杉さんのツーリング日記 「秘湯&天空の花園ラベンダーパークへ/群馬旅日記」

0000728access

プロフィール

誕生日
6月 30日  
血液型
A型  
都道府県
千葉県  
活動エリア
関東・東海・信州・東北 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
238件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
35人
(13)
杉さん 杉さん   2018年08月07日

秘湯&天空の花園ラベンダーパークへ/群馬旅日記

日記写真
ツーリング期間
2018年07月26日 ~ 2018年07月30日
走行距離
267km
都道府県
群馬県 千葉県

関東地方も7月に入ると酷暑の連続、しかも熱帯夜で寝られません。
そこで千葉から逃避することにしました。

行き先は群馬県のみなかみ町にある千葉市の保養所「高原千葉村」です。
気温は市街地より5℃も低いというから快適に過ごせるに違いない。

早速「千葉村」へ電話をすると、空きがあり最大宿泊日数の4泊予約が取れました。
その近くには秘湯「法師温泉」と、「たんばらラベンダーパーク」があるので立ち寄ることにしました。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  関東甲信越
Chapter 1.

1日目 群馬みなかみへ(2018.07.26)・・・

昨夜妻が準備した荷物を車に積み込みました。
では群馬へ向け出発します。時刻は午前11時半、遅い出発です。

今回は新たに千葉区間が開通した「外環線」を行きます。
真新しい路面は黒々して滑らか、快適に流れとても気持ちがいい!
中央環状線を走らずに済むので、関越道まで半分の時間で到着です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

美女木JCTからは、いよいよ関越道を行きます。
今日は木曜日、平日なので交通量は少なく100km/hでクルージングを続けます。

所沢を過ぎると三好PA、ここで遅い昼食にします。
ここはパーキングエリアなのに、規模が大きくレストランやSSまでもあります。
サービスエリアとパーキングエリアの違いは何んだろう?

現在の気温は32℃、午後には35℃を越えるらしい。
あまり食欲はないが、妻は豚丼を食べようという。
地元産の「彩の国黒豚」を使用しているらしい、柔らかく旨みたっぷり完食してしまった。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

朝の内は曇っていたが、雲が消え青空が見えてきました。
天気予報によると、何やら強烈な台風が接近しているようです。
せっかくの旅行なのに、なんてこった!
こうなったら宿の温泉に浸かり、まったりとホテルステイを楽しむことにしよう!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

そして前橋を過ぎると、上州らしい景色に変わりました。
右手前方には名峰「赤城山」がそびえ立っています。
ふもとの渋川の街も一望、素晴らしい眺めです。

左手前方には「榛名山」が見えます。
その東側には名湯「伊香保温泉」があります。
人気は鉄分の多い茶褐色の「黄金の湯」、鉄まみれになってみたい!

この辺りから登り勾配、時々ギヤダウンしてなんとか100km/hをキープします。
旧友Nさんのハマーだと、「周りの車が自然と後ろに下がる」という。とんでもないパワーだ!
非力なコンパクトカーはアクセル全開、試練に耐えます。
では、エンジンから火が吹きそうなので赤城PAで休憩にします。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

妻は自販機でコーヒールンバ、音楽が楽しい。
ドライブ途中で、煎れたてのようにコーヒーがいただけるとは便利になったもんだ。

裏手にまわると、そこは公園になっています。
何んという花かな?黄色と紫のきれいな花が咲いていました。

その先へ行くと、そこは眺望ゾーンです。
残念ながら今日は曇り、何も見えません。
晴れていれば、谷川岳や三峰山など上州の山々が望め、ドライバーたちの心をリフレッシュしてくれるらしい。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

月夜野ICで高速を降り、三国街道(17号線)を走ります。
月夜野大橋を渡ると「道の駅・矢瀬親水公園」の看板が出ていました。

妻が宿で食べる果物を買いたいというので立ち寄りました。
ところが小さな道の駅で適当な果物は見当たりませんでした。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

裏手は矢瀬親水公園、利根川が流れ水遊びができます。
そこには先生と学生たちが大勢集まっています、オリエンテーリングでもしているのかな?

