杉さんのHONDA CB400スーパーフォア ツーリング日記 「外房黒潮ライン/秘境の地大山千枚田へ」

0000373access

プロフィール

誕生日
6月 30日  
血液型
A型  
都道府県
千葉県  
活動エリア
関東・東海・信州・東北 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
217件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
32人
(10)
杉さん 杉さん   2018年07月10日

外房黒潮ライン/秘境の地大山千枚田へ

日記写真
ツーリング期間
2008年07月12日 ~ 2008年07月12日
車種名
HONDA CB400スーパーフォア
Myバイク
相棒CB400SF-V2
走行距離
134km
都道府県
千葉県

はじめに、
ある年のこと、その日は隔週休みの土曜日です。
一日フリーなりで、どこかへ出かけて来ようか?

そこでテレビでも紹介された棚田「大山千枚田」へ行ってみることにしました。
そこは秘境の地、まさに日本の原風景といったところ、懐かしい風景が見られます(2008.07.05)

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 1.

今回のコースは養老渓谷経由で外房の勝浦へ、
そして太平洋沿いに「外房黒潮ライン」を走り大山千枚田へと向かいます。

今日は薄雲が広がるも風が涼しく絶好のツーリング日和です。
自宅から南へと走り、大多喜街道(297号線)へ乗り継きました。
そこは市原市、田園風景を見ながらしばらく走ると「養老渓谷」に到着です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

ここまで来れば海まで20kmほど、もうすぐです。
木陰で地図を眺めながらカフェタイムにします。

この辺りは渓谷の散策と珍しい黒湯の温泉が楽しめます。
特に新緑と紅葉のシーズンは首都圏からも多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

養老渓谷からは山間部の静かな風景の中、蛇行した道路が続きます。
交通量も少なくワインディング、バイクの走りが楽しめます。

すると、前方に海が見えてきました。
そこにある漁師町は勝浦です。
主力産業は漁業、その昔 紀伊の漁師さんが住み着き、漁業が発展したといいます。
全国有数の水揚げを誇るカツオは絶品です。
毎年6月には「カツオまつり」が開催され、鮮度抜群のカツオがいただけます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

まずは、商店街を抜け海岸へやってきました。
それではコンビニで買ったおにぎりで海を眺めながら昼食です。

目の前は海水浴場、弓なりの海岸が印象的です。
白い砂浜がどこまでも続き、南国の風情が楽しめます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

勝浦からは太平洋沿いに「外房黒潮ライン」を走ります。
海の風を浴びて走ると、涼しくとても気持ちがいい!

しばらく南西へと走ると、そこは興津(おきつ)の町です。
そこには昔の道路が残されていました。
崖の上を走る険しい旧道、当時は交通の難所でした。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

そこからは眼下に太平洋が見下ろせ絶景が広がっています。
しかし、足下に断崖絶壁の荒々しい姿も見られます。

ここは通称「おせんころがし」、
その昔、この地の領主は一人娘の「お仙」をとても可愛がっていました。
しかし強欲な領主は重税を課し、村人たちは苦しんでいます。
心優しい「おせん」は、親に村人の苦しみを訴えますが聞き入れません。

そして豊作の年、領主は更に年貢を高くしました。
村人はもう我慢の限界、領主を襲う計画を立てます。

いよいよその秋祭りの夜、酒に酔った領主を担ぎ断崖から投げ落としました。
翌朝、村人たちは「ざまあ見ろ」と断崖を降りて行きました。
すると、先のほうから「ああっ!」と叫び声がします。
そこには村人たちが慕っていた「お仙」の痛ましい姿がありました。

村人たちは、父の衣装を着て身代わりになっていたとは気づきませんでした。
不覚を恥じて、変わりはてた「お仙」を取り囲み、村人たちは男泣きに泣き続けました。
なんとも痛ましい話です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

