杉さんのHONDA CB400スーパーフォア ツーリング日記 「志駒川ライン/房州富津岬ツーリング」

0000288access

プロフィール

誕生日
6月 30日  
血液型
A型  
都道府県
千葉県  
活動エリア
関東・東海・信州・東北 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
173件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
30人
(12)
杉さん 杉さん   2017年11月12日

志駒川ライン/房州富津岬ツーリング

日記写真
ツーリング期間
2017年09月18日 ~ 2017年09月18日
車種名
HONDA CB400スーパーフォア
Myバイク
相棒CB400SF-V2
走行距離
100km
都道府県
千葉県

今年も秋の行楽シーズンを迎えました。
ところが、台風の奴が次々やって来て、ツーリングはお預け状態です。

そして今回の台風18号は、今夜にも関東地方を通過する見込みです。
天気予報を見ると、明日は秋晴れになるらしい。

ならば、家でゴロゴロしていては勿体ない。
そこで明日は、房州ツーリングを することにしました。

日帰りなので、近場の内房をまわります。
コースは富津岬と、ワインディングの「志駒川ライン」です。
海もきれいに見えるだろうし、しなやかな走りも楽しめるかも。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
絶景ポイント  関東甲信越
Chapter 1.

ツーリング当日・・・
いつも通り、パンとコーヒーで遅い朝食です。
窓の外を見ると日差しが眩しい。
今日は台風一過、日本晴れで いい天気です。

まずは 車検整備が終わったので、RBへバイクを引き取りに行きます。
家から約20分、てくてく歩き ジョギング気分です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

歩道橋を渡り、東京方面を見ると澄み渡る青空、徒歩も苦になりません。
普段、歩いていないので、丁度いい運動になりました。

今回の整備では リヤのディスクとパッド、それにプラグ・エアエレメント・LLCなどを交換しました。
リヤタイヤも新品に交換し、安心して走れます。
総費用は10万円未満で済みました。でも年金生活者には痛い出費です。

そして、メカニックからアドバイスが・・・
フロントステムのベアリングにガタが
フロントブレーキマスターシリンダーのブーツに亀裂が
リヤのホイールダンパーが交換時期に

ならば、一緒に交換すればいいのに?そのための車検整備ではないのか!
安全な走行に支障があるのに合格とは、運輸省は何を考えているのか?
車の場合は、ステアリングやサスペンションなど シャシを重点的にチェックします。
仕方がない、その内 整備に出そうです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

バイクを引き取り、まずは富津岬を目指し出発します。
スターターボタンをプッシュ、エンジンオイルも交換し エンジン音も静かになった気がする。

14号線は渋滞するので、第2湾岸を走ることにします。
新品タイヤの走りは滑らか、ハンドリングも軽快です。

今日は「敬老の日」、ビジネスマンの姿は無く 静かな幕張のオフィス街です。
駅前はシネマ・アウトレット・メッセなどに向かう若い人たちが多く見受けられました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

メッセ通りを抜けると、そこは「幕張の浜」です。
やや風があり、ヘルメット越しに涼しく感じられます。

ここから第2湾岸で南へと走ります。
バックミラーに、元プリンスホテルが映ります。
50階建て・地上180mのホテルは、幕張のシンボル的存在でした。

現在はアパホテルが買収して、東京ベイ幕張と改名しました。
総客室数は2007室、日本最大級のホテルです。

都道府県
千葉県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

美浜大橋を渡ると、海側にパーキングがあります。
ここからは夕日と富士山が見られる人気のスポットです。

今日は台風一過で晴れ渡っています。
東京方面には、スカイツリーが見え素晴らしい眺めです。

海上は台風の余波で、波立っていました。
これから徐々に収まってくるだろうから、ツーリングを続けます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

渋滞する千葉市内を抜けると、市原市に入ります。
ここからは16号線を、東京湾沿いに走ります、

右手は京葉工業地帯、化学工場などが建ち並んでいます。
この道路は、そのトラック輸送のために造られ、通称「産業道路」と呼ばれています。

袖ヶ浦市に入ると 交通量も減り、快適な観光道路のようになります。
だか、この辺りは東京湾の埋め立て地帯、海は全く見えません。
袖ヶ浦駅の先を右折して、海岸へ行ってみます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

細い道を少し走ると、そこは牛込(うしごめ)海岸です。
千葉県下では、潮干狩り場しとして有名です。

シーズンには、首都圏から観光バスで多くの観光客が押し寄せます。
昨年の人出は県下第3位で、なんと7万人もやって来ました。
因みに1位と2位は、富津と船橋で共に約12万人です。