川を挟んで遊具などがあり、地元の人たちの憩いの場になっているようです。
そこにはゆらゆら吊り橋が架けられていますが、心地いい揺れ方でした。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

ここから宿まで約10kmほど、もうすぐです。
どうしても果物が買いたいというので、途中にある「道の駅・たくみの里」に立ち寄りました。

閉店間際でしたがスタッフの皆さん歓迎してくれます。
農産物直売所では、地元の野菜や果物が所狭しと並んでいました。

ええっ?桃が並んでいる、群馬でも作っているとは知りませんでした。
そこで、桃とメロンが瑞々しくおいしそうなのでお買い上げです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
道の駅  
Chapter 9.

そして赤谷湖を過ぎると、いよいよ高原千葉村に到着です。
ここは千葉市の保養施設ですが、財政難からか来年3月末で閉鎖するとのこと。
群馬観光の拠点に便利な立地なだけに誠に残念でなりません。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

フロントでは男性SFが笑顔で迎えてくれます。
部屋は12畳の和室、古いがきれいに清掃されているので気持ちよく過ごせます。
テレビはブラウン管式、古き良き昭和を感じさせます。

まずはひとっ風呂浴びてきます。
湯は硫黄の匂いがする自家源泉、しかもかけ流しで新鮮な温泉な楽しめます。

夕食は日替わりメニュー、連泊でも飽きることはありません。
煮物・天ぷら・鮎の塩焼き・刺身など安い料金にしては上等です。

天ぷらに天つゆが見当たりません。ここではレモンを絞っていただきます。
これは初体験! 天ぷらに酸味が相性バツグン、新たな発見です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

2日目 秘湯&天空のラベンダーパークへ(2018.07.27)・・・

今日は朝から曇り、スッキリしない天気だが さすが高原は涼しい!
朝食は和食とパン食が選べるので、日替わりに交互でいただくことにしました。
初日は和食、鮭や納豆 サラダなど旅館の朝食といった感じです。

では近くに名湯・法師温泉があるので日帰り入浴します。
そして「たんばらラベンダーパーク」では、見ごろを迎えたというので見に行くことにしました。

まずは三国街道(17号線)を新潟方面へ走ります。
猿ヶ京の温泉街を抜け、ワインディングロードを疾走します。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

その先に「法師温泉」の案内板が立っていました。
左折すると、そこは狭い山道、秘境へのアプローチロードです。

対向車に注意しながら5kmほど走ると、正面に旅館がポツリと見えてきました。
ここが法師温泉の一軒宿「長寿館」です。

脇には川が流れきれいな渓谷になっています。
建物は昔ながらの木造建築、自然に調和した佇まいです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
温泉  
Chapter 13.

早速フロントへ行くと、お肌スベスベの若女将が迎えてくれます。温泉効果恐るべし!
日帰り入浴妻と二人で2000円、だがお値段以上の価値ある温泉です。

温泉は3ヶ所あるが、女将さんは「皆さん法師乃湯(混浴)に入りますよ」という。
脱衣所は男女別だが、湯殿で合流する仕組みになっています。
丸太小屋風で湯治風情が感じられる造りです。
丸太で仕切られ、枕代わりにもなります。

湯船の底から温泉がプクプクと湧いていました。
透明感のある湯で滑らか、とても気持ちのいい温泉です(フォト宿のHPより)

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 14.

次にラベンダーパークへ向かいます。
一旦来た道を戻り、水上の町にやってきました。

ここからは県道265号線で峠越えをします。
細い山道を走ると石神峠、その先は望郷ラインです。
しばらく北へ走ると、登り坂のヘアピンカーブが続きます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 15.

そして直線道路になると、「たんばらラベンダーパーク」の看板が見えてきました。
標識に従い右折すると、駐車場です。だが広い!1500台も収容可能らしい。
でも車は1割程度、平日だからかな?

駐車場の正面は「リゾートセンター」、そこからヒマワリ畑が見えます。
ラベンダー以外にも花があるとは、これは楽しめそうです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 16.

ではリゾートセンターでチケットを買います。
料金は800円から1200円、「あしかがフラワーパーク」と一緒、咲き具合により変動します。
今日は最盛期、いいときに来たもんだ!料金も最高値でした。

ここは標高1300m ラベンダーの香り漂う天空の花園です。
その数5万株、関東ではナンバーワンを誇っています。
花畑は斜面にあり奥行きがかなりあるので、足に自信がない人はリフトを利用できます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
名所、名跡めぐり  
Chapter 17.