更に「外房黒潮ライン」南下します。
その先は砂浜と大海原が広がり美しい海岸線が見えます。
この辺りは風光明媚、ホテルも建ち並ぶリゾート地です。

そんな渚の絶景ロードを走っていると、小さいながら漁港が点在しています。
聞くところによると、年々水揚げが減っているようです。
そこで、ヒラメ・マダイ・アワビ・イセエビなど、種苗の放流を行っているといいます。
少ない資源、これからは育てる時代になってきたようです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

しばらく走ると、江見の町に入りました。
ここで右折して房総半島の内陸へ入って行きます。

県道272号線、曲がりくねった細い道が続きます。
そこには昔ながらの集落があり、昭和の雰囲気が漂います。

更に奥へと走ると山深くなり民家は無く心細くなりました。
すると、前方に立て看板が・・・

ここは「水田大臣生誕の地」、旧水田家住宅が残されています。
茅葺き屋根の立派な住居で、四国讃岐から移住して400年、代々続く名家です。
昭和になり「水田三喜男」氏は、自民党の大臣を歴任し千葉県の誇りでもあります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 9.

それでは「大山千枚田」へ向かいます。
国道410号線を北上すると、「道の駅・みんなみの里」があります。

店内にはブランド米「長狭米」が売られています。
長狭地区は平野、周りの丘陵からの良質な水が湧き出るらしい。
そこで育った長狭米は、「日本の米づくり百選」にも選ばれ、おいしいと評判です。

そして道の駅を左折して、長狭街道を走ります。
田園風景を眺めながらバイクを走らせると、「大山千枚田」の標識が出ていました。
斜面の細い道を登ると、ようやく棚田が見えてきました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

そのまま走ると、棚田を望む位置に「棚田倶楽部」があります。
ここは地元と都会の人との交流の場です。
ここの棚田はオーナー制を設け、共に稲作を通じてこの棚田を守っています。

館内にレストランもあり、食事に休憩にと便利な施設です。
テラスからの眺望は抜群、棚田を眺めながらのコーヒーは格別です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

この棚田には375枚もの田んぼがあり、千葉県では最大級です。
「日本棚田100選」に選ばれ、各地から観光客がやって来ます。

秋には「棚田夜祭り」が開催されます。
当日はLEDキャンドルが10000本、エコキャンドルが3000本も灯されるらしい。
棚田全体がほのかな明かりに包まれ、写真愛好家が集まるといいます。
また、SNS映えするとあって、スマホ片手に若いお姉さんもやって来るようです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

では暗くなる前に帰ることにします。
棚田から県道88号線(富津館山線)を北上します。

ここは愛宕山動物園を経由する快走路です。
一部狭いところもありますが、高速コーナーが続きます。
そして上総湊からは東京湾沿いに走り帰宅しました。

今回は風光明媚な外房と、日本の原風景・棚田の美しい景色を満喫してきました。
次は房総半島の最南端・南房へ行こうかと企んでいます。
おわり

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全32件)

Maxさん
こんにちは
棚田イーですね!
星峠お薦めです。
能登の棚田は、背景が日本海。
あれ、シンプソンジャケットは、お揃いですね!
では、また
杉さん
Maxさん こんにちは
千葉県にも立派な棚田があるんですよ、星峠には及びませんが。
2年前、十日町の芝峠温泉へ行ったときに星峠の棚田も見てきました。そのスケールには驚きますね。
星峠温泉は雲海が見られるスポットらしいので、いつかリベンジしたいと思っています。
おっぺけさん
大山千枚田、いいところですよねー
千葉にも、こんなに綺麗な棚田があるのが嬉しいです(^^♪

あれ?行きたくなってきた(笑)
チバアヒルさん
大山千枚田は、関東近県では典型的な美人の棚田ですね。

私も棚田が好きでアチコチ見に行きますが、能登の白米千枚田は田んぼ1枚がとても小さくて箱庭的だし、新潟山古志の棚田は1枚がドでかくて驚かされるし、星峠の棚田は棚田エリアが巨大で雄大ですね。(*^^*)

