YoshiさんのKAWASAKI ER-6n ツーリング日記 「絶景!?滝探訪、その一 米子大瀑布編」

0000540access

プロフィール

誕生日
11月 30日  
血液型
無指定  
都道府県
 
活動エリア
 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
72件
インプレ投稿件数
23件
MYバイク登録台数
3台
友達
2人
(3)
Yoshiさん Yoshiさん   2018年07月02日

絶景!?滝探訪、その一 米子大瀑布編

日記写真
ツーリング期間
2018年06月25日 ~ 2018年06月25日
車種名
KAWASAKI ER-6n
Myバイク
KAWASAKI ER-6n
走行距離
10km
都道府県
長野県

私の住んでいる街から近場の、滝の名所と言えば、、、
(1)上高井郡高山村の「雷滝」
(2)上田市菅平高原の「唐沢の滝」
(3)須坂市米子の「米子大瀑布」
この3カ所です。タブン

「雷滝」と「唐沢の滝」はこの日記でも紹介した事があり、年に数回は訪れるお気に入りの場所なのですが、「米子大瀑布」は殆ど行く事がありません。
理由は幾つかあって、駐車場からの距離が遠い事、実際に見ると迫力は有るものの、写真にすると今一つな事、有名な観光地の為、他の観光客が多く、写真撮影がゆっくり出来ない事、etc

そんな、しばらく足が遠のいていた「米子大瀑布」に、なんだか急に行って見たくなり、装備を整え、早速ツーへGo!

県道406号線を使い須坂市へ、一路大笹街道を菅平方面に向かいます。
途中のコンビニエンスストア横を左折し、道なりに直進。案内看板も所々にあるので、迷うことは無いかな。

大型車両は通れませんが、比較的よく整備された山道「林道米子不動線」を約11km程走ると、米子大瀑布駐車場まで辿り着けます。

林道途中の景色も中々、遠くに望む山々も絶景ですヨ

キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 1.

林道途中には、小さな川の流れが多数あり、楽しい道草が堪能できます♪

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 2.

この日は平日という事もあり駐車場には、県外ナンバーの車とバイクが1台ずつ、県内ナンバーの車が1台と、予想よりも少なく、内心ラッキーって思いました。汗;

さて、此処からが大変なのです。
中々に険しい山道を、「米子不動尊奥の院」まで約30分、更に米子不動滝まで更に5分の道のりが待っています。orz

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 3.

ご存知の方も多いかもしれませんが、この「米子大瀑布」は 2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」のオープニングに登場し、一躍有名になりました。(詳しくは、Googleってネ)
滝の映像と、実在の城をCG合成した物が放映されたのですが(実際は滝の上に城は無い)、観光に訪れた人が、「お城が無いじゃないか!」と、地元の須坂市観光課に怒鳴り込んだのだとか。
それも1件や2件ではなく、苦情や問い合わせが殺到したそうで、須坂市の観光課は慌てて市HPに注意喚起を掲載したり、滝駐車場にこの様な看板を設置したそうです。ヤレヤレ、ゴクロウサマ

←実際、駐車場にある看板

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 4.

険しい山道を登るのですが、途中、色々な景色が楽しめるので、飽きません♪
岩でか!

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 5.

奥万橋に到着
やっと半分ぐらい?

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 6.

米子川が造る小さな小さな滝の数々も、周りを囲む新緑の木々と相まって、癒しスポットになっていますねぇ

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 7.

こちらはがらりと雰囲気が変わり、岩場を縫うように流れ落ちています。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 8.

遠景ですが、やっと不動滝(米子大瀑布)を望める場所に到着。
しかしこの場所の雰囲気は、以前とは全く違っていました。

土砂崩れと、川の氾濫でしょうか、以前は森のすき間から遠方に見えていた滝の姿が、今は岩々の間から望むような場所に激変。
自然のなせる業とは言え、少々残念な気持ちになります。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 9.

途中から険しさの増した山道を、ヒィヒィ言いながら、やっと米子不動尊奥の院に到着。
疲れたぁー

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 10.

ここ奥の院では、麓にある米子不動尊との間で、6月には「お山登り」と呼ばれる、不動明王像を里堂から奥の院へ運ぶ祭事が、9月に「お山下り」の祭事が、江戸中期から今日まで執り行われているそうです。
長い歴史が有るんだなぁ

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 11.

奥の院裏手を、更に滝まで登ります。
まだぁーーーぁ ヒィー

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 12.

まずは、不動滝へ
NHK大河ドラマのおかげ?で、以前には無かったオシャレな案内看板(下)も設置されるようになりました。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 13.