まずは一番手前のヒマワリガーデンにやってきました。
園内がラベンダーの薄紫に包まれる中、ヒマワリの黄色が引き立ちます。

夏の陽気なイメージに誘われ皆さん写真を撮っていました。
カメラ女子が増えたようで、皆さんミラーレスカメラを愛用しています。
きれいな写真をSNSにUPするのでしょう。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 18.

早咲きのヒマワリが、丁度見ごろを迎えていました。
そして遅咲きは8月中旬以降咲き誇るといいます。

ヒマワリの迷路はありませんが、中央に展望通路が設けてあります。
360度、ヒマワリに囲まれお姉さんたちは笑顔満開です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 19.

これから各地でヒマワリが見ごろを迎えるようです。
栃木県の「益子町ひまわり畑」では、東京ドーム2個分の広さに200万本が一斉に咲くらしい。
山梨県の「明野ひまわり畑」では、南アルプスをバックに60万本が咲き誇るといいます。
今年はいずれかに行ってみたいものです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 20.

ではラベンダーを見に行きます。
ここはどうやらスキー場のようで、斜面の遥か彼方まで花畑が続いています。

ひまわりガーデンの隣は「彩の丘」です。
紫のラベンダー・赤のサルビア・黄色のマリーゴールドが植えられています。
ここはフォトスポット、3色のグラデーションがお気に入りです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 21.

ここからリフトに乗れますが、普段の運動不足解消に歩きます。
遊歩道の脇はラベンダー、きれいな花が間近に見られ気分爽快です。

最初は元気に歩いていたが意外に急斜面、これはきついぞ!
何度も休み、振り返るとマリーゴールドの見事な花に癒されました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 22.

右手は「ハートの畑」、皆さん至る所で写真を撮っています。
ラベンダーの中に赤いサルビアが目立ちます。

どうやら中央の赤い部分がハートらしいが、上から見ないとよく分かりません。
手前に展望台があるので、早速行ってみました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 23.

そこには若いカップルが写真を撮っていました。
邪魔をしては悪いので、離れたところでしばし待ちます。

彼氏たちが立ち去ったと思ったら、おばちゃんたちが占領!
ようやく展望台に登ると、なんとなくハート型に見えました。若いお嬢さんはトキメキます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 24.

この先は広大な草原が広がっています。
パンフレットによると、その前方にはラベンダー畑の第2ステージがあります。

皆さんに続いてさっそうと歩くも間もなくダウン、足が動きません。
これは失敗、リフトに乗れば良かった!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 25.

そしてたどり着くと、目の前に広大なラベンダー畑が広がっていました。
しかもこのほかに4面もあり見事、圧巻の光景です。

ここ全体がフォトスポットだといいます。
そこには写真屋さんがいます。
これはクセ者、「シャッター押してあげますよー」と、観光客を呼び込みます。
そして自分のカメラで撮って写真を販売していました。
恩を売って商売、草津の饅頭売りと同じ商法だ!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 26.

ここでは長い間 ラベンダーが楽しめるようです。
聞いた話では、早咲き・中咲き・遅咲きとバランス良く配置しているようです。

日本では一番標高の高いところなので、富良野より遅く長く見られるといいます。
早咲きは7月から、遅咲きは9月まで見られるらしい。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 27.

ラベンダーのほかに、ニッコウキスゲやアナベルなども見られます。
だが、花より団子という人にお勧めは併設のレストランです。
高原野菜と上州牛、そして上州麦豚のイタリアンバイキングがいただけます。

そして人気なのは、ラベンダーソフトです。
特に評判なのは、 たんばら限定の「ラベンダークレミア」、期間中に6万個も売れるらしい。
ほんのりラベンダーの味と香りが口の中に広がります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 28.

では、帰るとします。
遊歩道の脇には数多くの花が植えられています。

その中で、薄紫の可憐な花が咲いていました。
花札によると、これは「ヤナギラン」というらしい。
長野県の上ノ平高原では、3万株が一斉に咲き見事らしい。これは一度行ってみたいものです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 29.