今は北アルプスが水鏡に映るこんな棚田を狙ってますが、なかなか季節が合わなくて見損ねてます。(^^;
杉さん
おっぺけさん こんばんは
千葉県も米どころですので、広々した平野の田んぼをよく見かけます。
でもこんな山奥に棚田を造って稲作をしていたとは驚きですね。
全て手作業かと思うと昔の人には頭が上がりません。
でも見るだけなら日本の原風景素晴らしいですね。おっぺけさんも是非お出かけください(^-^)
杉さん
チバアヒルさん こんばんは
素晴らしい写真、ありがとうございます。
アルプスが棚田に映り込む風景を私も撮ってみたいです。
Maxさんもおっしゃっていましたが、能登の白米千枚田はいつか訪れてみたいものです。
箱庭的とは興味をそそられますが、ほんと季節とタイミングがあってこそですものね。
TEZU 忍(松風 忍 改め)さん
杉さん、こんばんは~
C11の棚田は見事ですね〜d(≧▽≦*)
棚田って、なんだか見入ってしまいます!
春先の水を張ったばかりの田んぼに景色や空が映るのを見るのが好きです!
姨捨山や能登半島の先の白米千枚田など、魅力的ですね!
きたきつねさん
コンばんわ。「大山千枚田」心和むような日本の原風景ですね。以前家族旅行で鴨川シーワールドへ行った際、泊まったペンションの近くにあったと思ったんですが気になりつつも寄らずに終わりました。やっぱり見ておくべきだったかな。
杉さんのおっしゃるとおり新潟は星峠をはじめ、佐渡の小倉千枚田、村上市高根の千枚田など多くの棚田が存在します。地元のかたの邪魔にならないよう見物に行きますが、これを写真に納めようとするとなかなか難しい!気に入った写真がほとんど残らないので残念です。
さとぺさん
こんばんは!
能登の千枚田と同じ名前ですね。同じ千枚田でも能登よりずーっと広くて見応えがあり綺麗!
春先の水を張った頃なんかも、きっとキラキラ綺麗でしょうね。
ちょうど今週、能登を一周してきました、予定外の迂回路の山中で、私も棚田を見つけましたよ( ´艸`)。
黒潮ラインの海景色もどことなく能登と似ています。
また後ほど日記にしますね(*^ω^*)
taizoさん
杉さん、こんばんわ!
棚田、風の無い日は、本当に美しいですよね~
姨捨からの、田毎の月も見事らしいので、今年こそは見に行く予定です!
意外に、近場はいつでも行ける。なんて思っていると、なかなか足が向かずに。。。
今夏中に必ず~!菩薩峠も!!
キム(morph)さん
杉さん、どうも!
次なる悪だくみは棚田夜祭りですね?
期待してます!(爆)
私は平家大祭で綺麗なお姉さんを撮るつもりでしたが、すっかり忘れました。(泣)
杉さん
松風 忍さん こんにちは
私は千葉県の田園風景豊かなところで育ちました。今回見た大山千枚田は山の中、昔の風景に癒されます。
でも農作業は大変、子供のころ手伝わされ嫌でたまりませんでした。そこで好きな自動車会社に勤めた次第です。
姨捨山は昔話に出てくるので、20歳のころ見に行ったことがあります。
小さな駅と善光寺平の広大な棚田に感激したものでした。一度田毎の月を見たいです。
杉さん
きたきつねさん こんにちは
ほんとこの時期の棚田は青々して心癒されますね。
私の田舎はこんな風景の中にあったので一入です。
魚沼スカイラインや松之山付近にも棚田がたくさんあるんですね。新潟ツーリングではその都度バイクを止め旅が捗りませんでした。
佐渡の小倉千枚田、どんなところだろうか、興味があります(^_^)v
杉さん
さとぺさん こんにちは
能登に行かれたんですね、それは日記を楽しみにしていますね。
妻と車で輪島まで一度行ったことはありますが、次はバイクで行ってみたいと思っています。
念願の千里浜なぎさドライブウェイを是非走ってみたい!
能登の千枚田へも行ってみたいですね、もしかすると海が見えたりしたら絵になるでしょうね(^^♪
杉さん
taizoさん こんにちは
棚田も代掻き作業が終わり水を張り田植え前でしたら、そこに月が映り浮世離れした世界が見られるかも知れませんね。
姨捨の田毎の月は、妻と戸倉上山田温泉に一泊して見に行きました。
でもおぼろ月夜で残念な結果に、昼間は善光寺平の絶景が楽しめましたよ。
大菩薩ラインはライダーに人気のコース、是非楽しんでくださいね。ご一緒したいのですが暑さに勝てません、涼しくなったらと思っています(^w^)
杉さん
キムさん こんにちは
悪だくみ?よくご存じですね(笑)
375枚もの棚田がキャンドルに照らされ、たぶん極楽浄土を思わせるような世界が見られるかも知れませんよ。
キムさんもいつかいらしてくださいね。
平家大祭は行ったことないです。キムさんの魂胆はお姉さんだったんですね。私と一緒だ!
ならば、旧友のNさんによると夏には「竹の宵まつり」が行われ、竹灯籠のロウソクの明かりに温泉街が包まれ人気らしいのでお勧めですよ (^v^)
ジッポーさん
杉さん お久しぶりです。

