったなぁ☆
杉さん
SARAH沙羅さん こんばんは
お褒めいただき光栄にございます。若いころは花などは全く興味がなかったのですが、歳をとったら可憐な花に愛おしさと癒しを感じるようになりました。先日ご主人と見たコスモスにも感激でした。
お庭のコキア、写真ありがとうございます。見事に紅葉しましたね。見に行きたいくらいですよ。
私もライコネンは好きです、確か2007年のF1ワールドチャンピオンですよね。スピードに挑戦する男のロマンを感じます♪
はらぐっちょさん
こんばんは♪

お義母さんを連れての日帰り房州たび
イイ思い出になりましたね♪
コキアはひたちなか海浜公園が有名ですが、いろいろな場所で植えられているんですね
ランチも当たりだったみたいだしw
お義母さんも楽しめたでしょう

ではでは…
杉さん
はらぐっちょさん こんばんは
これから寒くなりますので、暖かい内にと思い義母を連れて房州で一日過ごしてきました。
おっしゃる通り、この先短いので思い出作りのドライブでもありました。
日立のコキアは見ごたえがありますよね、母にもと思いましたが距離があるので断念しました。来年はツーリングで行くつもりですよ(^-^)
ジッポーさん
杉さん

なんか、、、非常に考えさせられる内容です。
私は親不孝者で迷惑掛けっぱなし。
現在87と83ですが、幸いなことにいまのところ心身共に元気です。
他の同い年の方と比べると、とても同い年に見えないのです。
なんでこんなに若々しいのだろう???

しかし、いつどうなるか分かりません。
しかししかし、、、今はちょっとゴタゴタしていて
親孝行どころではありません。
孝行って中々出来ないものですね。
したいときには親はなし
とかよくいわれますが、今も昔も自分の事で精一杯。
いやいや、杉さんには頭が下がります。
杉さん
ジッポーさん こんばんは
義母は結婚当初から優しくしてくれましてね、ありがたく思っています。でも認知症を患い哀れさを感じます。
先日はそんな母を連れて出かけてきました。少しは喜んでくれたようですが、一瞬で全て忘れてしまいました。
でも、実の父母には何もしていません。今思えば私のする愚かな行動も何も言わずそっと見守ってくれました。ジッポーさんがおっしゃる通り、孝行したいときにはいませんね。私も親不孝者ですよ。
ター坊さん
杉さん、遅コメ失礼いたします(^◇^;)
お母様とご一緒の小旅行、素敵な思い出をまたひとつ作られましたね^_^
私の母も93歳、多少認知症の傾向はありますが軽費老人ホームで穏やかに過ごしてます。
なかなか外出もさせてやれないので、たまには孝行のひとつもと杉さんの日記を拝見して猛省しています(^◇^;)
たいゾーさん
杉さん、おはようございます。
お義母様のお体を考えた、お花巡りや水族館観賞、そして大好きな物を食べる。
さすが杉さん!、最高の親孝行っす(*^^*)。
自分も杉さんの様な、親孝行をしたいと思います(^^)
さとぺさん
こんにちは!
お母様との素敵な一日でしたね。
お出掛けされた事を、すぐに忘れられてしまうようですが、それでも、色とりどりの花や大好きな海の幸。可愛らしい海の動物たちを見ておられる時には、嬉しそうな顔をされておられるのは、大変良いことですね。
嬉しい、楽しい刺激は認知症には良いものです。
その笑顔で、周りの者も癒されるのですから。。本当に杉さんは親孝行で、お優しい(*^ω^*)。私も親孝行しなければー!
杉さん
ター坊さん こんにちは
先日、施設の医療担当の先生から「これからは家族の皆さんの思い出を作ってください」とおっしゃっていました。
確かに母はなんでも一瞬で忘れてしまいますが、私たち家族には母と過ごした日が思い出としての残りますものね。
先生のお言葉にグッとくるものがありました。ター坊さんのおっしゃる通りでございます。お母様も93歳のご高齢なんですね、 いつまでも健やかに過ごされるといいですね。
杉さん
たいゾーさん こんにちは
最初は茨城へ行くつもりでした。ひたち海浜公園公園ではコキアが色づいているので母にも一度見せてあげたいと思っていました。
でも動脈瘤を患っているので近場の鴨川で母の好きなシャチのショーに変更しました。
現役のころは何もしてあげませんでした。今は退職して時間だけはありますので、私も海鮮料理を食べて、母より自分のようが楽しんでしまったほどですよ♪
杉さん
さとぺさん こんにちは
母は認知症も進み全く会話が成立しなくなってしまいました。無言でいるときが多いのですが、まれに話しかけてくれたりもします。
さとぺさんがおっしゃるように、海の動物たちを見ると久しぶりに笑みを浮かべ拍手をしていました。景色などは見もしませんが、動物には刺激されるようですね。
母はほぼ恍惚の人に近い状態ですが、私たち夫婦には大切な母との思い出としてこの日のことはいつまでも忘れないと思います。母に感謝です。
きたきつねさん
コンばんわ。親孝行、お疲れ様でした。楽しい体験は、きっと義母様の思い出になったと思います。
シーワールドのシャチショー、イルカの倍くらいあるシャチの曲芸は、最前列席の子供が飛沫をかぶったりと、すごい迫力。
コキアは見事な紅葉でしたね。ウチの5株ほどのものはすっかり茶色くなってしまったので、そろそろホウキになって活躍してもらおうと思ってます。
杉さん
きたきつねさん こんばんは
身動き出来ない義母を連れて行くのは大変なことですが、パワーリフト付きの車にしましたので、とても楽になりました。
最近は実の娘でさえ誰だか分からない様子、親切な施設の職員さんとでも思っているようです。そんな母も海鮮料理は「おいしいね」と喜んでくれたようで良かったです。
きたきつねさんの庭にはコキアがあるとは凄いですね、これから金色になるらしいですから、それまではホウキにしないでくださいね♪