主に採れる貝は、「アサリ」と「アオヤギ」です。
「アオヤギ」は、半開きで だらしなく赤い舌を出しているので、地元では「バカ貝」と呼び 馬鹿にしています。
九州では「絹貝」と呼んでいるようです。ところによっては「姫貝」とも。
馬鹿と姫とは、えらい違いにビックリです。

その先に観覧車が見えて来ました。
ここは「三井アウトレットパーク・木更津」です。

広大な駐車場は、5200台収容
店舗数は248店、フードコートは1200席で、首都圏最大級のアウトレットモールです。
アクアラインで40分、都心からの多くの客で賑わっています。

都道府県
千葉県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

袖ヶ浦木更津線(87号線)で、アクアラインをくぐると木更津市になります。
そのまま道なりにしばらく走ると、右手に木更津港が見えてきました。

夏には、「木更津港まつり花火大会」が行われます。
見どころは、特大スターマインと尺玉の競演です。
打ち上げ場所は目の前の港湾、真上で炸裂します。腹に響く迫力が半端ないです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 9.

木更津港の手前には、大型貨物船やLNGタンカーが見られ、物々しい感じです。

その奥は、小型漁船の係留場所になっています。
そこに架かる赤い橋は「中の島大橋」、高さは27m、日本一高い歩道橋です。

この橋には「赤い橋の伝説」があります・・・
若い男女が おんぶして渡ると、2人は結ばれるという。
だが橋は236m、しかも両側はジグザグした坂道、相当厳しいらしい。男は大変だ!

「恋人の聖地」にも選定されています。
夕暮れには東京湾と富士山を背景に、橋がロマンチックな雰囲気に包まれます。
「中の島大橋」は、カップルが愛を誓い合うのに ぴったりの場所だといいます。
おじさんたちには、縁のなし話だが。

都道府県
千葉県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

今日は台風が去り、南風で気温が上がってきました。
木更津の市街地は信号が多く、エンジンの熱で汗だくです。

すると、前方に日帰り温泉が見えてきました。
ここは「湯の郷・かずさ」、駐車場はほぼ満車状態です。

では、休憩を兼ねてひとっ風呂浴びます。
ここは沸かし湯だが、露天風呂・洞窟風呂などがありゆったりと楽しめます。
食事処や リラクゼーションなどがあり、一日過ごせそうです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

では、16号線で富津岬方面へバイクを走らせます。
この辺りは、新日鉄や火力発電所などが点在するものの 広々し開放的です。

道路は片側2車線で快適に走れます。
市街地を離れたので、風も涼しく気持ちがいい。
そして君津市に入ると、交通量も少なくついスピードUPしていまう。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

富津市に走り、クルージングを続けていると港が見えてきました。
では、ここでカフェタイムにします。

今日は快晴、海も空も真っ青で素晴らしい景色が見られました。
漁船の白が海に映り、眩しいほどです。

都道府県
千葉県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 13.

時刻は午後1時、腹が減ってきた。
富津公園に食堂があるので、そこへ急ぎます。

右手には、整備された湾が続いています。
護岸には漁船が連なって停泊しており、見事な光景です。
こんなところなのに、意外に多くの漁船があり驚きました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 14.

漁港を過ぎると、「富津公園」になります。
そのまま直進すると、広い駐車場が見えてきました。
なんと、ここは無料で利用できます。

今日は祝日(敬老の日)で三連休の最終日、なのに車が数台です。
今や、夏と秋の狭間、オフシーズンのようです。

公園内には、ジャンボプール・キャンプ場・潮干狩り場など、レジャー施設がたくさんあります。
特に春から夏にかけては、首都圏から多くの観光客も押し寄せます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 15.

駐車場の前には、食堂が並んでいます。
目についたのが、「魚介料理・たかはし」さんです。

行ってみると、暖簾に「あさりめし」と、書かれていました。
どうやら、おすすめメニューらしい。

そこで、私も好きなので「あさりめし」をオーダー
さっぱりしたアサリの旨みがたっぷりでした。

ほかにも、メニュー豊富。
アナゴ・ハマグリ・サザエ・刺身など、新鮮な魚介類が楽しめます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 16.

次に、富津岬へ行ってみます。
走り出すと、間もなく左手に松林が現れました。

ここ富津岬は首都防衛上重要な位置であったため、旧陸軍の要塞地でした。
戦後、砂や潮風の被害から住人を守るために クロマツが植えられたといいます。

松の間をくぐりぬけて来る風が爽やかです。
遊歩道も設けてあり、散策が楽しめます。だが、人影はありませんでした。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 17.