そしてリゾートセンターにやっと戻ってきました。
そこには貸し傘が用意してあり、突然の雨でも安心です。

その傘にもこだわりが、なんとオシャレなラベンダー色です。
スタッフの皆さん、仕事への取組み意欲を感じます。もしかして、持ち帰り防止策だったりして!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 30.

それでは帰ることにします。
来た道を戻り、水上の町にたどり着きました。
道路脇に「道の駅・みなかみ水紀行館」が見えてきたので、ここで一休みします。

ここには珍しく「水族館」があります。
水上は利根川の源流の町、清らかな水にちなんで造られたようです。
利根川に棲む魚を中心に、水と魚について学べるとあって、夏休みの宿題に持ってこいです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 31.

敷地内に機関車が展示されていました。
これは「EF16型電気機関車」です。

案内板によると、昭和32年から客車や貨物列車の先頭に立って、清水トンネルを駆け抜けたといいます。
そして昭和56年に廃車、24年間で走行距離は240万km、じつに地球61周分に相当します。
私たちのために頑張ってくれた機関車に感謝です。

この電気機関車には、「回生ブレーキシステム」を搭載しています。
車輪の回転力を活用して発電・充電するとは、当時としては画期的!
プリウスHVは、これを参考にしているのかな?

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 32.

また敷地内に「足湯」も設けてあります。
無料らしいから私も入ってみようか?

行ってみると、横に20人ほど入れる細長い造りで女子高生が5人足を浸けていました。
源泉は谷川温泉、弱アルカリ泉で湯温は40度、長い間入っていられます。
だが、おしゃべりしている彼女たちの脇でオッサンが一人、空気を読んで早々に退散しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 33.

道の駅の脇は「親水公園」、利根川に面しており水遊びが楽しめます。
ここは諏訪峡の入口でもあり、遊歩道が設けられています。

上流へ少し歩くと諏訪峡大橋です。ここで絶叫のバンジージャンプが楽しめるといいます。
高さは42m、利根川に向かってジャンプ!恐怖の一瞬です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 34.

ここが親水公園です。
目の前は利根川、その流れはまさに清流です。

公園内に噴水があり、涼を求め観光客がどこからともなく集まります。
また浅い池があり、子供たちには恰好の遊び場になっているようです。
夏場は「マスのつかみ取り体験」を開催、「キャーキャー」と子供たちの歓声が湧きあがります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 35.

土手には、なんとコスモスが咲いています。
可憐な花の向こうは川の流れ、遠い昔の風景を思い出します。
水上も猛暑、だが秋の風情が感じられました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 36.

それでは宿へ帰ります。
温泉街の外れを左折すると、県道270号線です。
対向車はほとんどなく独り占めです。

ここは山越えの難所、徐々に勾配が増し、ヘアピンカープのお出ましです。
バイクならきっと楽しいに違いありません。

そして宿に到着しました。
早速、温泉にドボーン、至福のひとときです。

明日からは猿ヶ京巡りと「こんにゃくパーク」へ立ち寄ります。
続きは次回に・・・

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全40件)

ター坊さん
杉さん、こんにちは。ご無沙汰しております(^◇^;)
関東も大変な暑さのようですね。
千葉市が運営する保養所があるとは!さすがに大都市圏の自治体ですね〜(^.^)
暑さに無理は禁物です。ゆっくりと避暑を楽しまれてください。
Maxさん
こんにちは
C-27に一票
保養所なくなるのは悲しいですが、現実ですね。
運営していくのに莫大な費用がかかりますから、致し方ないですね。
法師温泉で、奉仕受けるのは、最高のサービスですねー
混浴ですか?ビックリです。そわそわしそうです。
では、また
NINJA BAKAさん
びっくりしましたよ。この厳しい暑さの中単車に乗って出掛けたのかと!車で安心しました。

EF16、公園で余生を過ごしているんだぁ。美しい電気機関車ですもん。現代から見ると古めかしく非力なんでしょうけれど。
すごい技術が詰まった機関車だと思います。
おっぺけさん
温泉に、お花畑に
えっと・・・あとは・(笑)

