プロフィール

誕生日
1月 22日  
血液型
A型  
都道府県
長崎県  
活動エリア
九州 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
138件
インプレ投稿件数
13件
MYバイク登録台数
5台
友達
0人
(0)
bb1さん bb1さん   2018年05月16日

2014/07 鹿児島ツーリング

日記写真
ツーリング期間
2014年07月26日 ~ 2014年07月27日
車種名
TRIUMPH SPEED TRIPLE
Myバイク
スピードトリプル
走行距離
50km
都道府県
福岡県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

早朝に出発して日帰りで鹿児島まで行ってきました。
最初は佐多岬に行く予定でしたが北九州から阿蘇を抜けて延岡から下道で南下を始めました。
都城から鹿屋まで時間が思ったより掛かってしまい、夏の直射日光とあまりの暑さに嫌気がさして手前の道の駅から西に向かい桜島から鹿児島市へ渡って開聞岳を見て帰りました。

955iを購入したばかりで久しぶりに遠出したくなり夏の暑さの中で走るだけで観光もグルメも温泉も無しですw。

帰りは鹿児島市内の渋滞が嫌だったので、一部指宿スカイラインから九州道を加治木まで走りました。ETCは使っていませんので高いですw。

またガソリンも心細くなったため航続距離が250km程度と短いので仕方無く高速道路のインター傍か幹線道路を走る事になりました。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 1.

北九州~北方:0517~0924

最初の目標はは延岡から宮崎まで繋がる広域農道を自転車で走っても問題無いかチェックする事。
ブルベの長距離コースでは椎葉・西米良600kmルートを作成中に国道10号を走らない広域農道ルートを見つけておいたのですが、まあ概ね広域農道と呼ばれる道路はオートバイだと楽しいのですが、自転車だとトレーニングコースになりかねないアップダウンが続くはコンビニなどの補給ポイントが全く確保出来ないのが大半です(笑)。

夜明けに出発していつもの様に小石原から日田~小国を通り黒川温泉を抜けて瀬の本まで。
やまなみハイウェイを南下して産山から高千穂まではブルベで使ったアップダウンの多い広域農道を使います。自転車では辛くてもオートバイなら平地と同じ(笑)。
途中、ガソリン補給した以外は延岡手前の北方で五ヶ瀬川を渡る際に休憩した以外は休憩なしで走り続けます。

広域農道は信号も少なく走り易いとの推測は当たり「日豊グリーンロード」「尾鈴サンロード」は一部道が狭かったり路面が悪かったりとその他の広域農道と同程度の問題はあるもののオートバイなら走り易い道でしたが他の広域農道と同じく景色の良さは望めませんでした。

都道府県
宮崎県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 2.

道の駅「おおすみ弥五郎伝説の里」:1300

気温も上がりかなり蒸し暑い中を県道を繋いで都城から国道10号に合流して走ります。
都城を抜けるまでに交通量が多くて時間が掛かり大隅半島に入ったのは午後になってから。
道の駅おおすみに到着して休憩します。
佐多岬まで往復するには暑過ぎるし日帰りプランとしては遅くなり過ぎるが、1泊するならどちらでもという感じです。
ただし翌日の天気が九州北部は雨が降りそうなのであっさり転進する事にして桜島へ向う事にしました。

都道府県
鹿児島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 3.

桜島フェリーターミナル:1507

道の駅から西へ向かうルートが狭い県道ルートしかなく、更に輝北からは山越えを含む林道みたいな入り組んだ道しか無かったのは誤算でした。
もっとも、この経験は後の佐多岬600kmブルべで活かされる事になる訳ですがw。

桜島北部を遠回りしてフェリーターミナルに到着したのは15時過ぎ。一番暑い頃でした(^^;。
ちょっと乾燥していたらしく、シールドには火山灰の細かいほこりが付着していましたw。
丁度、次のフェリーが到着した頃合いでフェリーの先頭へ。乗船時間が短いので車輌はエアコンを掛けたまま降りないらしいので排気ガスを吸う趣味はない自分は客室で一休みに。

都道府県
鹿児島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 4.

池田湖:1730~開聞岳:1800

フェリーから鹿児島市側に降りたって、市内の温泉に入ってさっぱりしようかとも思いましたが、走り出せばまた汗だくになりそうだし動きたくなくなりそうで、取り敢えずそのまま南の指宿方面へ向います。
しかし鹿児島市内で凄い混雑するルートを選択したらしく行く先は車で溢れていました(^^;。
漸く市街地を抜けて指宿枕崎線に入っても道も狭く流れが遅い感じです。帰りは指宿スカイラインを走った方が良さそう。

夕方になってやっと池田湖に到着。かなり身体も疲れてきたので、食べてなかった昼飯代わりにw。
美味しいものを探しに来た訳では無いので、特に何処にも寄る積りは無く、お腹が空いたら適当に補給するだけ。

池田湖から少し走ると開聞岳が見えてきます。
しかし山頂には雲の傘が掛かっていました。
風が吹いて雲は流れる筈ですが、何故か山の周りをグルグルと回り続けています。
暫く待ってみましたが、町内放送で夕刻の童謡も流れてきたので帰る事にします。

都道府県
鹿児島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 5.

吉松あたり:2050

帰りは指宿スカイラインから有料道路を経由して九州道に入る事にしました。
フェリーで見掛けた桜島の花火大会もあって相当混雑すると予想された鹿児島市内を回避するため今日唯一の高速道路を使う事にしました。

加治木インターで降りた後はガソリンスタンドを探していたら間違って都城に向かう国道10号へ(笑)。
加治木街中に引き返してみるとガソリンスタンドの営業は終了していました(^^;。

加治木からえびのまでの高速沿いの一般道を北上してなんとかガソリンスタンドを発見。
危ないところでした。

都道府県
宮崎県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 6.

2100:人吉~熊本:2300
陽が落ちて夜間は気温も下がり身体への負担も少なく走り易くなります。
再調整したライトのお陰で路面状況もはっきりと確認出来る様になりました。
人吉から八代の球磨川沿いは自転車で何度も走りました。
球磨川沿いの道を延々走るだけで時間が掛かって退屈でしたが時間が掛かりますが、オートバイのパワーに任せれば直ぐに走り抜けます。

八代からはコンビニやレストランなどの補給ポイントの豊富ですが、信号の多い国道3号はなかなか進まずで熊本市内まで約40km。
最後のガソリン補給を行って熊本市街を抜けて国道57号線を阿蘇方面へ向います。

大津から真っ暗なミルクロードを大観峰に向けて登って行きます。
通る車も無いし気持よく走れるだろうと思ったら、凄い霧で前がほとんど見えませんでした(^^;。
外輪山の頂上まで登り切ると霧は晴れてきました。路肩にバイクを停めて暗闇と静けさの中で眼が暗闇に慣れるまで暫く待っていると空には満天の星が見えてきました。
もう少し走れば帰り着けます。

都道府県
熊本県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州
Chapter 7.

道の駅「小石原」:0253
ミルクロードから小国に戻り今朝走って来たコースを逆に進みます。
流石に睡眠不足と休憩不足で頭が痛くなってきたので小石原で少し横になって回復。
嘉麻峠からの下りは小雨が降り始めて直ぐに止みました。路面も半分ウエット程度。

結局、4時前に帰り着いて約23時間で約950キロを走った事になりました。
二度とやらないけどw。

都道府県
福岡県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
日帰りツーリング  九州

コメント(全0件)