更に進むと、富津岬の最先端に到着です。
そこにはユニークな形の展望台がありました。

これは「富津岬展望台」で、明治百年記念に建てられたものらしい。
高さ21mで、五葉松をかたどったものです。

都道府県
千葉県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 18.

では、展望台に登ってみます。
21mも登るのはかなりキツイ、何度も休みようやく頂上に。

素晴らしい! 360度大パノラマが見られます。
東京湾も一望です。
対岸の三浦半島、そして富士山も見られ関東の「富士見百景」に選ばれています。

東を向くと、眼下に松林が広がっています。
弧を描く砂浜など岬の美しい景観から「関東の天の橋立」と、いわれているようです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 19.

では、房総半島の内陸へ行き、「志駒川ライン」を走ることにします。
まずは、富津岬の南側の海岸線を南下します。

この辺りには富津漁港があり、昔ながらの漁村といった感じです。
そんな風景の中、走っていると、崖の上に「東京湾観音」が見えてきました。
ここは久しぶりなので、立ち寄ってみます。

看板に従い右折すると、くねくねとバイクには楽しい登り坂です。
ところが、日陰には苔が生えているので要注意です。

すると正面に見えてきました、「東京湾観音」です。
青空に映え、美しい立ち姿です。
平和祈念と戦没者の慰霊を目的に建てられたものです。

高さは なんと56mもあります。
胎内の階段で登ることができますが、体力的に厳しいのでパスします。
子供のころ、父親とドライブで来たとき 登ったことがあるし。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 20.

佐貫からは、内房なぎさライン(127号線)を南へと走ります。
上総湊を過ぎると、急に視界が開け東京湾が見えてきました。

その先に「浜辺の湯」の広い駐車場があります。
レストランもあり休憩が出来るので、ここで一休みします。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 21.

前回は駐車場は満車になるほどの人気でした。
だが、今日は車が少なく静かです。

駐車場から三浦半島も見られ、開放感満点です。
雲が少し出てきましたが、青空が見られ素晴らしい景色です。

私と入れ替わりに、タンデムのハーレーダビッドソンが出発します。
ご夫婦かな?二人でこの景色を楽しんだようです。
我が女房はバイク嫌い。
「バイクの後ろに乗るくらいなら離婚します!」と、言われそうだ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 22.

内房なぎさラインを更に南へ走り、保田へ向かいました。
そして保田を左折して、長狭街道(34号線)を走ります。
徐々に山深くなり、コーナーが次々現れてきました。

7-8km走ると、横根峠に到着です。
ここを左折すると、いよいよメーンイベントの「志駒川ライン」の始まりです。
秋には、「志駒川もみじライン」として、紅葉見物の観光客がやって来くるところです。

すると、いきなりヘアピンカーブがお出ましです。
その先は志駒川に沿って、ワインディングが続きます。
路面は良好、新タイヤも食いつき良好、快適にクルージングを楽しみます。

沿道には民家が点在、スピードオーバーには注意です。
コーナリングを繰り返すと終点(関尻)に到着しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 23.

日も西に傾いてきたので、帰ることにします。
鹿野山のふもとを走り、少し行くと、ヒガンバナが咲いていました。
あまりに鮮やかなので、バイクを止め一休みします。

ここは日蓮宗本田寺です。
秋のお参りに、参拝客が楽しまれているようです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 24.

そこから君津経由で、午後7時半、無事帰宅しました。

今回は台風一過で秋晴れの下、房州を巡って来ました。
富津岬と東京湾観音、内房の海と志駒川のワインディングと房州を満喫した一日になりました。

次回の日記は、銚子のドーバーラインツーリング(9/21)です。
銚子ポートタワー・犬吠埼灯台・銚子漁港など、見どころ満載です。
おしまい

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全26件)

ター坊さん
杉さん、こんばんは。本当に10月は散々でしたね。台風一過の青空の下でツーリング(^.^)車検でリフレッシュした愛車も快調快調(^.^)久しぶりに楽しまれたご様子でなによりです(^.^)
おっぺけさん
海と山と、満喫ですね♪