こんな旅に出てみたい(^^)/
taizoさん
杉さん、こんにちは!
これまた、良い情報をありがとうございます!
実はバンジージャンプにチャレンジしたかったんです!諏訪峡大橋!、温泉で流すのは、冷や汗か、チビった小便か!?
杉さん
ター坊さん、どうもお久し振りでございます。
どうなさっていらっしゃるかなと気になっておりましたが、これで安心しましたよ。
そうなんです、連日猛暑なのでクーラーをまわして家に閉じ籠っています。東電の請求書が怖いです!
保養所はリーズナブルなのでよく利用していましたが、このご時世致し方ないですね。最後は紅葉の時期に行ってみようかなと思っています(^-^)
杉さん
Maxさん こんにちは
c-27に清き一票ありがとうございます。
ラベンダーはチバアヒルさんの日記「初夏のラベンダー便り」を拝見しまして一度見に行きたいと思っていました。
そして今回ようやく実現した次第です。爽やかな紫色に癒されますね。
法師温泉は温泉マニアのMaxにお勧めですよ。若女将は奉仕してくれませんが泉質は最高、混浴ですので楽しんで来てくださいね(^^♪
チバアヒルさん
法師温泉は、国鉄のフルムーンCMと角川映画「彼のオートバイ、彼女の島」で一躍有名になりましたね。(^^)

機会があったら泊まって見たい宿です。♪
杉さん
NINJA BAKAさん こんにちは
今年の夏は近年にない猛暑、灼熱の太陽がギラギラです。
しばらくバイクに乗っていないので走りたいのですが、これは拷問 地獄を見ますね。やっぱり車は楽ちんですね。
そうなんです、この機関車は群馬と長野の峠を頑張って走っていたようです。
機械とは言え、私たちと一緒に峠を越した仲間のような気がして愛着が湧きます。
そんなころにHV車の原理が考案されていたとは感心しました。先人たちの努力に敬服です。
杉さん
おっぺけさん こんにちは
私が若いころの夏は30℃、それが今は35℃、もう人類も絶滅危惧種に指定されるかも(;^_^A
そこで年金暮らしの私たちは料金の安い保養所へ逃避行です。
ところが水上も例年より暑いらしいが、千葉よりは多少涼しく感じられましたよ。
せっかくだから名湯とラベンダー畑をうろついて来ました。おっぺけさんも休養をしてくだいね。
杉さん
taizoさん こんにちは
群馬もいいところですね、でも千葉からは結構距離があります。
taizoさんのところからの方が近いかも知れませんね。
名峰谷川岳と利根川のきれいな流れを見ると来て良かったと実感します。
ええっ!諏訪峡大橋でバンジーージャンプにチャレンジですか チビった小便?
大丈夫ですよ、水上温泉は源泉かけ流しですからね(^_^)v
杉さん
チバアヒルさん こんにちは
長寿館には国鉄のフルムーンCMのポスターが貼ってありましたよ。
上原謙と高峰三枝子の入浴シーンです。年配のご夫婦が食い入るように見ていました。
角川映画の「彼のオートバイ、彼女の島」は残念ながら見ていません。
カワサキのW3が登場するようですね、これはいつか見たい映画です。
長寿館は私も一度泊まりたい宿です。日本の旅館という雰囲気がいいですよね。
キム(morph)業務多忙につきボチボチですんまそんさん
杉さん、どうも!
なんですと!
彼のオートバイ、彼女の島を見てないなんてけしからんですな。
見たら、原田希和子ファンになっちゃいますよ。(笑)
やっぱり、写真を見るとたんばらに行けば良かったかなと思ってしまいますね。
次回のこんにゃくパークも楽しみです。
暑さで親がヘタレになってしまい、まだ行けないんです。(汗)
V-Striderさん
こんばんは~!