仕事がゴタゴタでネットすら繋げず毎日帰宅即就寝の日々です。
10年前の今頃は今日ほどの暑さではなかったのでしょうかね。
今日辺りメットかぶってリッターバイク、は罰ゲームに近い気がします。
といいつつ、週末うさ晴らしに罰ゲームしてこようと思います。
でも暑さでやめるかも・・・
SARAH沙羅(どちらかな?言葉遣いで判断願います)さん
こんばんは。
沙羅代です。

先日KJC朝練で千葉にお邪魔させていただきました。

県央は本当に緑も多く、高原の景色ですね。
うちからだとすぐに行けるので、また行きます。
杉さん
ジッポーさん どうも
先日おっしゃっておられましたが会社の方はかなり忙しそうですね、連日猛暑体に留意され頑張ってください。
週末は白馬ですね、山に囲まれ涼しいでしょうね。
但し道中の暑さにはムリはしないでください、秋の白馬もいいかも知れませんよ。
21日、スマイル千葉に来られるなら連絡ください、駆けつけますから。
杉さん
沙羅代さん どうも
日記拝見しましたよ、すっかりバーチーは縄張りになりましたね(^-^)
手掘りトンネルもチバニアンもまだ行ったことがないので沙羅代さんの日記でどんな様子が分かりました。
このところ猛暑なので県内で遊んでいます。涼しくなったら信州方面へ行けたらなと思っています。
ゴリフさん
大山はどうも現地までの道がわかり難くて、
一昨年たまたま長狭街道で道を間違えたら棚田にたどりつくことができました。
春先だったせいか人が多くてじっくり見ることができなかったので、
閑散期にあらためて見に行きたいですね。
麺屋家元さん
こんにちは。

棚田って、農機具の移動も手間がかかりそうですね。
バイク仲間に、農機具屋が居ますけど、高齢(移動の苦労)を理由に農家を引退する方が、棚田オーナーには多いそうです。
まりこいさん
杉さんこんばんはです(^-^)
棚田見た事ないです。千葉にもあるのですね!
場所は地図「G」の辺りでしょうか?

