ラ・ヴォンビュ・タツヤさんのHUSQVARNA TE250 レース・競技会日記 「WEXイースト 2017 R5 チーズナッツパーク 福島大会 [120C]」

0000077access

ラ・ヴォンビュ・タツヤさん

プロフィール

誕生日
11月 27日  
血液型
B型  
都道府県
神奈川県  
活動エリア
関東地方を中心に 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
73件
インプレ投稿件数
85件
MYバイク登録台数
4台
友達
24人
カテゴリ:レース・競技会
(2)
ラ・ヴォンビュ・タツヤさん ラ・ヴォンビュ・タツヤさん   2017年10月17日

WEXイースト 2017 R5 チーズナッツパーク 福島大会 [120C]

日記写真
車種名
HUSQVARNA TE250
Myバイク
TE250
都道府県
福島県

遅くなりましたが、WEX参戦レポートです。

第5戦の会場は、福島県の猪苗代湖の近くにある「チーズナッツパーク」というコースでした。
チーズナッツパークでのWEXは初開催で、自分も初めて走るコースです。

横浜に住んでいる自分にとっては少し遠いコースですが、レース翌日が敬老の日で仕事が休みということもあり、参加することができました♪

レース前日に会場に行き、下見走行するのがWEX参戦のセオリーだったのですが、今回は法事が重なり間に合わず・・・
初めてのクセに下見もしないという余裕のかましっぷりですw

はてさて、どんなレースになることやら・・・

キーワード
WEXイースト 2017 R5 チーズナッツパーク 福島大会
関連サイト
WEXイースト 2017 R5 チーズナッツパーク 福島大会
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 1.

参戦するクラスは、前回の爺ヶ岳と同じ120分クラスです。

いつも90分クラスで参戦しているKTM FREERIDE250の仲間も、今回は120分クラスに巻き込みましたw

その方が一緒に行動しやすいし、なにより同じクラスに身内が居るのと居ないのとでは楽しさが違うんですよね!

都道府県
福島県
キーワード
チーズナッツパーク
関連サイト
チーズナッツパーク
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 2.

120分クラスは、12:30から受付、13:30からレーススタートなので、宿泊先をゆっくり出発できるところが嬉しいです。

ただしこの日は、南から大型台風が迫ってきており、午後になるほど天候が悪化する予報が・・・

当然、中止になるバイクレースも出ているのに、何故かエンデューロは中止になりません。

それどころか「恵みの雨」などと言って喜ぶ輩もいるのだからどうかしてますw

そうこうしていたら雨がポツポツ・・

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 3.

午前中のクラスを走った知人達は「暑すぎず寒すぎず、土も丁度よくてベスコンだったよ♪」なんて言ってたのですが、120分クラスがスタート位置に並ぶ頃にはガッツリ雨が降ってまいりました。

マイクを持った主催の方も「120分の皆さんは、日頃の行いが良いようですね~(笑)」と言って喜んでました。

そしてレーススタート!

下見をしていない上に本降りの雨。
慌てたら酷いことになるだろうと思ったので、慌てずゆっくりスタートしました。

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 4.

そしたらゆっくりしすぎてしまい、同じタイミングでスタートした集団ではほぼ最後尾です。

お客さんからしたら、アイツやる気あんの?ツーリング行くの?というレベルw

でもいいんです。
こういう日は慌てたら負けなのです。

あ~
どんなコースなのかなぁ・・

多少の不安はありますが、楽しさの方が断然大きいのだから自分もなかなかのエンデューロライダーになってきちゃったようですw

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 5.

120分のコースは約4kmと、WEXシリーズではかなり短かったです。

走った感覚では、コースの8割くらいが森の中。
アップダウン、ガレ、泥、木の根、ツルツル路面という、ウッズのフルコースを体いっぱいに味わうことができます。

道幅が狭く、バイクが2台並ぶのがやっというエリアもちらほらありました。

こういうコースって、トップグループが後ろから迫ってくると嫌なプレッシャーがあるんですよねぇ・・・

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 6.