暑い夏に長旅で逃避行ですね。
道も新しく、気持ち良い走りで始まりましたね。

Ch12は以前も紹介されてた雰囲気ある温泉ですね。
今回も良い感じです。

最近はカメラ女子多いですよね。
これもインスタとミラーレスのお陰なんでしょうね。
ジッポーさん
杉さん こんばんは

今日(8/7)は前日とうって変わって涼しかったですね。
これくらいの陽気ならバイクで出掛けたくなります。
しかし列島には台風が接近中であります。
関東直撃コースになっていますが、被害がないことを祈るばかりです。

えっ?と思ったら奥様と車で行かれたのですね。正解ですよ。
ラベンダーもきれいですね。画像から匂いが香ってくるようです。

早く涼しくならないかなぁ~
バイクで走りたいなぁ~
と考える毎日です。

9月半ばに猪苗代湖ソロツーを企んでおります。
たぶん今よりは走りやすい気候になっているはず。
でも福島も暑いですからね。侮れません。
今年は酷暑でなかなか走りに行けませんから、
秋から初冬には、夏に走れなかった分巻き返してバンバン走りたいものです。

まだまだ酷暑が続くようです。
ご自愛下さい。
ときどきさん
杉さん

おはようございます。
ひまわりって見ていると
元気が出たり、気分がスッキリしますね。
ゴリフさん
利根川ってこんな遠くから生えてたんですね。
地図を辿っていくと水上からさらに北上して奥利根という湖がありました。
この辺が源流っぽいですね。

写真を強引に撮って売りつけるのはマザー牧場にもいましたね。
撮るだけならいいのですが、その写真をゲート前のボードに貼り出され、
買わないと写真を剥がしてくれない仕組みなので
恥ずかしくて結局みんな買ってしまうという卑怯な手口でした。
杉さん
キムさん こんにちは
そうなんです!「彼のオートバイ、彼女の島」は見てないです。どうもスイマ
セン(;^_^A
当時はCB750Fで走りまわっていて気づきませんでした。これは一生の不覚でした。
でもチバアヒルさんにプレゼントしていただいた写真を見たら、原田希和子ファンになっちゃいした!!
今回のラベンダーの写真はキムさんへのお土産です。まだ間に合いますよー!
杉さん
V-Striderさん こんにちは
今年は全国的に異常気象ですね。これから先、日本の夏はこれが常態化しそうですで恐ろしいです。
そこで群馬へ逃避行、千葉よりは幾分凌ぎやすかったですよ。
そうなんです、法師温泉は昔ながら情緒がお気に入りで妻も行きたいというので今回も立ち寄ってみました。いつか泊まってみたいと思っています。
ほんとカメラ女子が増えましたね。確かに見るだけじゃつまらないですものね。
杉さん
ジッポーさん こんにちは
おっしゃる通り、台風接近に伴い急に涼しくなりましたね。でも台風一過はまた酷暑になりそうですからジッポーさんもお体大切になさってください。
このところ家に閉じこもってばかりでしたので、久しぶりの旅行です。
この時期は車が快適ですよね、というより妻とタンデムはご法度なんです!
猪苗代湖ツーも憧れますねー、南会津の風景もお気に入りです。そして足を延ばせば走りの裏磐梯、たまりませんね。私もいつか岳温泉経由で行ってみたいと思っています。
杉さん
ときどきライダーさん こんにちは
今回は妻のリクエストで群馬へ避暑に行ってきました。
何もせずに宿で本でも読んでのんびりしたいと言うものの、4日間はさすがに飽きるのか法師温泉へ一緒に行くというので群馬の名湯を楽しんできました。
その後、私はラベンダーパークへ行ってみました。そこにはひまわり畑もありとても楽しめました。同感です、心も明るくなり元気をもらいましたよ(^^♪
杉さん
ゴリフさん こんにちは
そうなんですね、昔のこと水上の北部へ行きましたら八木沢ダムがありました。
そこが利根川の源流らしいですよ。目の前は巨大な奥利根湖、群馬や新潟の山から流れてくるのでしょう、かなりの水量らしいですね。
ラベンダーパークでも出口付近に写真が200-300枚貼ってありましたよ。
「恥ずかしくて結局みんな買ってしまう」・・・これはいい商売ですね!
気に入った写真があったらは誰にも売ってくれるんでしょうかね(笑)
だんだんさん
こんばんは。