富津岬の先っぽは、突端感が好きです(笑)
SARAH沙羅さん
こんばんわっあたしです^^

千葉県はお隣なので少しは知っているかなと思っていましたが
まだまだ全然・・・・ほんとに見どころが沢山あるんですねッ☆

少しづつ侵攻していくますじょww
ゴリフさん
この富津港の向かいに、会社の後輩の実家がやっている中華屋があります。
古い、いかにも昭和の食堂ですが、
目玉商品の海苔ラーメンがテレビに出てから結構繁盛しています。

東京湾観音は、旧お化けトンネル時代に
坊さんの霊が出るというので冷やかしで遊びに行ってましたが、
トンネルの中で騒ぐとライトが消えたり窓が割れたり、偶々とは思えないことが何度かありました。
その後トンネルを封鎖してわざわざ新しく道を作ったのは
あまりに霊が出すぎるからと言われてますが。。。
Maxさん
こんばんは
あら、東京湾ツーリングは気持ちがいいところですよねー
京葉工業地帯がある為、127号線の内房線と並走する区間は好きですねー
来月2日行きますので、今から楽しみです。
では、また
キム(morph)さん
杉さん、どうも!
大きな観音様はあちらこちらにあるんですね。
こちらでは高崎ですが、会津にも慈母観音というのがありましたが千葉にもあるんですね。
千葉の突端の展望台だと夜景も綺麗そうですね。(笑)
松風 忍さん
杉さん、こんばんは~
そちらは落葉とは、無縁の様で羨ましいですね〜
こちらは、どの道も落葉で葉っぱだらけです(;´Д`)
やっぱり海沿いは良いですね〜景色も道も綺麗ですね!
杉さん
ター坊さん おはようございます
関東も夏から秋にかけて雨や曇りの日が例年より多くバイクに乗る機会が少なかったです。
バイクはもう83000kmmも走りましたが、車検整備日でしばらく安心して走れそうです。
ほんと久しぶりの快晴に誘われひとっ走りしてきました。海もきれいで素晴らしかったです。
杉さん
おっぺけさん おはようございます
房州は内房・外房・北総とそれぞれ趣が違うのでけっこう楽しめますよね。
今回の内房は台風一過できれいな東京湾が見られました。
南風で気温が上がり切したが、海風が涼しく気持ち良かったですよ。おっぺけさんもいらしてください。
杉さん
SARAH沙羅さん おはようございます
旅行やツーリングは県外にばかり目がいき、千葉県内は地元なのに行く機会が意外と少なく知らないところだらけです。
たまに行くと新たな発見があり楽しめました。
今回は快晴、海も一段ときれいに見え、房州の海を見直したところです。
沙羅さんもおいでくださいな、お供させていただきますよ。
杉さん
ゴリフさん おはようございます
富津港の中華屋さんですね。情報ありがとうございます。
海苔ラーメン、おいしそうですね。アサリラーメンとか海のラーメンも好きなので、次回は是非いただいてみたいと思います。
旧お化けトンネル?そんなことがあったんですね、これは初耳でした。
でも興味がそそられますね、今度立ち寄ってみようかな。ゴリフさん良くご存じでいらっしゃる、さすがです。
杉さん
Maxさん おはようございます
天気がいいと、湾岸ツーリングは最高に気持ちがいいですよね。
千葉の田舎町もここは高級リゾート地?、と思うほどでした。
京葉工業地帯は夜走るのが好きですね、工場の明かりがネオン代わりになりますから。
来月2日は、もしかしたらどこかで襲撃するかもしれません。天気次第ですが。
杉さん
松風 忍さん おはようございます
残念ながら千葉の紅葉は大したことないです。色づく前に枯れてしまう感じです。
まあまあ見られるのは、養老渓谷と亀山湖くらいでしょうね。
ツーリングには山岳のワインディングロードと山の絶景が一番です。
でも、対照的に海沿いも女性的な美しさもありこれも楽しめますよね。松風さんもいらしてくださいな、一緒に走りましょうね。
杉さん
キムさん おはようございます
そうなんです、千葉にもあるんですよ。東京湾観音と鋸山の崖観音は大きいですよ。
キムさんも見に来てくださいね、きっと驚くと思います。
高崎観音は若いころ立ち寄ったことがあります。でもよく覚えていないのでいつか立ち寄ってみたいと思っています。
会津の慈母観音は、知りませんでしたね、これも楽しみの一つになりました。情報ありがとうございます。
チバアヒルさん
富津岬公園のたかはしは、私も定番のランチスポット...アサリやアオヤギのほか穴子天丼もおいしい♪

