0000380access

1600757261870M.jpg

プロフィール

誕生日
5月 26日  
血液型
A型  
都道府県
広島県  
活動エリア
瀬戸内あたり 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
初級 

ステータス

日記投稿件数
298件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
23台
友達
9人
(2)
ハリーさん ハリーさん   2018年10月25日

CRM:新造船『おれんじえひめ』乗船(東予港~大阪南港)

ツーリング期間
2018年09月22日 ~ 2018年09月23日
車種名
HONDA CRM250R
Myバイク
CRM
走行距離
87km

愛媛県の東予港と大阪南港を結ぶフェリー航路に
9月に就航したばかりに新造船『おれんじえひめ』に
CRMと一緒に乗ってみた。

東予港を22時発で大阪南港に翌朝6時着の8時間航路だ。
仕事終わりに出発して、夜に寝ている間に大阪に行ける航路として愛媛県民には需要がある。

新造船『おれんじえひめ』は15000トンで全長200mもある。航路の長さからすると大きめだ。

出航2時間前の20時から乗船できる。新造船に乗ってみようとする同志ライダーたちが先着していた。年齢層がやや高いことはいつもの通りである。

フェリーの乗船ランプを登る時のワクワク感が大好きだ。新造船は乗船ランプもやはり誇らしげに眩しく感じられた。

停車位置でのハンドルロックとローギヤ入れはいつもの通りだったが、タイヤ止めだけでロープ等での車体固縛はなかった。床にもそうした器具は見当たらない。瀬戸内航路なので不要ということだろう。

ロードバイクは毛布を敷いてその上に横たわって置いていた。私も以前は乗っていたので、この置き方が安心できることは理解できる。ちなみにプラス料金でロードバイクを船室に入れることも可能らしい。

真新しい船内ロビーは広々として豪華な雰囲気だった。太平洋フェリーの今風な感じとは違ってオーソドックスにまとめた感じだ。

ロビーだけでなく、廊下や船室も間接照明を多用して上品な作りを目指していた。ただ、8時間航路なので余計なものはなくてシンプルな印象もある。

『おれんじえひめ』の最大の売りは、すべての客室が個室であることだ。2等大部屋で雑魚寝という時代ではないらしい。

個室の壁はやや薄いけども、やや固めのベッドは好みの感じで寝心地は良かった。某オーシャン○○フェリーのように、就寝中に船舶エンジンのピストン鼓動が気になることもない。

個室ではあるけども鍵はかからない。個室カプセルホテルによくある作りだ。

船内レストランではバイキングスタイルで夕食が楽しめるらしいが、減量中の私は持ち込み夕食で済ませた。フェリーのレストランは高額という印象が強いけども、それほど高額ではなかったので次回は食べてみよう。

風呂もモダンな雰囲気で良かった。8時間航路には十分なものだ。某オーシャン○○フェリーのように、浴室のお湯が重油臭くて我慢できないということもない。

写真を撮り忘れたけれども、早朝には神戸の街並みを船から眺めることができる。その後で埋立地をかき分けるような感じで大阪南港に入っていく。

5時30分にはアナウンスが流れて、ライダーたちは車庫デッキに降りて出発準備をする。バイク&フェリーのこの瞬間も大好きだ。

早朝6時すぎに大阪南港に停泊する『おれんじえひめ』だ。
今晩22時には東予港に向けて出航する。次回は大阪南港から乗ってみよう。

フェリーに乗るのが目的だったので、大阪に特に用事は無かった。阪神高速で神戸へ移動して某バイク屋をチェックした後は、山陽自動車道を淡々と広島まで走った。

CRMは久しぶりの高速巡航でも問題なく走り、それほど疲れを感じなかった。オールラウンダーぶりに改めて感心した。

コメント(全0件)

ホンダ CRM250Rの価格情報

ホンダ CRM250R

ホンダ CRM250R

新車 0

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

50.8万円

価格帯 45.8~55.8万円

諸費用

3万円

価格帯 3万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

53.8万円

価格帯 48.8~58.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す