猛暑の夏旅はクルマが最良の選択ですね♪バイクで無理すると熱中症になるもの。

ラベンダーがそんなに長く鑑賞できるとは驚きです。是非行ってみたいです。

温泉・お花・御馳走・安眠!なんてサイコーな旅でしょう♪ 良い感じです(^^)/
シェフさん
先週の水曜日に下道で苗場の別荘の様子を見てこいと親の指示で行ってきました。法師温泉も40年ぐらい前から帰りに立ち寄り湯していました。
久しぶりに行って見たら水曜日は立ち寄り湯ダメで・・・
昔より手前の駐車場がかなり広くなっていました・・・
帰りの群馬と埼玉の上武国道を使い楽なのですが、あまりの暑さに
走っている最中にヘルメットの中で汗が流れてる貴重な体験を
しました!あと数年で三国トンネルが新しくなるようですよ
杉さん
だんだんさん こんにちは
おっしゃる通り、この猛暑の中バイクでは命の危険を感じます。若いころは平気でしたが、歳には勝てません(泣)
というか妻と一緒ですので、必然的に車になります。涼しくて快適、疲れが全然違いますね。
ラベンダーというと北海道を思い浮かべますが、群馬にもあるんですね。初めて見るラベンダー畑、一面紫色の絨毯 圧巻でしたよ。
今回は避暑旅行、宿の近くでまったりしました。心身ともにリフレッシュできました(^_^)v
杉さん
シェフさん こんにちは
別荘をお持ちなんですね、私には夢の夢です。余暇を別荘で過ごすなんて憧れますねぇ。
法師温泉の立ち寄り入浴は午後1時半までと聞いていましたが、利用の際は曜日も確認しないといけませんね。
以前、三国峠を越え苗場へ行ったことがありますよ。今度は新しい三国トンネル、これは楽しみですね。
苗場は冬以外でも楽しめるようになりましたね。ゴンドラは一度乗ってみたいと思っています(^-^)
まりこいさん
杉さんこんばんはです(^-^)
ラベンダー綺麗ですね♪しかも9月まで見れるとは!
コスモスもう咲いていたのですね。秋ももう少しで???
ホント早く涼しくなってほしいです(=^・^=)
SARAH沙羅(どちらかな?言葉遣いで判断願います)さん
こんにちは。
沙羅代です。

下界は地獄・・・こちらは天上界でしょうか^^
ラベンダーの良い香りが日記から感じ取れます!
「偽」富良野にラベンダーを見に行った時のことを思い出しました!
杉さん
まりこいさん こんばんは
お元気でいらっしゃるようですね、夏でも沙羅代さんたちと走っているようで。
千葉は猛暑、バイクは秋までお休みしています。
先日は妻の要望でみなかみへ避暑旅行をして来ました。やはり高原は幾分涼しく感じられました。
そしてパンフレットで知ったラベンダーパークへ行ってみました。初めてのラベンダー畑、一面紫色で見事でしたよ(^^*)
杉さん
沙羅代さん こんばんは
ほんと下界は地獄ですね、みなかみの日中は暑いですが爽やかな暑さといった感じでした。朝晩はさすが高原、涼しく快適に過ごせましたよ。
以前、沙羅代さんが行った「偽」富良野へ行くつもりでしたが、実現できませんでした。
いつかはと思っていたところ、群馬にもラベンダー畑があると知り、早速行って来ました。
そこはスキー場らしく広大な斜面が紫色に包まれていました。見事なラベンダーが見られ良かったです(^-^)
さとぺさん
杉さん、こんにちは。
今年の酷暑では、バイクで遠出はさすがに辛いですね。
涼しい山の中で奥様とゆっくり、いいですね(^-^)。
ラベンダーパークも広くて綺麗!園内いっぱいにカラフルな景色が広がって、気分も上がります。ハートに植えられたサルビア、可愛らしい、ちゃんと女子の心を掴んでますね( ´艸`)。
法師温泉、砂利の下からプクプクと湧いてくるお湯は、まさに真の源泉掛け流し!感動ですね。
杉さん
さとぺさん こんにちは
おっしゃる通り、千葉も連日35℃の猛暑です。これじゃ地面とお天道様のサンドイッチ、バイクはとてもムリですf^_^;
今回は妻と同伴ですので楽な車を利用しました。妻は何もしないで「のんびりしたい」というものの、3日目には「もう飽きた!」と勝手な奴です。
初めてのラベンダーパークはメルヘンチック、若いお嬢さんたちでいっぱいでしたよ。温泉とラベンダー、けっこう楽しめますのでさとぺさんも是非いらしてくださいね(^^♪
たいゾーさん
杉さん、こんばんは。
ゲレンデ一面にラベンダーが咲き誇って、素晴らしいですね。
向日葵も満開で、とても綺麗です。
お姉さんも沢山いて(笑)
杉さん、いい所行かれましたね。(*^^*)