私も見に行きたいです♪(=^・^=)
杉さん
ゴリフさん こんにちは
私が最初に行ったのは現役時代でして、知り合いの車に乗せて行ってもらいました。
鴨川から長狭街道を西に走りましてね、棚田の入口に看板があったのを思い出しこれを目印にしました。
細い道なのでこれがないと分からないですよね。
おっしゃる通り、休日は大変な込みようですから、出来れば平日に行きたいですね。
杉さん
麺屋家元さん こんにちは
そうなんですよね。実家は畑作農家でしたが、田んぼも少しありました。
一部は谷津田でミニ棚田のようで手作業がメイン、重労働でした。
おっしゃる通り、高齢化で休耕田が目立つようになりましたね。
今回見てきた棚田もオーナー制で維持しているようです。やはり千葉でも引退した人がメインになっているかも知れませんね。
杉さん
まりこいさん こんばんは
あるんですよ、千葉にも規模は大きくはありませんが見る価値ありですよ。
場所は地図のG地点です。ゴリフさんもおっしゃっていましたが、入口が分かりづらいです。
車の修理工場と大山千枚田の看板が目印ですよ。
時期としては、田植え前の水を張ったとき、稲が少し育ち青々したころ、秋の黄金色になるころですよ。お待ちしております(^w^)
V-Striderさん
こんばんは~!
もう十年前にもなるツーリングなんですね。
デジカメは本当にありがたいツールですよね。

各地のお話は、本当だったり、脚色されてたりといろいろなんでしょうが、それに近い事件、事故はあったんでしょうね。


最後の写真の杉さん、カッコいい!( ^o^)ノ
杉さん
V-Striderさん こんばんは
お名前変更したんですね、なかなかカッコいいですよ。
おっしゃる通り、どこへ行っても昔話を耳にします。本当か嘘か分かりませんが感慨深いものがありますね。また伝説を求めて各地を巡りたいと思っています。
ほんとデジカメはデータとして残せるので便利ですね、フィルム時代はお金と保存が大変でしたもの。
お褒めいただきありがとうございます。バイクもウェアもライディングもカッコ良くいきたいと思っていますがなかなかそうはなりません(*_*)
ときどきライダーさん
杉さん

こんばんは。
皆さんのコメントも拝見していたら、
各地にたくさんキレイな棚田あるんですね。
共通するのは「棚田ってキレイだなぁ」かな(笑)
作業されている方は大変なんだろうなぁ・・・
でもキレイって思う一人は私です(大笑)
杉さん
ときどきライダーさん こんにちは
千葉も市街地を抜けると自然豊かな田園風景が広がります。
実家は農家でしたので、谷間の小さな田んぼも耕していました。
そして今回立ち寄った棚田も山の中、まさに日本の原風景です。
手作業で大変でしたが、今見ればほんとキレイですね、当時が懐かしく思い出されました。
ぐりさん
杉さん こんばんは

今回も素敵な風景満載ですね!
因みに今回のコースを走るのに要した時間はどのくらいでしたか?
自分も棚田に興味があるのでこの日記を参考にさせてもらいながら走りに行ってみたいです。
実はアクアラインも未だに通った事が無いので、千葉県進出が楽しみですっ♪
杉さん
ぐりさん こんにちは
気ままな一人旅ですのでバイクを止めている時間が長く丸一日かかってしまいました。
道中写真を撮りがから海辺を歩いたり、棚田でコーヒー飲んだりとのんびりとツーリングが楽しめました。
ぐりさんのところからでしたら、アクアラインー内房なきさライン経由が最短でしょうね。
そのときはどこかで待ち合わせ出来たらいいですね(^^♪

ホンダ CB400スーパーフォア の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

79台

全国平均:77.87万円

価格帯: 62.9~90万円

全国平均:7.52万円

価格帯: 5.8~10.5万円

全国平均:84.35万円

最安:73.33万円、 最高:95.76万円

中古車

284台

全国平均:45.47万円

価格帯: 16.8~79.81万円

全国平均:8.36万円

価格帯: 1.62~16.2万円

全国平均:52.7万円

最安:26.7万円、 最高:81.22万円