もみじラインもみう少しすると色づいてくるでしょうね。
でも最近はここのバイク事故が多いらしく、取り締まりも厳しくなってと聞きます。
杉さん
チバアヒルさん おはようございます
ひとっ走りするには富津がちょうどいい距離ですので時々行くんですよ。
時間的にもお昼ころになるので富津で昼食になります。
海産物がおいしいですよね。ラーメンもおいしいですが、アサリも好きです。次はサザエでもいっちゃいましょうか。
ときどきライダーさん
こんにちは

最近の週末には見ることが出来ないような晴天の空。
二日前も雨(車だったけど)、今週も雨予報・・・
関西では最近毎週土曜日 ”傘マーク” があります。
テツワンさん
こんにちは
C17.なかなか珍しい展望台ですね。
杉さん
ときどきライダーさん こんにちは
ほんと今年は天気に恵まれませんね。
関東も夏場から台風がやって来て、その後は秋雨前線で雨が多かったです。
そして今回は晴天、嬉しくなり暇な私はひと吹かしして来ました。
空と海の青、素晴らしかったですよ。見慣れた景色も新鮮に感じられました。
杉さん
テツワンさん こんにちは
千葉県は外房の荒々しい海と、内房の穏やかな海とそれぞれ趣の違った海が見られます。
今回の内房・富津岬は波穏やかな海水浴場もあり首都圏からも多くの人がやって来ます。
その先端の展望台はユニークな形ですよね。松が多く植えられている富津岬にふさわしい五葉松をかたどったデザインにしたらしいです。皆さん階段を昇り景色を楽しんでいましたよ。
鉄壁さん
こんばんは
素晴らしいお天気ですね~これはバイクで走ったら最高でしょう!
ところどころ南国風な景色も楽しめて良いところですね~
なかなか変わった形状の展望台ですね。昭和46年に作られたそうです
が、昭和46年でこのデザインは凄いですね。ちなみに僕はこの2年後
に生まれました(*´ω`*)
杉さん
鉄壁さん こんばんは
当日は日本晴れ、素晴らしい天気で海も眩しいほどでした。
海風を浴び気分はルンルン、どこまでも走って行きたくなります。
富津はプールと海水浴場がありましてね、夏は多くの観光客で賑わいます。
展望台が出来た年は二十歳でして、バイクから車中心の生活をしていました。今はまたバイクに戻り各地を見てまわっています。バイクは人生に彩りを与えてくれますよ。
すみません、お名前を打ち間違えましたので訂正させていただきました。
ストライダーさん
こんばんは~!

なかなか整備にお金が掛かる年式になってきたようですね。
次の交換部品もあるようですが、ステムベアリングぐらいで良いかもです。
ベストは、その他も交換でしょうが、僕だったら交換しません。
まぁ、人それぞれでしょうが。

富津の展望台は、最初にコメントした際に、「五葉松をイメージしたものだ。」と教えて頂いたのが、ついこないだのようです。

今回は、気持ち良い青空の下のツーリングでしたね。
杉さん
ストライダーさん こんにちは
そうなんですよ、2002年型なのでもう15年も経ちます。もう私と一緒でポンコツです。
近いうちにステアリングのステムベアリング交換をバイク屋さんへ依頼するつもりです。
チェーンも8万km走ったのでそろそろ限界、これも交換予定です。修理代がかさんで当分ツーリングに出られません(泣
今回は久しぶりに富津岬まで行ってきました。ほんと天気がいいと楽しさ倍増ですね。
でも最近冷えてきたのでそろそろ冬眠しますが来春が楽しみです。
まりこいさん
杉さんこんばんはです(^-^)
すごく晴れ渡ったいい天気で気持ち良さそうです♪
当日は台風が去った後という事ですが風は強くなかったでしょうか?

潮干狩りのメッカなので
「あさりめし」はさぞかし美味しかったのでは?食べてみたい( *´艸`)

富津岬展望台は小学生の時、潮干狩り遠足で行った記憶が
何故か未だ忘れずにあるんですよ!
その時に「タコノマクラ」という物を
拾ったのですが何処にいったのかなぁ(*´▽`*)
杉さん
まりこいさん こんにちは
コメントありがとうございます。
最高の天気でツーリングもルンルンです。午前中はやや風がありましたが、午後は治まり穏やかな海辺が見られましたよ。
あさりはおいしいですよね。バター炒め・酒蒸し・味噌汁・・・酒のつまみにもたまりません。
あさりめしは旨みたっぷり、深川めしといい勝負です。でも汁かけの深川丼もおいしいですよね。
思い出も富津展望台なんですね。いつか一緒にツーリングしましょうね。