まだまだ暑い日が続きますので、
体調には十分お気を付けください。
涼しくなったら、「妙義」行きましょうね!(^^)!
上さん
杉さんこんばんは。
ご無沙汰しております(^-^;
7月は岩手も暑かったですね(汗)そしてやっと涼しくなって来たかと思えば台風&天候不順で全然バイクに乗れていません(涙)
今回は奥様と避暑地&温泉旅行ですか!いいですね~。秋のツーリング三昧に向けていっぱいサービスしてくださいね(^_-)-☆

今回は奥様も一緒ですから「美人女将」には気を付けてくださいね(・∀・)ニヤニヤ
杉さん
たいゾーさん こんにちは
今回は妻の夏休み、保養所でまったり過ごしてきました。
私は花の楽園でヒマワリとラベンダー畑を歩きまわり運動不足解消です。でも筋肉痛になってしまいました(泣)
たんばらのラベンダーパークは規模が大きく見ごたえがありましたよ、お姉さんも(笑)たいゾーさんも奥様と是非訪れてみてください。
まだ暑い日が続くようですのでたいゾーさんもお体大切になさってください。秋になったら私も走り出しますよ(^_^)v
杉さん
上さん こんにちは
お久しぶりでございます、お元気でいらっしゃるようで安心しましたよ。
東北は涼しいイメージですが、今年は全国が猛暑これから先どうなるのでしょうかね、暑さは年寄りの天敵です(泣)
そこで高原へ避暑に行ってきました。妻は上げ膳据え膳でなにもしない贅沢を楽しんだようです。
妻は法師温泉の情緒ある湯殿が気に入り二人で行ってきました。前回は怖い女将、今回は美人若女将、温泉最高です。上さんもいらしてくださいね。
きたきつねさん
コンばんわ。杉さんのご旅行と同じ頃、娘と黒部に行ってました。台風襲来の影響で天候が不安定だったことが残念でした。
みなかみは標高がある場所なので、夜は特に気温が下がって過ごしやすいですね。熱帯夜続きの平場とは大違いです。
Chapter 5:黄色いのがフレンチマリーゴールで、青いのがブルーセージです。今年は暑さがひどいので、まともにブルーセージが咲いているのは珍しいかも。
Chapter 27:一面のラベンダー畑は富良野のような光景。この中にたつと、さわやかなラベンダーの香りに包まれそうです。
keikanaさん
杉さん こんばんは。細部にわたり、楽しいいいいいい日記ですね。
二度見しちゃいましたよ!いやー面白いです。温泉シーン、走行シーン、立ち寄りシーン ナイスプレスですねー!
杉さん
きたきつねさん コンにちは
折角の旅行も台風12号の上陸により群馬も雲が多く絶景は見られなく残念でした。
でも普段家事に忙しくいている妻は何もしない贅沢を味わったようで結果良かったです。
C-5 さすがきたきつねさん、またまたジャーマンに続いてブルーセージも教えていただきありがとうございます。ラベンダーにも薄い紫や濃い紫など種類がたくさんあること勉強になりました。
でも、ラベンダーの本家、富良野へは一度見に行きたいものです(^_^)v
杉さん
keikanaさん こんにちは
お褒めいただきありがとうございます。見たことを羅列しただけですよ(^-^)
7月は後半から学生たちが夏休みになりホテルはどこも夏季料金、高いので泊まれません。そこで安く泊まれる市の保養所を利用することにしました。
かなり老朽化した建物ですが、温泉だけはお気に入りです。湯はにごり湯、青みがかった乳色で新鮮な天然温泉が楽しめました。
秋になったらバイクで訪れようかと思っています。車よりバイクの方が楽しいですよね(^^♪