「じゃぶじゃぶじゃぶー」

森の中を走っていると直接は感じにくいのですが、けっこう強く雨が降っていたようで、早くも水たまりが出てきています。

ウェアや車体の汚れ具合から判断するに、写真は恐らくまだ1周目か2周目だと思われます。

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 7.

ウッズ以外のセクションで印象深かったのが、写真の岩場(?)です。

突然コースが見えなくなったと思いきや、10メートルくらいの下り坂×2連発みたいなw

岩なのか固い土の塊なのかよくわかりませんが、ただ一つわかっていたことは「この下り坂でコケたらアブナイ」ということw

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 8.

考えていても仕方ないので、エイッ!と腹をくくって下りちゃうしかありません。

ステップにしっかり足を乗せて、お尻を引く姿勢で、とにかく車体を真っすぐにして下りればけっこう大丈夫です。

レース終盤で、この坂の下に救急車が来ていたのがリアルで怖かった。。

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 9.

さあ、ウエアーもバイクもだいぶ汚れてきました。
レースも終わりに近づいてきています。

今回のレースは、トランスポンダーというタイム計測器が不調だったそうで、ポンダーのデータ+ゼッケンを目視して順位を集計するというアナログシステムが混ざりました。

なので、レース中盤から、1周するたびに1度ストップしてゼッケンを洗われましたw

良い思い出です。

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 10.

そして気が付けばゴール!
小池田選手が振るチェッカーが嬉しかった!けど、小池田さんから見たらたくさん帰ってくる量産型真っ黒ライダーの中の1人って感じなんだろうなぁ~ww

2回目の120分クラスは、気温の低下と飽きる暇もないコースだったためか、真夏の爺ヶ岳に比べて断然楽に走りきることができました。

あと、このコースの土質が砂混じりで、雨でもグリップする箇所が多かったことも疲れにくさに繋がったんじゃないだろうか。

まぁ、地獄のように滑る箇所も3箇所くらいありましたがw

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 11.

レース後半から「黒いバイク増えたなー」と思っていたら、降りてビックリ自分のバイクも想像以上に真っ黒でした。

当然ながら、自分自身もこれでもかってくらい泥だらけ。。
こういう日は片づけが大変です。
マックオフで洗わないといけませんw

そして気付けばFREERIDEの仲間が居ません。
バイクはあるのに。。

聞けば、”あの岩の下り坂”でブレーキトラブルで転倒リタイヤ。
両手を擦りむいて痛々しかったです。

都道府県
福島県
キーワード
Muc-off マックオフ ナノテク バイククリーナー
関連サイト
Muc-off マックオフ ナノテク バイククリーナー
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 12.

今回のレースで何より重宝したのが、アリエテのロールオフ。

前走車から跳ねる泥、顔面にぶつかる草や木から付く汚れ、そのた気付くと付く汚れによって、1周の間に何度も何度も視界を遮られました。
そのたびに助けてくれるのがこのロールオフです。

ラスト1周でロールに泥が溜まって巻けなくなってしまいましたが、それでもこれが無かったら全然無理でした。

視界の確保だけでなく、目の安全のためにもできるだけゴーグルは外せません。

アリエテのゴーグル&ロールオフ。おススメです。

都道府県
福島県
キーワード
ariete アリエテ ロールオフスタンダードコンプリートキット
関連サイト
ariete アリエテ ロールオフスタンダードコンプリートキット
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記
Chapter 13.

レースが終わってからしばらくしてから、出走証明書と一緒に盾が送られてきました。

「あらら♪ 8位入賞してたのね♪」

あんなにダラダラスタートして、おっかなビックリ走ってただけなので信じられません。

とは言え120分クラス参戦2回目で入賞できたのは嬉しかったです。

また参戦する機会があれば頑張りますぞ~

都道府県
福島県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
エンデューロ  参戦記

コメント(全0件)