そしていよいよ、米子不動滝を眼前に!
落差85mはさすがに見ごたえがあります。
首痛ィ

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 14.

水量はそれ程多く有りませんが、岩肌を伝うベールのような飛沫はとても奇麗です。
風の強い時はさらに飛沫が舞い踊って、良いんですよねぇ

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 15.

右奥に岩肌の色が変わった個所がありますね。
此処にも、雨が降り続いた後など水量が多い時、もう一本の滝が出来る事があり、幻の滝と呼ばれているそうです。
以前に一度だけ見た事があります。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 16.

さて、不動滝を堪能したので、先程の分岐点まで戻り、権現滝(ゴンゲン)へ。
権現滝ビュースポットからは、こんな感じで木々に阻まれてしまい、あまり良く見る事が出来ません。
折角の落差80mも、これでは少々つまらないよね。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 17.

2つの滝を堪能した後、先程の奥の院まで一旦戻ります。
奥の院の建物の横には、もう一つ建物があるのですが、そこはどうやら「温泉?」みたい!

汗をかいた後に、一風呂浴びたいよねぇーー

しかし、一般の人が此処を利用できるのかどうか?分かりません。
不動尊信仰で、夏場に行者が滝に打たれる修行をしたりするそうなので、そのための施設なのかも。
人の気配は、、、無い

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 18.

奥の院を後にして、周遊路を先へ進みます。
奥の院から続く急坂を降りた処に、権現橋と名付けられた橋があり、その袂からは、3連に連なる小さな滝の姿を見る事が出来ます。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 19.

一番上の段は、「ヒョングリ」と呼ばれる滝の種類で、この様に跳ね上がるような流れの滝を、そう呼ぶのだそうです。

何気に、この場所が滝の写真としては一番フォトジェニックかも!
あぁ、今風に言えば「インスタ映え」って言うのかしら。オッサンマルダシ

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 20.

権現橋を後に、更に大黒橋と周遊路を進むと、開けた高台に到着。
此処は、「不動滝」、「権現滝」の両方を望む事が出来る、ベスト・ビューポイント!
これをして「米子大瀑布」と呼ばれ、日本の滝100選に選ばれた景色です。

丁度、午後4時ぐらい。西日が強く、どうしてもハレーション気味の写真になってしまい苦労しましたが、この景色は一見の価値が有ると思いますヨ

さて、この続きは次の日記にしますね。

都道府県
長野県
キーワード
米子大瀑布
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越

コメント(全2件)

たいゾーさん
こんばんは。
初めまして、たいゾーと申します。
滝巡りいいですね(*^^*)
自分はGW前の土日ですが、「八滝」「雷滝」「米子大瀑布」を見てきました。
八滝は遠くから、雷滝は裏から、米子大瀑布は下から、
と、もうどの滝も豪快で抜群の見応えでした(*^-^*)

米子大瀑布は結構歩くので大変でしたが、
見た時の感動は、計り知れないものがありました。
ニホンカモシカと遭遇しました。
熊じゃなくて良かったですが、ニホンカモシカも怖いので、
あまり見ない様にそーっと逃げてきました。(^_^;)
アイツ、ずーっとこっち見てましたよ。(笑)

秋にまた訪れたいと思ってます。( ̄▽ ̄)
Yoshiさん
たいゾーさん、こんばんは! コメントありがとうございます。

こちらでの滝巡り、堪能されたようで何よりです♪
雷滝、実際に見てみると、音といい、頭上から流れ落ちる様といい、迫力あったでしょう!

野沢温泉巡りの日記拝見しましたヨ。
また、紅葉のシーズンにでも是非!長野に遊びに来てくださいね。

私も野生動物には良く出くわします。(それにしても、しっかり撮れてますねぇ)
鹿、ニホンカモシカ、猿、猪、キジ、リスやモグラ、蛇に蜂etc
幸いな事に、熊にはまだ出会っていません。お願いこれからも会いませんように!
しかし、今まで一番ビビったのは、藪の中から突然現れた「おっちゃん」!
多分、山菜取してたのね orz
マジで、心臓止まりそうになったから。涙目;

カワサキ ER-6nの価格情報

カワサキ ER-6n

カワサキ ER-6n

新車 13

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 55.5~70.74万円

59.16万円

諸費用

価格帯 10.5~13.81万円

14.29万円

本体価格

諸費用

本体

38.2万円

価格帯 26.35~46.85万円

諸費用

7.22万円

価格帯 2.54~11.45万円


乗り出し価格

価格帯 66~84.55万円

73.46万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

45.42万円

価格帯 37.8~49.39万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す